看護師といっても様々な職種がある

February 27 [Sat], 2016, 0:14
昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、これは多くの病院でおこなわれるようになっているんです。
個人ごとの能力を評価することを可能にするため、指標を初めから作っていっ立ところもあります。
月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年分、年に一度だけ行う所も多いと言う事です。
自分の能力評価をうけつづけることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、高いモチベーションを保てます。
看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外にそれぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、企業では課長と呼ばれるクラスのものだそうです。
普通に課長職といっても、その年収が企業によって違うように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。
または、公立と民間、地域によっても差があって、稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは大体750万円くらいになると言われているようです。
看護師にとってもちろんやめたくなることも少なからずあることと思います。
シゴト上の間違いや、時には患者さんからの言葉にショックをうけたりすることもあります。
ですが、それだけではなく、やりがいを感じたり、シゴトをつづけていきたいと感じることももちろんあります。
先輩からの励ましや優しい言葉など、色々な方に支えられながらやってこれていることを感じています。
出戻り就職という言い方があり、一度やめたシゴト場で再び働くことですが、こうする看護師はすごく多いようです。
そんな風に、出戻ってこれるのかどうかはやめた状況により変わってきます。
多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、または出産、育児を所以とした辞職であれば、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。
こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。
諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして復職を果たす、という人も増えてきています。
なんといっても、看護師という職業はその他の職業とくらべて待遇がいいのも事実です。
その結果かどうかは不明ですが、着飾った人が多く見うけられます。
なんですが、多忙を極めるシゴトです。
はたらきづめの病院もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりというようなことがあるみたいです。
給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:斗真
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mreop23tcobumb/index1_0.rdf