サセックス・スパニエルが百田

June 12 [Sun], 2016, 15:58
新卒、もしくは、既卒の方が介護士の働き口を探してみてもなかなか見つからないという方は、年齢が壁になっているかもしれません。



求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、実際には介護施設側が採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。

具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。

当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、勤めている科が違えば、介護士の仕事や処置もまた違います。

介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。介護士としての今後を思い描くことに繋がりますし、介護士としてのやる気も湧いてきます。

正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、結局、大多数の介護士は介護施設で働いております。ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く介護士は実際とても多いのです。

どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなくやる気があれば、仕事する場は多いので、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際にその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤で働く必要のある仕事です。具体的な勤務時間でいうと、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。
主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務の夜勤は時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。

就職先として考えている介護施設がどのような勤務形態なのか理解しておいてください。どういった介護機関で働いているかで多少違ってきますが、介護士は、他と比べると、女性の仕事としては、相当高めの給料をもらうことできます。
介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。
身体的にきつい夜勤が人より多い場合や急な残業を断らず行なう等々、そんな介護士なら確実に給料は、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。
世間では、介護士は別名「白衣の天使」ということからも往々にして、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。

ただ、実際の介護士の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている介護士も少なくないのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。最近では、介護士不足の傾向にあると考えられています。

介護士の免許を持っていても、介護士として働いていない人も多くいます。

介護士不足が起こる原因は介護士という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。

それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。

かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。
ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。ところで介護士であるからには、介護の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分自身の身体や健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。



他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では確実に、介護士の方が上回るといいます。
介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。



収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。介護士の資格を取得するには一般的に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

それに対して、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習をすることに重きを置いているので働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。



治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代しながら働く形になります。夜勤業務があるので、睡眠時間をうまく調整できない場合は結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。


介護士として働く人は女の人が多いので、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。
加えて、勤務時間がばらばらであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚してしまう人も多いと言われています。


お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。昔から、介護士は高収入だというイメージが強いです。介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが見て取れます。また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。


こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士はメリットの多い職業だと言えます。近年、相次ぐ介護施設の統廃合によって医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの介護士が激務をこなしているのが実情です。男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスが蓄積されたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう介護士も多いというのも頷けます。

人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、面接という流れになるのがふつうです。


面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も調べられているのです。

技能や知識のみならず、人としての良い面を相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。一般的に、注射が好きな人は少ないと思いますが、もし注射されるのならば、出来るだけ痛くないようにしてもらいたいのが人情でしょう。
ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。

たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。


私が介護士になった理由は中学での職業体験でのことでした。
介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て感銘を受けたのが事の始まりでした。将来的にはあんな職業をしたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。
大変なこともあるのですが、それなりに充実していると思います。あまりイメージに無いかもしれませんが、介護機関以外に介護士として働ける職場に保育園もあるのです。

こうした保育園を職場にするとなると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある介護士であれば、ぴったりの職場でしょう。

保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児の体調管理と共に、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切なものです。
24時間対応が求められることの多い、介護士という仕事の勤務時間についてですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。



それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児中であってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。



しかし、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。



基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。

意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。

高い階級から言うと、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長や総介護士長がトップにあたります。
実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周りの人間の信頼を得るように努力することが必須になります。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ収入も増えます。

気になる介護士資格の難易度ですが、どれ程のものなのでしょう。

試験の合格率ですが、90%前後となっています。

試験内容自体が、それまでの学校生活で理解していれば難なく合格できるものですから、そこまで高難度な資格ではありません。夜勤をこなす必要があって、介護士の仕事は勤務の形が少々不規則です。
休日や時間休も取れますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが多く、人手不足の一因となっています。特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。
とは言え、近年においては復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。患者という立場から見ると介護士の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。



ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚えておかなければいけない仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。
このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も今では珍しくありません。



介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、育児との両立を目指す介護士にとってかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供の就学前であれば24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。
なので、やむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方もかなりの割合で存在しています。

交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。
病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、土日を休みにできるでしょう。
変則的な出勤があったり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。
また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、大抵の場合は土日は休みでしょう。

もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。

ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という生やさしいものではありません。

ですから、実地に経験していくしかない、ということです。

人によっては、介護士としてのレベルをもっと上げたい、として新しい職場を探す、という人も少なくありません。様々な技能が必要になる、さらに高度な介護の現場に行って腕を磨きたいという気持ちからくる、大変に積極的な仕事の選び方です。収入に関しては、介護士は高給取りではありますが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。

ですが、本業で勤めている介護施設で副業を禁止、としていることもあります。また、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや交代制による不規則な勤務形態があります。
どうしても、女性が多い職場になると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。



自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのもひとつの選択として、覚えておきましょう。

要資格の専門職である介護士ですが、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。引っ越し、結婚、出産という類のその人の都合で職場を変えることもありますが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。



こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように前向きな志望動機があれば良いでしょう。今、私は介護施設事務の仕事をしています。

通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、毎日お忙しそうにしていますね。


仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。



しかし、案外、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。子供を連れてきている介護士さんが相当いるんですよ。先生達も、歓迎している様子でしたし、終始温かないい雰囲気となりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウト
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mraecsembeheka/index1_0.rdf