モノサシトンボでロクさん

January 29 [Fri], 2016, 22:29
看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、マイナス要素をあげてしまうと、不本意な評価をされかねません。たとえ本音がそうだとしても律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望の理由付けです。どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのはそう単純なものではありません。高収入、休暇が多いといった採用条件で選んだと見られるよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、前向きな理由付けの方が好まれ、通過しやすいようです。自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくないです。看護師の能力を向上させることで、収入アップを目指すこともできます。看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に適した場所を見つけられるといいですね。内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優斗
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mr01ifxcmherew/index1_0.rdf