46b Destiny 

2011年02月18日(金) 1時59分

↑相方の溺愛犬キチ。私も溺愛犬キチ。



大自然に投げ入れたかったこと。

■広い職場に呼ばれて「うっ」と声に出しそうになった感情。
□睡眠中の無呼吸症候群。
■北の川に置いてきた人。
□元カノに「彼の存在がまだ心にある」と言われたこと。

先週は北海道に居たから、
大自然に投げ入れてしまえばよかった。

大自然に投げ入れてしまえば、
ちっぽけで、
見えなくなってしまようなもの。

Blogに北海道の旅バカ日誌書こう。

(そういや前回の北海道Blog、中の中編で終わってんな)

以上、
SPONGE症候群でした _(._.)_



↓キチケーキ。

46a In The Moment 

2010年12月02日(木) 1時59分

↑「俺、バリケード作る!!」



寒い。寒い寒い。

上記の写真が最近の寒さを物語ってる。

このリアルに粗末な状態(って何)は父が作ったものだ。
そして、私が撮影した。

帰宅したら愛犬がこんなんで寝てるもんだから、ええー…「何これ」。なんでこんなん、カシャッ。

(よく見るとクッションの方が愛犬に乗っかってるのも気になる)

どうやら先に帰宅した父がこのようにセッティングしてあげたようだ。そのまま寝腐っている愛犬があまりに寒々しいので、タオルを敷いて愛犬を寝かせ、敢えて愛犬の背にクッションを乗せた。と父は語る。

(悪気があったわけではない。寧ろ良かれと思ってやった)

この写真を見るとまるで愛犬専用のソファーみたいだけど、つい数週間前までは「人間」って生き物しか座れないヤツだった。

つまり愛犬も「人間」になって、…なれなくても「人間」の気持ちになってソファーで寝てる。抜け毛を散らして涎まではいかないものの若干オシッコ漏らして。←歳だからさ。

つい数週間前、のちょっと後まではある程度私達に気を使って使用してたけど、最近はもう、私が帰る頃にはソファーに深々と腰を据えて「ああ、おかえり」。

(「早かったねー」)

彼が成人だった頃は「下りろ!」と私も父もその他大勢も躾を怠らなかったけど、最近はもう、彼が最年長(人間でいうと80歳は越えてる)だから「下りなさい」とも「すみません、下りてください」とも言えなくなってしまった。

(日中は留守を頼んでとても寂しい思いをさせているので、叱れない立場になってしまった)

12年間ずっと良い子でいてくれたから、今は愛犬の体を気遣って、労って、兎に角優しく接してあげたい。

やっぱ犬って良いな。

たまに愛犬が私の腕に前足を掛けて、こう言う。

「何処にも行かないから何処にも行かないで」

あくまで想像だけど。
実際は「撫でろ」だろうけど。

「じゃあ一緒に何処か行こうか」



以上、
SPONGE BOB通信でした (^o^)//"""""""



↓「はみ出すくらいが丁度良い」



45b Sweet Halloween 

2010年10月15日(金) 2時09分

↑「みんなの寝顔 その1 (顔、見えてないけどね)」



最近釣りにハマッてる。

休みだ!! 釣りだ!! 海だ!!

…こういう感じで日々生きてる。

(私はもっぱら浜釣り)

先月は4回行った。
調子こいて夜釣りも行ってる。

(夜釣りの場合、仕事を終えた21:00に出発し、朝方の6:00に帰宅する)

私はまだMy竿を持っていないから、
相方のMy竿を1本お借りする。

相方が生誕記念日に姉から頂いたものだそうだ。
丁寧に扱ってる。
ちょっと短いけど。

(一番高いヤツはまだ使わせてもらえない。初心者だから)

夜の○竈と女○ではアナゴを釣り、鮎○ではメバル、昼の女○ではタナゴ… みたいな。

餌によって釣れる魚が違う。
サンマではアナゴが釣れるし、
ミミズではメバルが釣れる。

自分の餌箱(木箱)を持って『フィッ○ャー○ン』に買いに行くと、3割増しでミミズを頂けちゃうのだ。コルクと混ざってウニョウニョ… たまに必要以上に育ったデカイ奴が居てチビる。いやビビる。

先日はミミズでタナゴが釣れた。
普通エビで釣るんだけど、この前のタナゴ集団は余程腹が減ってたのかミミズで釣れた。

その日は愛犬も参戦して、私は真下のタナゴを、相方は投げ釣りで大物を(何を狙っていたのかは定かでない、結局釣れてないし)、愛犬は地面の死んだヒトデを、それぞれがそれぞれの目的で釣りを楽しんだ。

昼はチビフグの集団が見れたりと数種類の魚を観察できるけど、夜は夜でスリリング。

(色んな意味で… ね)

先日の夜釣りは失敗した。

雨だし寒いし、それを覚悟して冬っぽい服装+ミッキーの着ぐるみみたいなカッパ(父が添乗でTDLに行った際、購入して着用していたもの。通称『父ミッキー』。誰も呼んでないけど)を着て挑んだのに、

なんと極端な干潮で海が無かった!!
海が防波堤から2、3メートル下にある勢い!! さっぱし釣れねぇ何コレ。

(来るんだけど、引くんだけど、海が低すぎてさっぱし釣れねぇ何コレ)

結局3割増しのミミズ集団を海にリリースして、帰った。

(ただの餌付け…)

次は何処でオマエを釣ってやろうか。

アロワナ欲しい。
アカヒレも欲しい。
ジュエルフィッシュも捨てがたい。(飼い方知らんけど)

実は相方の友人からアロワナの引き取りを頼まれてる。

相方が東京に住むとか何とかで、アロワナは連れて行けないそうだ。

(連れてってやれよ!! 家族だろ!!)

