最近書いてないなぁ。

September 03 [Fri], 2010, 12:03
映画
アリエッティ 完成披露試写会
ハナミズキ 完成披露試写会
雷桜     完成披露試写会

と最近行きましたが、なかなか感想が
書けてない状況。

最近では、大学で
映研というサークルの合宿行ったりし、
私が企画した音楽のPVを撮ったりして
とても充実していました^^

また映画いっぱい観るので(最近ホラーを3本くらい観たんで)
感想UPしていこうかなと思います。

借りぐらしのアリエッティ

June 29 [Tue], 2010, 17:19
当選しましたぁ(*´∀`*)
完成披露試写会で倍率カナリ高かったと思うんですが…
本当にありがたいです
ジブリ作品は毎回家族でお金払って観ているんで。
ジブリ作品を前もって観れるのはお得感倍増
 
 
今週の木曜日行ってきます

(無題)

June 08 [Tue], 2010, 7:38
そういえば告白完成披露試写会は真ん中席入れなかったら、前から二列目の岡田将生君側で見ていました
 
岡田将生君のマイクが壊れたというハプニングはいい思い出です。
かっこよすぎましたね(`・ω・´)
しかも、笑顔が可愛い
 
岡田君見たの、重力ピエロ以来でしたよ。
瞬のイベント行ってこようかな。だって、北川景子と岡田将生君なんだもん。
この2人好きすぎる。
 
北川景子は、ハンサムスーツからずっと好き。
初めて生で観てすぐにファンになった(・∀・)
 
 
ツイッターとmixiとヤプログ!とつなビィは私使っていますよ。
フォローしようかな
 
ちょんまげプリン、錦戸君が出演されるんですよね
予告をちょっと前に見ていたんで、タイトル見た瞬間にすぐわかりました
 
武士…?パティシエ!?
ギャップが激しい(笑)
 
ちょんまげおろした錦戸君は錦戸君じゃなかったです
ギャップも確かかぶってたような。演技力高いので、映画が楽しみです。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

May 26 [Wed], 2010, 23:14
2010年3本目(試写会のみ)
5月24日(月)
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」

ボックスと告白という面白い映画を見たので、余計にこう思えたのですが。
はっきり言って、私にはイマイチな映画でした。
蛇にピアスを思い出してしまったッ
そうゆうシーンがあったし、告白より生々しそうだったんでカッターのシーンは見れなかったです。


俳優さんとストーリーに惹かれたのですが、感覚的な構成や撮り方なので万人受けはしないです。

ただ、たんたんと撮っていて観客を無視している感じがした。
何を伝えようとするのかが明確じゃなくて、ただわかる人にだけわかればいいんだよ。
じゃあ何のためにこの出演者たちで映画を撮ったんだと疑問が残ってモヤモヤした。

観客を引き込んで、感じる映画じゃないと思う。
ドキュメンタリーって感じがした。
間がたくさんあって、俳優の間を演技を生かそうとしたのかなって思ったけど、生かしてなくむしろカメラの撮り方で不自然。
そのまんまだったから、近づけたり、何か変わったらまた違ったかもしれない。

私はこんな感想。
でも色々な映画をみたいと思ったから、当ててくれて非常に感謝しています。
こんな映画もあるんだと再認識しました。

カヨちゃんが不細工すぎてイライラしてくる。
ジュンとケンタとのシーンはもっと近づけて撮ったりしたいなぁって思った。
離れすぎて表情が見えない。
内容は…うん。
現代を描いているけど、本当にあんな風になる?
リアルが感じられなくて、なんか浮いてた。

ストーリーから組み直したい。なんか、生意気なことたくさん書いているけど、あくまで私の感想だから。
1人のまだ18歳の若者が何いってるんだと流してもらえたらと思います。(´・ω・`)

告白完成披露試写会

May 20 [Thu], 2010, 7:40
2010年2本目(試写会のみ)
5月19日(水)
「告白」

…なんだろう。
上手く言えない部分が多すぎて、困ります(´・ω・`)
R15なのは察してください。そして私は、原作をまだ読んでいません。

映像の発想と、音がとても効果的に表されていて好きです。
パタンとしまる音、パチンと呟く声。
さすが中島監督。
凄いの一言しかないです。
キラキラ感はやっぱりないですが、監督の遊び心(笑)が出てくる部分があって、光と影の対比のように思えて、効果的すぎます!!
発想がとにかく好き。

開始数10分で終わったと思ってしまった私は馬鹿です。
その後がまた凄い。
全てのことにちゃんと原因と結果が結びついていて見てて気持ちがいいです。

気持ちの葛藤、現代のクラスはあんな感じだなって思ってしまうリアリティ。

感情移入はしたとこもあったけど、傍観者の気持ちで観てました。
山口先生の言葉と行動には目が離せません。
ストーリーが進むにつれて、真実のさらに真実を知った。そして…。

あの撮り方はできない。
なんで上手くいくんだろう。そしてあの発想。

狂気が包んでいたのに、スッキリさせられた。
書くことが思いつかない。

震えたり、
びくっとしました。(・∀・)
GOTHを既に観ていたので、血とかは大丈夫でした。

最後の映像は良かったですね!あの場面も、凄い…と思いました。此処できたかと。

配布されたパンフレットでもう犯人わかってたんですけど、犯人わかったまんまでも十分楽しめます。
だってそこが大事じゃないから。


感想難しいなぁ。
俳優を楽しまない映画で、ストーリーに没頭できるようにみんな上手く動いてる。

…なんてね。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

May 18 [Tue], 2010, 18:36
来ましたよ
ありがとうございます
毎回のごとく、もう大好きです!!
 
24日は学校早く終わるので、全然行けるという。
そして九段会館は何回も行ってるし、この映画巨人戦より見たかったし(笑)
 
映画生活が戻ってきました!!
オリジナル脚本が気になる。そして出演者と内容で観たいと判断する私はミーハーです(`・ω・´)
 
レポしっかり書きます
見やすい文章を目指さなくては
P R
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
4部作の2作目。
Yapme!一覧
読者になる