初めての海に行ってきました 

2005年07月24日(日) 1時52分
和歌山方面に行く予定でしたが、
出発が遅くなったので急遽「二色の浜」という近場の海水浴場へ。

初めての海に、さわはこわがるかなーと思いきや、全然大丈夫でした。

この二色の浜、ワカメがとっても多くて私とダンナは気持ち悪かったのですが、
さわは「わかめ、いっぱいだねー(うれしそう)。…おいしそう」
と、食欲全開モードでした(汗)。

おばけが出るよ。 

2005年06月11日(土) 14時13分
近ごろ、何でも「おばけが出るよ」というとおとなしくなる。

公園で遊んでいて、なかなか帰らないときに
「あそこの木の上で、お化けがこっち見てるよ。もうすぐ降りてくるよ」というと
「帰る!」と言い、夜、なかなか寝室に行かないときも
「もうねんねの時間だよ.。こっちの部屋におばけが来るから、あっちへ行こう」
というと、「はやく、はやくいかないと〜〜」と言いながら、
ぽぽちゃんを持って急いで寝室へ行く。。。"

すっぽんぽんイラスト 

2005年06月09日(木) 1時26分
うちの娘です。
おしりもほっぺも、おなかも腕も、
ぷーりぷりのムッチムチです(笑)。
2歳になったばかりなのに、
身長85cm、体重13s!
(3歳児並だそうです)

すっぽんぽん、もしくはオムツ無しの状態
(うちのダンナ曰く「フリチン」の状態)が、
さわは大好き。
一度脱ぐと、なかなか服やオムツを装着したがりません。

そんなに見せたいのかねえ〜。

さわ、ありがとう。 

2005年06月05日(日) 1時18分
昼過ぎに、私が頭が痛くなり、横になっていた。

つまらなさそうにしているさわに、
「さわちゃん、ごめんね。お母さん、頭がいたいの。ちょっとねんねするね。」
それをきいたさわは、ぐずることもなく一人で遊んでいた。

途中、退屈したのか一度だけ「おかーさん、起きてー」と言ったけれど、それだけだった。
(前は、だいぶ泣いてたのに。お姉さんになったのかな…。)

しばらくして私が起きると、さわも横で大人しく眠っていた。
 
小一時間ほどしてさわが起きた。
おはよう、と言った私に「おはよー。…おかーさん、あたま、いたくない?」と聞いてくれた。

じーんとしちゃったよ。さわ、ありがとうね。

はじめての花火 

2005年06月05日(日) 1時09分
夜、二人で夕飯を食べていたら、遠くで「パン」「パン」という音。
・・・・打ち上げ花火だ!

速攻で自転車をこいで、初めての花火を見せにいきました。

そのときのやりとり。

「さわちゃん、あれ、花火っていうんだよ!きれいだねえ!パンパン言ってるねえ」
「(じーっと花火を見つめながら)…パン(花火)、のりたいねえ」
「(…花火は乗れないけど、夢を壊しちゃダメかな…)そうねえ、乗りたいねえ〜」
「(花火は)ふわふわしてる」
「・・・そーねえ、ふわふわしてるねえ。雲みたいに、ふわふわしてるかなあ」

常識でカチカチな大人は考えつかない、さわオリジナルな子どもの世界。
いつまでも持っていてほしいなぁ。

ヤプログ、ひどすぎる!! 

2005年05月31日(火) 0時39分
この重さは何?
そしてそして、一生懸命時間をかけて書いた文章が投稿されず、消えてしまうってどういうこと???
1回や2回じゃないから、余計に腹が立つよ======。

(はい、文章を書き終わってその都度別のところにコピーすればいいんだってわかってはいるんですけどね。すぐ忘れてしまうんですよ。)

今日は手ごたえのある文が書けただけに、怒りもひとしお。

もういや。。

陣痛〜出産体験記★1 

2005年03月09日(水) 0時42分
今日は、もうすぐ出産予定日を迎えるOさんに、私の出産体験記を書いてみます。Oさん、そしてこれから出産される方、よかったらご覧になってください!!


