可変慣性過給システム 

December 04 [Tue], 2012, 12:18
いすづの直6エンジンにも"可変慣性過給システム(CCS)"と呼ばれるものが採用されている。


同じように、インテークマニホールドを前後3気筒ずつで分割し、間をCCSバルブで接続している。


ある気筒のインテークバルブが開いている間は空気が勢いよく流れるが、バルブが閉じても空気は慣性力によって流れ続けようとして密な部分ができる。


これが空気に疎密波を生じさせる。


CCSバルブでインテークマニホールドは分割されているので、この疎密波が反対側に伝わると、吸気行程にある気筒の吸入空気量を増やすことができる。


これにより低回転域のトルクの向上とディーゼルスモークの低減を図ることができる。


しかし、回転数が高まってくると、疎密波が伝わる速度が相対的に遅くなり、効果がなくなるばかりか、CCSバルブが吸気の障害ともなる。


そのため、一定回転以上になるとCCSバルブが開かれ、インテークマニホールドは連結される。


以上、本日のトラック 買取に関する情報でした!

一般的には・・・ 

November 15 [Thu], 2012, 12:18
一般的には燃料供給を停止してエンジンを停止させるが、インテークシャッターを閉じることによって空気の供給を止めてもエンジンを停止させることが可能だ。


吸気の脈動で吸気効率を高める努力も行われている。


乗用車用ガソリンエンジンでも採用されているもので、トラック 買取されたのディーゼルエンジンにも採用されている。


三菱ふそうの"慣性過給制御装置"では、直6エンジンのインテークマニホールドを前後3気筒ずつで2分割。


たとえばインテークバルブが開いている時、インテークマニホールド内を一定の速度で空気が流れているが、インテークバルブ1が閉じると空気の流れが急に止められ、空気の慣性力によってインテークバルブ付近の空気が密な状態になり、疎密波が発生する。


2分割されたインテークマニホールド内で、この疎密波は共振され増幅され、次にインテークバルブ1が開く時に、空気が密な場所を通るようにすれば、吸入空気量を増やすことが可能となるわけだ。


こうした慣性過給の効果は、エンジン回転数や負荷で変化する。


そのため、低速域ではインテークマニホールドを2分割していたバルブを開き、吸気に悪影響が及ばないようにしている。

遠心分離式 

October 18 [Thu], 2012, 12:17
遠心分離式では、フィルターエレメントの上部またはエレメント自体に羽根を設け、吸入空気が旋回するようになっている。


旋回する空気は遠心力で異物が外側に分離され、そのあとで濾紙を通って、さらに清浄される。


ホコリが多い地域向けとして、シュノーケルの途中に遠心分離機能を付加していることがある。


ガソリンエンジンでは、吸気系の一部に空気量を調節してエンジン出力を調整するスロットルバルブが設けられているが、ディーゼルエンジンにはない。


しかし、排気ブレーキ作動時の騒音低減のために、インテークシャッターを設けていることもある。


このインテークシャッターがエンジン停止機構として利用されることもわずかだがある。


以上、本日のトラック 買取に関する情報でした!

吸気 

September 06 [Thu], 2012, 12:17
吸気は、まずエアクリーナーケースの底に満たされたオイルにぶつけられ、ここで大きな異物や重い異物をオイルに吸着させる。


軽い異物や小さな異物は、この後、グラスウールなどのフィルターを通過する際に取り除かれる。


また、トラック 買取向けのトラックでは、メタリックエレメント式のエアクリーナーが採用されることもある。


金属製のエレメントにエンジンオイルを塗付して使用するタイプで、清掃によりエレメントを繰り返し使用することができる。


ペーパーエレメントを恒常的に供給できない地域に輸出される場合に採用される。


さらに、積極的に空気中の異物を取り除く遠心分離式(サイクロン式)エアクリーナーもある。

乗用車用では・・・ 

August 28 [Tue], 2012, 12:16
現在では、乾式エアクリーナーが大半となっているが、湿式エアクリーナーが採用されることもある。


もっとも乗用車用では乾式エアクリーナーとはいっても、エレメントにオイルを含ませ異物の吸着力を高めた半湿式と呼ぶべきものだが、トラックに採用されるものは完全な乾式。


エレメントを圧縮空気などでクリーニングすることで、繰り返し使用することが可能だ。


エアクリーナーケース底部などにはダスト排出バルブがあり、内部にたまった異物を排出することが可能だ。


一部で採用される湿式エアクリーナーにはオイルバス式が使われる。


以上、本日のトラック 買取に関する情報でした!

走行中の車両表面 

July 05 [Thu], 2012, 12:15
走行中の車両表面には、走行風によって圧力の高い部分と低い部分が生じるが、シュノーケルは圧力が高くなる部分を選んで設置し、吸気効率を高めていることもある。


吸気はシュノーケルからエアダクトでエアクリーナーに導かれ、さらにインテークマニホールドへ送られる。


直噴式エンジンでは、始動時に吸気を温めるインテークヒーターが備えられていることもある(詳しくは始動系の項を参照)。


ディーゼルエンジンは過酷な環境で使われることが多く、排気量も大きいので、エアクリーナーも重要となる。


以上、本日のトラック 買取に関する情報でした!

吸排気系 

June 26 [Tue], 2012, 12:15
空気の取り入れは、小型トラック 買取では乗用車同様に前方からの空気を利用するが、中大型トラックではエアインテークダクトをシュノーケルとして、キャブ背面の高い位置で吸気することが多い。


これは、高い場所のほうが空気中にホコリなどの異物が少ないため。


また、吸気温度が高くなると膨張により空気の密度が低くなるため、エンジンの熱気を吸わない位置や、車両のレインレールから雨水が大量にかからない位置などが選ばれる。

はじめまして! 

June 08 [Fri], 2012, 12:09
こんにちは!


今日からトラック 買取に関する知識を身につけるべく、情報ブログをはじめました。

よろしくお願いします!


一般的に、開弁当初は噴射量が少なくされ、着火遅れ期間の燃料噴射量を少なくし、拡散燃焼期間に大量の燃料を供給するようにされている。


直噴式エンジンでは、先端に多数の孔があるノズルが採用され、その孔の角度や径によって噴射量や粒子の大きさ、拡散具合が決まる。


燃焼の状況に大きく影響を及ぼす要素なので、燃焼室の形状と共に、最適なマッチングになるように設計される。


燃料を微粒子化するには、孔の径を小さくする必要があるため、多孔バルブの孔数は増える傾向にある。


孔数が増えることにより燃料の拡散範囲も広がり燃焼状態が改善される。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mouse21
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる