ヘチマチャンピオンと生駒

February 03 [Sat], 2018, 23:39
屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。

屁による臭いの元は腸の悪玉菌によるものだとされています。ですから、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌が増えるのを防ぐ働きのある乳酸菌を継続して摂取ことにより臭いを和らげることができます。



インフルエンザにかからないための注射につれて行きました。



注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射針を注入されています。予防接種が完了した後は怖かったーと話していました。

見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も口できませんでした。


ここのところの研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌にとても効果があるということが分かるようになってきました。インフルエンザの症状をワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。

日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力が高くなって、インフルエンザの正しい予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、ちょっとずつですが、良くなってきています。
改善するために行った方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。


この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。


ヨーグルトを毎日食べているうちに、お通じが改善されてきて、便秘の苦しみから解放されました。最近、インフルエンザに罹らないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。

1年くらい前に、テレビで子供に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したという番組がありました。私の子供が受験生でしたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。



乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが断然いいそうです。アトピーの治療に用いられる薬は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。
言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で適切に用いるということが不可欠です。仮に、違う治療方法や薬を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、主治医以外の医師に意見を求めるといいでしょう。自分の考えだけで判断することは良い結果につながりません。便秘になってしまったとしても、薬を飲むことで簡単に、解決できると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、食生活を見直してみてください。例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂るのは効果的で、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭の原因となります。

どのように毎食後歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口の臭いは腸から胃を通って不要なものを出そうとし、口臭の原因になるのです。
この時、便通が改善されると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。
乳酸菌を取り入れると色んな効果があります。



例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。
その結果として、免疫の力が向上し、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、インフルエンザにも予防の効果があります。乳酸菌は身体の健康をより良くする働きかけが高いとされています。オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分としてクローズアップされています。実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の働きはアクティブになり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内の状態を整えてくれます。



乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進には欠かしてはならない重要な成分であります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる