フネ(1) 

2006年02月01日(水) 5時54分
 磯野ではない。

 舟というのはなかなか面白い乗り物であるなと風呂で妄想にふけりました。
 別にエンジンがどうとか煙突がどうとか、理系大学生くさいことを言いたいわけじゃなく。もっとちっちゃい(×船○舟)、2人乗りくらいの舟の話です。

 最近読んだ漫画にカップルが二人でボート漕いでるシーンがあって、「後ろ向きに進むのってなんか不思議な感じ」ってナルちゃん(=彼)が言ってたのだ。

 そこで感じたんやけど、大切な人を見ながら進むために後ろ向きで座って漕ぎたいとこやけど、大切な人を無事に目的の島に届けるためには前を向かなきゃならんという何とも言いがたいジレンマがそこにはあるのですね。水面もプールじゃあるまいし、どっこも見んでゴールに行けるほど優しい場ではなく。

 そもそも舟ってのは便利なものなんじゃよ(笑)好きな人と完全に自分らだけの世界になれる。そこから見えるどんな景色も(例えそれが他人の地獄絵図であっても)、自分らにはアトラクションになるし、陸であったどんな辛い事も払拭して別世界にいる気分になれるし、おまけに辿り着く島への期待も舟での時間に魔法をかけてくれる。−まぁこんな熱弁するけど、俺は舟に乗った経験は浅い(笑)

フネ(2) 

2006年02月01日(水) 4時00分
 自分の好きな歌の主人公は前を向いて舟を漕ぎました。何より大切な人を目的地へ行かせたかったんよ。行きたい島はそりゃもう遠かったけどね。それでも彼女さんが笑っててくれたからこのカップルは俺に無敵感を与えてくれるのでしょう。歌い終わるまでに島は見えませんでしたが、そんじょそこらのカップルよりよっぽど幸せだろうなと感じました。

 冒頭の漫画の主人公は後ろ向きを選びました。行き着く先がどこであれ二人が一緒ならいいじゃないかとあくびをしながら正面から言ってた。悔しいことに彼もメガネ・・・ぬぬぬ。


 ここまでをシャンプー→リンス→洗顔 とともに考え、ボディーウォッシュ(発音良好)とともに以降へ。俺は風呂での清掃順番はこうなのだ(笑)


 俺はどうなるんだろうか。結論からしたらそれはホントに護りたいものによるんだろうなと。さっき挙げた二人はどっちもかっこいいし。理想は前も後ろも見ながらだけど、それはスゲェ疲れるし、舟の上でほんとドタバタしちゃう。バランスが大事なのかな。でも本当に行きたい島があったらちゃんと後ろを振り向けるかのぅ。その景色を見せるためとはいえ背中ばっか向けられて、彼女は舟を楽しめるかな。へんてこりんな島に着いても、それすら笑い話にしてくれるんかな。うぅ分からん。


 人生というのはなかなか面白い乗り物であるなと身体を拭きながら感じました。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mousou-wo-haku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる