およそ世の名に存在するものの中

January 24 [Thu], 2013, 14:55
およそ世の名に存在するものの中で、煙草ほどの害悪は存在しないだろう。その中に含まれるのは人体に大いに悪影響を与えるものばかり。その毒素は肺を犯し、ついには癌を引き起こす(可能性がある)。そればかりか吐き出される煙は周りの人間の体にまで害を与える・・・!一体どこの誰がこんな毒物を吸おうなどと思ったのか?最初の一吸いでむせ込んだ時、何故そこでやめなかったのだろうか?人類で初めてなまこを食べようとした人間並みに理解に苦しむ。
煙草を吸い始める理由はまさしく十人十色だろう。興味から、友達に誘われて、ショッキングな出来事があったから慰みに・・・。そして一度始めてしまったが最後、その魅力に取り憑かれる。いくら値段が上がろうが、パッケージに「これは毒だ!!」と書かれようが、吸うことをやめようとしない。狂気の沙汰だ!!一日一箱買ったとして一月で13200円。年間で158400円が文字通り煙となって消えていく。吸わない人間からしたら、喫煙者は軽い薬中にしか見えないだろう。しかし、喫煙者はそんなもろもろの事はとっくに理解しているのだ。頭では。それでも吸うのは、体が求めるからだ。年月を経て、生理的欲求の一つになっているのだ。だから、煙草はやめられない。

そんな事を考えながら、私は煙草に火を点ける。とある喫煙者の複雑な心境でしたとさ。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:舵機
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mouaenais/index1_0.rdf