大ちゃんだけどオセロット

August 12 [Fri], 2016, 21:52
女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。
この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、そう難度の高いものではないということです。介護士を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。なので、辛いと感じることも多いでしょう。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。

昼夜にわたる、大変な仕事によって当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、心身への負担をしみじみと思い巡らすようなことになるのです。医師、そして、介護士。二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。



分かりやすい違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。他方、介護士の場合は、医師の指導に則って、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。

働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。よく聞くのは不規則な休みでしょう。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。

または、昨今の介護士不足の影響から休みが取れないということも珍しくありません。

規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。勤務中の介護士というのはなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより多くの介護士はストレスに悩まされます。



なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。

ストレスを和らげ、自らをケアする手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、介護士であり続けるためには重要視した方が良いようです。
要資格の専門職である介護士ですが、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。
きっかけが結婚や出産だったり諸事情による転職も多いですが、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。



そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。



少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、これは多くの介護施設で行われるようになっています。介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測ることを目的に、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。

能力評価は、月々に行なう所や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。


このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。
看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は求人が途切れるようなことはありません。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、その際に気を付けてさえいれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。
最近スマホやPCで閲覧可能となっている専門的に介護士の求人などを支援するサイトも思った以上に多数存在しますし、上手にそういうものも使って優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人介護士候補生という方々を受け入れています。
とは言え、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、もし、3年以内に受からなかった場合、帰国しなければならないと決まっています。就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、大変シビアであるようです。



国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、近年においては一段とお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。そうなってくると、医師と介護士もさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。
ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、介護士にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。介護施設での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。
例外を除いて、夜勤ももちろんありません。


外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。

求められるスキルも診療科や介護施設によってもかなり違ってくるでしょう。
介護士がどんな風に思われているかというと、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。
とは言え、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。

たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。
一口に介護士と言っても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人介護士の前向きな気持ちも上げられると言われています。交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、その他報告しておくべきいくつかの事項を次に勤務を始める介護士に口頭で伝えることになっています。
申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に報告しなければなりません。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも求められます。

基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、忙しさのあまりに介護士の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。

とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。



さて、介護士として長く働き続けると、介護の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、人の身体がどんな具合か、だけではなく、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。

最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。
勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの介護士が必要になるので、経験を積む上でもシフト勤務は避けて通れないと思います。

妻の話ですが、介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変でした。

今、私は介護施設事務の仕事をしています。

日常的に、仕事上で介護士の方と接することはあまりないのですが常にみなさん忙しく働かれています。
夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。けれど、私の心配とは無縁に、忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、お子さん同伴での介護士さんの参加が相当いるんですよ。参加されていた先生方からも歓迎されていて穏やかな雰囲気でよかったです。
気になる介護士資格の難易度ですが、どれほどの難しさなのでしょうか。
試験の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。
試験内容も、学校でちゃんと学習していた人であれば難なく合格できるものですから、特別に取得が難関な資格という訳でもないようです。

よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。
しかし、その一方で困難もまた様々なのです。
することは多く、責任は重く、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、介護現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。
そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、難点を補って余りあるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。介護施設は24時間休みなく動いていますから、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。
夜勤のある仕事ではどうしても、睡眠時間をうまく調整できない場合はうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。
でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。

たくさんの覚えなけばいけない事やチェックを繰り返し、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も珍しくないのです。

介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。たくさんの人と出会える街コンですがこういったイベントに出る介護士は多く存在しています。

職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。


「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。


しかし、もしも新しい出会いがあっても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、駄目になってしまうこともあるようです。毎日、介護士として頑張っている中、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。楽ができる病棟はどこだろう、と頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。

他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。

しかしながら、介護機関の種類や、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。

皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、もちろん、介護士も同様です。

総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。



こうしたことを踏まえても、介護士として働く人の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。介護士は良い給料をもらってはいますが、実をいうと夜勤手当があることによって稼ぎが多くなるという現実があります。

たとえば良い給料で介護士をしたいというのなら職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤で勤務できるかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。なぜ介護士をやるのかといわれたときに、外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。



新卒の給料を見ても同世代の新入社員と比較してより高収入といえるでしょう。
しかし、そうやって高いお金をもらって働くということは、それだけよく勉強して患者さんに返していかなければなりません。


収入面において、介護士という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、随分と高給です。

介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などが確実に支給されるからです。



どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんするというような介護士ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。



いつ働くか休むかをコントロールしやすく、したい仕事を割と選べる、といったあたりが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。
ですから、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣で働いてみることも一応考えてみながら職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。あの帽子というのは、介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。

しかし、ここ最近においては介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。
ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら物悲しく思えますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど人気が高いと思われる介護士ですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚の差が開いている事が言えますね。晩婚の理由として多いものは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、地位を上げるために結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:匠
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mplrtairebmopo/index1_0.rdf