陣痛。それはもう、痛いなんてものじゃありませんでした。
初めは、「ん?なんか、、生理痛みたいな重−い痛みがあるなあ」くらいのもので、その日の晩はお姑さんが作ってくれたステーキをニコニコしながらパクついてたという余裕っぷり。
それが、前日の夜8時くらいのこと。

それからお風呂に入り、夜10時ごろになって、鈍痛の感覚が15分くらいになってきたので病院に連絡すると、「一応来て頂けますか」との話。前もって用意しておいた入院・出産準備グッズを握り締め、ダンナとともに病院へ行ったのが夜10時半頃。

先生曰く、「そんなに子宮口も開いてないし、出産時間も明日の昼頃になるでしょう。今晩は割とゆっくり眠れると思いますよ」とのことでした。

そのコトバに安心し、病室でダンナに自分のでっかい腹をナマで撮ってもらったり、子どもの寝顔などを書くためにスケッチブックなどを枕もとにいそいそと用意していた私。

しかし。ダンナが寝た11時頃から、痛みはどんどん激しくなってきました。

2時、3時と耐えに耐え、ほんっとにもうどうにもならん!!誰か何とかしてくれ!!いっそ妊娠前の時間にタイムトリップを!!!!
と、寝ているダンナを起こして訴えたのが午前5時ごろだったでしょうか。

しかし、ダンナの返事は「予定は昼頃やろ。もうちょっとがんばり。」の一言。そしてまた熟睡・・・。

このときほど、「睡眠・命」のダンナを恨めしいと思ったことはありません。

でもでも、なんとかがんばって、8時になりました。
看護婦さんがやってきて、子宮口の開き具合をチェック。
(今思い出すと、横でダンナが大股開いてるかなり恥ずかしい格好の私を見ていたはずなのですが、その時はそれどころじゃなかった)

看護婦さん曰く「あ〜、もうちょっとですね〜。もう、どうにもならなくなってとにかく産みたい!感じになってきたらインターホン押してください」とのこと。。そして帰っていった・・・・・鬼〜〜。
 →2へつづく

陣痛〜出産体験記★2 

2005年03月09日(水) 0時41分
さて、もうこの辺りから私は叫んでいました(笑)。
「あああああああああああああああああ」
とか、
「いたいたいたいたいたい〜〜〜〜〜」
とか。
ちょっと余裕のあるときは、
「なんか、、、バズーカ砲で、、、思いっきりお腹を打たれてるみたい」
とか感想を言ったり。

ほかには、寒気が来たり暑くなったりして、
「さむいさむいさむい!!(ダンナに)なんとかしてよ!!!!」
と言ったかと思うと、
「あついあついあつい!!!あつぅい〜〜〜〜」
と言ったり(笑)。
ダンナも「どないやねん!!」と突っ込んでましたよ。(こんな時でもつっこむ。さすが関西人!!)


そのうち、「うおーーーー!いよいよ子どもが出たがってるぞ!!」という感覚がやってきました。これが9時ぐらいかしらん…。
もうね、気を抜くと子どもが勝手に出てきそうなんです。でも、これは母親が勝手に力むとあまりよろしくないらしい。それで、インターホンを押し看護婦さんを呼んだら、看護婦さんがやってきたので「出ます出ます、出る出る出る出るーーー」と、猛獣のような声で訴え分娩室へ。

分娩室に行ってからは、とにかく先生の言うとおりでした。
「はい!今!りきんでーーーー!!」
「ふぅぅぅぅぅーーーー!!」← 一生分くらい、リキんでいる
「あー、もう少しやったね。」
・・・少し間をおいて・・・
「よし!今!!りきんでーーー!!」
「ぐぅぅぅぅぅーーーーー!!」← やっぱり一生分くらい、リキんでいる

こんな流れを朦朧とした意識の中で3回くらい繰り返したでしょうか。
ようやく頭も見えてきたのですが、私のスタミナが持たなくなり、
目の前が真っ白になってきました。

そのとき、、→3へつづく

陣痛〜出産体験記★3 

2005年03月08日(火) 23時18分
んっ!?

おなかのなかで、、、、
足・・・・!?バタバタしてる!!!

そうです。
おなかの中のわが娘(息子?)が、まだ見ぬ世界へ向かって、
怖いかもしれない外の世界へ向かって、
ひるみもせず全力で、出てこようとしているのです!!

(うっわーーー!!赤ちゃんだ!!
 私の赤ちゃんが、がんばってるよ!!がんばれ赤ちゃんーーーーーー!!)

そう思った瞬間、バタバタしている足が、外まで一気に出て行きました!!

「出た−−−!!!!」

フヮァ、フヮァ、フヮァ。


おっきな声で、でもかわいい声で泣く、私の赤ちゃん。

私は、涙が止まりませんでした。
無事赤ちゃんの声が聞けたこと、先生や看護婦さんが皆で協力してくれ、無事に産めたこと。
そして、ダンナがずっと私の手を握っていてくれたこと。すべてがうれしくて、ありがたくて、すばらしくて。。

先生が、
「おめでとうございます。元気な女の子ですよ。抱っこしますか?」
と、まだ産湯にも漬かっていない、生まれたてほやほやの私の赤ちゃんを、
私の胸の上に預けてくれました。

娘は、びっくりするほど小さくて、
それなのに、一生懸命泣いて泣いて、
ああこれが人間ひとりのパワーなんだ、、と思いました。


陣痛で疲れきって、私の頭は真っ白になってるのに、
生まれたてのわが娘に、気が付けば
「よくがんばったね、よくがんばったね、えらかったね、もう大丈夫だからね、大丈夫だよ」
と、安心させようとしていました。

今思えば、あの瞬間から私は母親になったのかもしれません。

水星人(+)効果?初めてTVに出た&30万円の壷もらいました(笑) 

2005年02月28日(月) 17時20分
27日に、沙和をダンナのお父さん・お母さんに預けて、関西テレビの主催する番組に参加してきました。
もちろんお客さんとして、会場にいたのですが、
くじ運なんて今まで皆無だったのにもうビックリ
会場の皆さんとじゃんけんで勝ちぬいたのが3回。そしてそれぞれ

牛窓のリゾートホテル・ペア宿泊券
倉敷チボリの一日無料フリーパス&閉館後1時間無料貸切券
30万円の、備前焼の壷(!?)

をもらってきました。
さすがに3回目は、他のお客さんの目も厳しかったです(汗)
司会のビッキーズも驚いてたよー。
うれしくて、カメラが回ってるのも忘れて
サンバのねーちゃんたちと一緒に踊ってしまいました!

そうそう。水星人(+)って、今年はとってもいい年になるっていってたけど、本当にそうなのかなあ?(特に金銭的に、らしいです)
こんなことがあると、ちょっと期待してしまったりして
P R
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像mozucco
» すっぽんぽんイラスト (2005年06月19日)
アイコン画像(お)
» すっぽんぽんイラスト (2005年06月18日)
アイコン画像mozucco
» 陣痛〜出産体験記★3 (2005年03月13日)
アイコン画像mozucco
» 陣痛〜出産体験記★3 (2005年03月13日)
アイコン画像(お)
» 陣痛〜出産体験記★3 (2005年03月13日)
アイコン画像mozucco
» 「ペンギンちゃん、どーじょ♪」 (2005年02月13日)
アイコン画像もんぶらん
» 「ペンギンちゃん、どーじょ♪」 (2005年02月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mozucco
読者になる
Yapme!一覧
読者になる