女の子の乳児にご注意。股関節脱臼の症状は早期発見が大切です。

November 07 [Fri], 2014, 8:22
股関節脱臼は早めに治療することできちんと治ります。太ももの骨が骨盤から外れてしまうのが股関節脱臼です。乳児の3ヶ月から4ヶ月検診で指摘されることがほとんどですが、特に女の子が9割を占めるのも特徴です。症状はいくつかありますので、検診で指摘される前に毎日接しているお母さんが注意していれば発見することも可能です。例えば、片方の太ももだけに深くシワが寄っている、足の長さが左右違う、など少しでも違和感を感じたら、小児科医や整形外科医に相談されると良いでしょう。先天性股関節脱臼という名前もありますが、ほぼ後天的なものです。赤ちゃんはもともと関節がゆるく、外れても痛くないので泣きません。そのため、わかりづらいのですか気をつけていれば早くに治すことができます。放っておくと、関節が変形することもあり、手術になってしまうケースもあります。また、そうならないように日頃からのケアも大切です。赤ちゃんは股を中心にM字形の状態が自然な姿勢です。抱っこをする時に足の間に手を入れるなどして、気をつけましょう。住民税滞納
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けいmraua6gb
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mraua6gb/index1_0.rdf