アロワナ… 勿論飼いたいんだけど、たいんだけどね… 経済的にね。

アロワナハウスの維持も相当かかるし、餌も… ミルワームとかコオロギとか… 経済的にね。

(ミルワームとコオロギの同居もね)

まだ返事は出してない。
だって来年の春の話だもん。
でもそろそろ決めないと。



以上、
SPONGE BOB通信でした _(_^_)_

↓「みんなの寝顔 その2 「あっ、起きてる」」



富良野 完全制覇の旅 中の中編 

2010年08月20日(金) 15時24分

↑「宙に浮かぶメロン」



例のモロッコ号に乗り、韓国人客に紛れて15分。やぁーとラベンダー園に着いた。

もう暑いのなんのって。
あっ、「暑い」って言っちゃったよ。

7月の下旬はやや見頃のようで、
ラベンダー以外にも色んな花がウンと咲いていた。

さすがにラベンダーソフトは食べなかった。

↓「ラベンダー園。」と「モロッコ号にはしゃぐ母。」





富良野 完全制覇の旅 中編 

2010年08月20日(金) 15時18分

↑「なんとか棒(忘れた)。」

↓「長いので母に持ってもらいました。」



富良野 完全制覇の旅 前編 

2010年08月20日(金) 15時15分

↑「モロッコ号にはしゃぐ母と、そんな母を車窓から眺める人々。」



目的地に着いたのは12:00を回った頃。

モロッコ号(コイツに乗るだけでラベンダー園に連れて行ってもらえる)を待つ為、駅からちょっと歩いて観光スポットへ。

此処には富良野名産の食べ物が沢山ある。

今回はカボチャとチーズ(母はカボチャとトウキビ)のジェラート、3色コロッケ、揚げいも、なんとか棒(忘れた)を食べた。



↓「ジェラートと3色コロッケと揚げいもを撮ってみたが、母がちょっとずつ食べていた。」





滝川 完全制覇の旅 後編 

2010年08月20日(金) 8時04分

↑「滝川の……ミスド。」



↓「滝川の……銀座。」と「小さなパチンコ屋。」





滝川 完全制覇の旅 前編 

2010年08月20日(金) 8時01分

↑滝川の商店街で見つけた釣具と自転車の店。釣具も自転車も売ってる店。



3日目。

早朝6:00に家を出発し、地下鉄に乗り、JRに乗り、9:00〜10:00くらい(乏しい記憶)に滝川で停車。

次の列車を待つこと1時間。

その1時間を使って
「滝川を巡ろうの旅」スタート。

閑散とした駅周辺に、閑散とした商店街。
目につくもの全てが面白い。

早朝とあってか誰とも遭遇しなかった。

↓滝川のカラオケと思しき「歌屋」と花嫁タンスを売る店。





札幌 完全制覇の旅 後編 

2010年08月20日(金) 0時17分

↑大泉洋のLIVE会場にて。今年も凄い盛り上がりようです。

2日目。

自分が起きたい時間に起床し、ドチザメを見に市内の水族館へ。

ペンギンツアー(ペンギンがガイドになって館内を一緒に歩くのだ!)に期待して参加してみたが、ペンギンのガイドさんは1人(1匹)だけだった。

(ある意味そのペンギンは勇敢だと思う)

しかもガイドさん、歩くの早いから全然魚が見れないよ。付いていけないよ。

ってなワケで集団行動を乱した私と母は、1匹1匹じっくりと魚を見物した。

(今回見たサメはドチザメ、ナヌカザメ、ネコザメ、イヌザメ、後なんだっけ)

私は淡水魚も大好きなもので、
ピラルク、アロワナ、レッドテイルキャットの水槽では興奮、放心状態でした。

その3種は何処の水族館でも見れるんだけど、
その水族館によって大きさが全然違うんだよねー。

ちなみにピラルクはアロワナ科の…

(長くなるからやめる)

鶏丼を食べ、その後はお待ちかねのLIVE。

大泉洋のウチワとタオルを買い、いざ出陣。

スタンドだったけど出演者が側まで来てくれて鼻血もんだったわー。

10年寿命が延びた。
YO MAGIC !!

2日目、終了。

↓鶏丼と「私も並びます」。





札幌 完全制覇の旅 前編 

2010年08月19日(木) 23時51分

↑なんか凄い角度で撮った「時計台」。



7月に札幌の母の家を訪ねた。

北海道は涼しいのぉ。
夜なんて肌寒いくらい。

それなのに「暑い」と言うのが私の母だ。

そんくらいの気温で充分じゃないか。
母よ、
私達の国の夏期をナメちゃいけない。



1日目は市内を巡り、『あまとう』の白玉ぜんざいを食べ、何故か市役所の屋上を見物し、母に服を買ってあげ(私が買ってもらったわけではない)、『ほっぺ家』のチキンカツカレーを食べ、豊平川で花火を見た。

途中で雨が降ってきやがったー。
札幌市民カワイソウだな。
ちゃっかり折り畳み傘持ってて悪かったな。

(母との相合い傘は数年ぶりだった)

そんな感じで1日目、終了。

↓『ほっぺ家』の店内と花火らしきもの。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:grico
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像あーたん
» 45a Dedicated to you (2010年04月22日)
アイコン画像さち
» 41b Prisoner (2009年12月21日)
アイコン画像さき
» 31b Come Again (2009年07月20日)
アイコン画像のん
» 10a Culture Shock (2008年07月21日)
アイコン画像さな
» 2a Bubblestand (2008年01月21日)
Yapme!一覧
読者になる