八島順一だけど向

November 27 [Sun], 2016, 14:36
転職の理由として良いものは、はじめに、転職をしようとした本当の理由を今一度、考えてみましょう。伝えるのはそのままではないため、率直に、書きだしてみましょう。否定的な印象とならないよう、次にそれを表現の仕方を変えてみましょう。転職する理由が長いものだと言い訳だと受け止められてしまうので長いものには気をつけましょう。
転職するのに一番よい方法とは、転職する先を探しながら仕事を続け、決定したら、そこで初めて辞表を提出する、ということです。

転職先を探すより先に辞めてしまったら、転職先がなかなか決まらないと「焦り」が心を支配し始めます。


それに、経済面で困る可能性もありますので、探してから辞めるのがよいでしょう。また、自分の力だけで転職しようとしなくてもおすすめは、誰かに力を借りることです。労働時間の長さを理由に辞めたときは「生産性を重視して仕事をしたい」、仕事にやりがいを感じられずに辞めた場合は「新しい環境での成長を希望しています」と書き換えると悪い印象を与えません。ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブなものに変わります。履歴書に書く場合は、150文字〜200文字といったところが理想です。転職の活動は現在の仕事をしている間から行い、転職する先が決まってから辞めるのが理想です。退職後の方が時間が自由になりますし、すぐに働き始めることができますが、転職する先がなかなか決まらないということも考えられます。
無職である期間が半年を超えると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで今の職を辞めることのないようにしましょう。
どういった転職理由がベストかというと、まずは転職理由の本音のところを思いおこしてみてください。



相手にそのままを伝えるわけではないため、考えたことをそのまま、ノートに書き出しましょう。


そして、それを後ろ向きなイメージにならないように表現を変えてみてください。転職理由が長いと言い訳めいて聞こえてしまうため、できるだけ短くなるようにしましょう。
転職する時に記入する履歴書では、今までの職歴を簡潔に、かつ分かりやすく書きましょう。



今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、今必要としている役職で活躍できるか、採用する側もイメージすることができます。
そして、履歴書に用いる写真はかなり大切なので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、訂正するのではなく、もう一度書き直しましょう。



転職の理由が年収アップだという方も多数派なのではないでしょうか。会社を変わることで年収アップが見込める可能性はあります。ただ、給料がダウンしてしまう可能性も考えられることを十分理解しておく必要があります。


年収のアップを成功させるためには、落ち着いて報酬の高い仕事を探すことがどれだけできるかがキーポイントとなります。

労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視する業務をやりたい」、仕事にやりがいというものを感じず退職した場合は「新たな環境でさらに成長したい」と表現を変えると印象が悪くないです。
ネガティブな転職の訳も表現次第でポジティブなものとなります。



履歴書に書き入れる場合は、150文字から200文字程度が理想的です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる