Jamesの藤平

January 20 [Wed], 2016, 13:52
いつもは肌が乾燥しにくい人でも冬になるとお肌がカサカサになるケースもありますから、、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水を使うほか、乳液をつけるようにしましょう。冬になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。きちんと保湿しておくことと血をよく行きわたらせることが寒い季節のスキンケアのポイントです。もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを補うようにしてください。セラミドとは角質層において細胞の間で水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。角質は角質細胞が複数層重なっていて、細胞と細胞とを糊のように繋いでいるわけです。皮膚の表面の健康を保持するバリアのような機能もあるため、十分な量が存在しないと肌荒れしてしまうのです。冬が来ると冷えて血液がうまく行きわたらなくなります。血液の流れが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行促進を心がける必要があります。血のめぐりが改善されれば、代謝がよく活動し、健康的な肌がつくりやすくなります。カサカサ肌と言う場合は、低刺激の洗顔料を選択してよーく泡立てて、肌への抵抗を減らしてください。力を込めて洗うと肌に良くないので、優しく洗うのがコツです。さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿するようにしましょう。化粧水しか使わないのではなく、乳液、美容液、クリームなども場合に応じて用いてください。洗顔後の保湿は乾燥肌の予防、改善に重視されることです。これを怠けてしまうとますます肌を乾燥させることとなってしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。さらに入浴剤を浴槽に入れたり、お湯をあまり高温にしないというのも非常に有効です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結斗
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/moxospaehbtwss/index1_0.rdf