上田がガキさん

November 21 [Mon], 2016, 9:04
私の友達に看護師がいるのですが退職するか続けようかで迷っているとたずねてきました。

今月彼女は結婚したのですが土日勤務で土日休みの夫と休日が合わず、なかなか一緒にいられない生活が続いているらしいです。子供も作りたいし、とは言うものの、今の仕事は続けたいと考え込んでいました。



看護師の資格を取得するための国家試験は、年に1回行われています。

看護師不足が問題だとされている日本にとっては祝福すべきことに、ここ数年の看護師の資格合格率は90%前後とえらく高い水準を継続中です。



看護師の国家試験は、大学入学みたいに落とすための試験ではなく、一定のラインをクリアすることができれば合格可能な試験です。今年もまた、大勢の方が看護roo!を利用して、よりよい職場に転職しているそうです。
看護roo!は、厚生労働大臣認可を受けて経営している会社であり、それに、JASDAQ上場企業ですので、サイトの情報も頼りにできます。看護師の求人情報を落ち着いて見つけられます。

看護師が首尾よく転職するには、今後のことを考えて早期に行動を開始しておくことが大切です。そして、何が大切であるかを道筋をつけておいた方がいいでしょう。



将来どんな風になりたいのかを明らかにして、その将来の展望に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。

年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も想定しておきましょう。一般に、看護師に就職するには、知識や技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」といった強い考えが大切だと思います。
専門職なので、会社員などよりも収入はよく、勤め先にも困りません。けれど、普段ならほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。

看護師の仕事は異業種に比べると高給です。それと関係があるのか、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。ですが、とにかく忙しいです。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だといったケースもよくあるみたいです。
収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。
入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子供がいる看護師にしてみればとても難しい問題となっています。

小学生になる前の子供だったら、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。ですから、パートで働く形に変えていくという看護師も相当数いると思われます。一般に、看護師の職務で大変な事の一つに夜勤があるという事が言えます。
医療機関では夜間でも患者さんの病状が急変する事もありがちです。それに備えるために看護師には、夜間勤務があるのです。とはいえ、看護師にとって、夜間業務というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負担が多分にあります。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カイト
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる