東京ドーム 

2005年11月26日(土) 21時42分
行ってきました
東京ドーム

アルバムの曲をやりつつ、ドームの広さを意識した感じでしょうか
いつもながら曲の順番、演出などテーマ性のあるとても素晴らしいライブでした

ステージを駆け回る姿など毎回毎回ハードになってくようです

みなさんの感想 

2005年10月20日(木) 11時34分
-----------------------------
name : るいくん
title : and I love you
res : 「どうしようもなく〜」の部分にノックアウトです。人と繋がっているということはとても大切なことであり、生半可な気持では済まされないということ、そして、それでも相手に伝えたいと思う切ない気持ちを、この歌から受け取りました。
-----------------------------
name : 尼
title : and I love you
res : ミスチルはホントJ-POPだなぁ。

こんなに日本語が似合うメロディーは桜井さんにしか書けません。
-----------------------------
name : ミスチルファン
title : PADDLE
res : 良いことがあってこその笑顔ぢゃなくて笑顔でいりゃ
良いことあると思えたらそれが良いことの序章です。
ここの部分は最高ですね!!ここを聞くと
気持ちがプラス思考になりますね
-----------------------------
name : まさこ
title : CANDY
res : 大人な感じがします。私も大人な年齢で、これを聴くといろんなことを思い出されます。大好きだったあの人とか。ミスチルの歌は、いつも近くに寄り添ってくれます。
-----------------------------
name : まさこ
title : Worlds end
res : とっても勇気がわきます。大好き!
-----------------------------
name : すとらいぷ
title : 靴ひも
res : 聴いてて胸が痛くなりました。
すごくすごく切ない。それが感想です。
-----------------------------
name : 尼
title : 潜水
res : 「生きてるって感じ」て、
どう思ったんだろう?

とにかく衝動を形にしようとか
些細な至福を奏でようとか

「生きてるって感じ」たら、
また曲にして教えて欲しい。
-----------------------------
name : 望
title : 未来
res : ほんと、未来っていう曲いいですよね★
-----------------------------
name : 肉
title : 未来
res : さいこーですね
-----------------------------
name : レオナ
title : 未来
res : とてもいい歌です。

みなさんの感想 

2005年10月20日(木) 11時28分
-----------------------------
name : レオナ
title : PADDLE
res : とてもいい歌だと思います。
-----------------------------
name : dada
title : ヨーイドン
res : この曲ってあの曲に、にていませんか?
あれですよ あれ そうそうあれだ
名もなき詩ですよ
最初のメロディがなんか似ているっすよ
まじで
-----------------------------
name : ???
title : 手紙
res : もう最高に悲しい曲。今でもまだ好きなにもうわたしの元には帰らないという寂しい気持ちがなんとも言えなく伝わってくるところが悲しい。
-----------------------------
name : たかひろ
title : Over
res : 「いつか街で偶然出会っても、今以上に綺麗になってないで」
ホント悲しいくらい男心を綴った歌詞です。
出来れば この先 一生会いたくないんです。でも会ってしまうのが世の中なのでしょう。だから、今よりも綺麗になっていてほしくないんです。
-----------------------------
name : みー
title : マシンガンをぶっ放せ
res : 愛知万博の国際赤十字のパビリオンで、タガタメの歌に合わせて映像が流れるのですが、見終わった後、この曲が聞きたくなりました。「毒蜘蛛も犬も乳飲み子も共存すべきだよと言って」って本当にそう思いました。桜井さんにしか書けない詩ですよね。

現役感 

2005年09月22日(木) 1時01分
「ROCKIN'JAPAN」で
「現役感」について話が出てるんだけど、
そう思うと、ここ最近のミスチルは、「現役感」が薄かったと感じた。

ところが、どっこい、「I ■ U」は、
いたって青臭く、若い。
ボディブローで攻撃してきたけど、
狙いを定めないストレートをぶっ放つようなイメージ。

愛を知りたい 

2005年09月20日(火) 16時08分
またひとつの側面
ある意味「愛」をぼやかして曲にして成功してきたミスチルが
あえて
直接的な「愛」を歌うし、
やっぱり、このアルバムの評価をあえて世間に問わせるために、
ミスチルのあり方を問わせようと正面から挑んでる。

変な捉え方
アルバムジャケットの「トマト」は、皮をむいて食べる事はない、
でも皮をむかなきゃ食べる事が出来ないものもある。
でも、美味しいものは、美味しいし、それが真実だとすれば、
皮の有る無しは関係ないのかもしれない。
「世の中に知らなきゃ良かった」こともあるし、
「知りたいこと」もある。

思い立った瞬間そこは滑走路 

2005年09月20日(火) 15時53分
「離陸せよ!」

もちろん「天頂バス」から連想させて、その先をいった、いくべき曲。
言いたいことは山ほどあれど、言葉にしにくい衝動。
それをまた自分自身で皮肉ってるような。

「実際そうだったんだからそれでいい」
って、アーティストが言っちゃだめでしょ?てくらいの突き放し方。
前の曲から「何の喩えでも象徴でもメッセージでも無くて」
言いたいことはないんだ、
でも、この「衝動」を「曲」にする才能を、与えられた自分だからこそ、
しなきゃいけないことがあるんだ。
後半畳み掛ける「滑走路」「出発点」「離陸せよ!」に、
説得力もないが、勢いがある。
ここでこのアルバムが今までのミスチルじゃないことに気づく。

「呪縛」はきっと自身にかけられたもの、
それを解くために、叫び続けるし、その曲を書き続けなきゃならないことに挑んでる。

何百回もノックして 

2005年09月20日(火) 15時48分
「開けてくれ」って叫んでて、
「管理人」に言うときは
「開けて下さい」
ってなる箇所、
最初は「何十回」で最後のほうは「何百回」って箇所。

短いながらも、工夫されてるし、詩の意味も深い。

時間の美しさと残酷さ 

2005年09月20日(火) 15時42分
「美しさと残酷さ」

さらっと言いのけてるけど、アルバムの核心でもあるフレーズ
もちろん今までのミスチルにも言える
「明」と「暗」の表現と対比。
アルバムのなかでいうと、その中間をつなぐような位置にもある。

退きどきだと言うなかれ素人! 

2005年09月20日(火) 15時37分
アルバムのなかでいうと、押し潰した、
もしくは、潰されそうな思いを、解き放つようなイメージ。

単体で聞いたときとは違う印象を持ったけど、
ストレートなようで、「玉虫色」のような曲。

「あきらめよ」 

2005年09月20日(火) 15時27分
本当にこのアルバムの中心にある曲は
「and I love you」に深みを持たせるためにあるのかと思うほど
断片的な気持ちを歌ってきてる。
その「AND」な部分なのかもしれないし、やっぱり
アルバムジャケットの「■(ハートマーク)」かもしれない。

「キャンディー」は、甘いだけじゃない。
「甘酸っぱい」「ほろ苦い」
もっと言えば
曲解かもしれないけど、「偏頭痛」を治すかもしれない
「息を詰まらせる」かもしれない
「胸のポケット」に入るちっぽけなキャンディーだけど。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mr_children
読者になる
Yapme!一覧
読者になる