岩尾の細谷

April 08 [Fri], 2016, 22:51
給料アップのための転職を希望されている方も多くおられることでしょう。会社を変わることで給料がアップすることもあるでしょう。けれど、年収が逆に落ちてしまう可能性も考えられることをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。年収のアップを成功させるためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが重要となります。普通、転職する際に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があります。中小企業診断士の資格があれば、経営知識を有することが証明されるのでその会社にとって貴重な存在であると認識させることが可能です。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。転職を考えたときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまでの職場での経験や実績を生かした転職をしようと思っている方にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士の資格があると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。転職したい理由は書類選考や面接において最も重要です。相手に納得してもらう理由がなくては評価が下がります。でも、転職したい理由を質問されても上手く答えられないという方も多いはずだと思います。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、この転職理由のために苦労します。転職をするときに求められる資格というのは、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、その資格を所有していないと実際に働けないというような仕事が多いので、狙いやすいかもしれません。転職をしたいと考えた場合、まずは一番身近な家族に相談を持ちかける方がほとんどでしょう。所帯を持つ人なら、ご家族に相談をしないで勝手に転職をするのは避けるほうが賢明ですからね。家族に無断で転職すると、それが原因となって離婚する可能性もあるでしょう。面接を行う際、身だしなみにはしっかり気をつけるようにしましょう。清潔感がある洋服で面接に挑戦するというのが重要なポイントです。緊張するだろうと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接に備えるようにしてください。面接官から質問されることはたいてい決まっていますから、予め答えを準備しておくことが大切です。転職活動は今の職を辞める前に行って、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐ働けますが、すぐに転職先が決まらないこともあります。無職の期間が半年以上になると、就職先が少なくなりますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞めないことをお勧めします。労働時間の長さが原因で辞めた時は「効率を重視した仕事がしたい」、やりがいのない仕事と思っている場合は「新しい環境で自分を高めたい」という表現にすれば受ける感じは悪くはないでしょう。否定的な転職理由も言いかえれば、肯定的なものになります。履歴書には250文字〜300文字で書くのが理想です。慌てて転職活動をすると、冷静な判断ができずに、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選んでしまうこともあります。その結果、以前よりも年収が低くなることも多いです。だったら、なんのために転職したのかわからなくなります。年収をアップしたいのであれば、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤネ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mpnaieloceblmi/index1_0.rdf