オードリーが好き!

December 14 [Mon], 2009, 11:05
あまり知られてないけど。 誰よりもオードリーが好きです!

っていっても、あの人気お笑いコンビのことじゃぁないですよ。

もちろん、世界中の人々から愛される「スクリーンの妖精」、オードリー・ヘプバーンのことです。

あのなんとも言えない美しさ、チャーミングさ。

元はバレリーナだったという見事なプロポーション。

すごく知的な雰囲気と、引退後に国際連合児童基金のユニセフ親善大使に就任した生き方など、ほんとに全てが好きなんです。

もちろん、彼女が出演した作品はほとんど観てます。

「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」「麗しのサブリナ」「マイ・フェア・レディ」はDVDも持ってます。

でも、「ローマの休日」以外は映画館で鑑賞したことがないんですよね。

ときどき、小さな映画館で思い出したようにかかっていることがあるので、どこかでやってくれないかなぁと思ってはいるのですが・・・。

仕方がないので、いつもは家でDVD鑑賞です。

会社から早く帰ってきた日や、特に予定のない休日などに一人でゆっくり観ていることが多いです。

なんだかゆったりとくつろいだ気分にしてくれる作品が多いし、オードリーの笑顔に癒されます。

ホっとした気分になりたいときは、オードリーに限りますよ!

「羊たちの沈黙」

December 11 [Fri], 2009, 18:31

映画が好きだというあなた。洋画と邦画、どちらのほうがお好きですか?

最近は邦画でも世界的に人気を得る作品がたくさん撮られていますが、わたしがよく映画を観るようになった学生の頃は、洋画のほうが圧倒的に人気がありました。

邦画といえば、任侠モノか娯楽系ばかりというイメージがありましたからね。

というわけで、今回の懐かしい映画のテーマは「羊たちの沈黙」です。

最近多く撮られている「サイコスリラー」系ジャンルのさきがけと言える作品ですね。

1991年度のアカデミー賞の主要5部門を総なめしたというのもうなづける、見ごたえのある面白い映画です。

ジョディー・フォスター演じるFBI訓練生のクラリスが、、皮を剥いで殺害する連続殺人事件を担当して解決へと導く話。

アンソニー・ホプキンス演じるハンニバル・レクター博士との知的な攻防戦が大きな見ものとなっています。

わたしはこの作品を通して、イェール大学卒の才媛、知的でとっても美しい彼女のファンになってしまいました。

それ以来、「ネル」や「アンナと王様」など、彼女が出ている作品はほとんど観ています。

見ごたえのある「サイコスリラー」をお求めの方には、ぜひ観ていただきたい作品です。

映画っていいですねー!

December 01 [Tue], 2009, 11:42

みなさんは映画はお好きですか?わたしは大好き。

ドラマとどう違うの?なんていう方もいらっしゃいますが・・・。

余計なCMなんて入らないし、薄暗い映画館の中で自分ひとりの世界に没頭できる雰囲気が好きなんです。

それに、見終わったあともじっくり余韻に浸れるでしょう?

最近はエンドロールが流れるとすぐに劇場を出て行くお客さんが多いんですよね。

あと、上映中にコソコソ話をしたり、バリバリ音を立ててお菓子を食べたり。

映画館の雰囲気が好きなわたしとしては、

「お願いだから最低限のマナーは守って!!」

ってカンジなんですけど。。

その昔、「シンドラーのリスト」を観たときのこと。

エンドロールが終わるまで、お客さんが誰も席を立たなかったことがありました。

そればかりか、終わったあと拍手が沸き起こったんです。

もちろん映画自体にも感動したんですけど、あの出来事には本当に鳥肌が立つほどに感動したのを覚えています。

あんな体験をもう一度してみたい。

期待する気持ちを持って、今日もわたしは映画館に足を運びます。

映画っていいですよ。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あや
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/moviebig/index1_0.rdf