Holiday Party 

June 10 [Sat], 2006, 13:49
今日は会社のHoliday Partyがあって、郊外に出かけた。
前行ったサンダーバード湖の方だ。牧場の中にポツポツ家があって、
会場になった場所も林の中に家が1軒だけあって、芝生の庭が広がってる。
ここはどうやらCatieのご両親が建てた家で、今はお兄さんが管理してるんだとか。
Catie一家は年に数回来るらしい(別荘みたいなものかな)。

40-50人くらい来てたかな?アメリカ人はこういうとき
必ず家族同伴で来る

芝生の庭にはテーブル数台とバレーボールネットがあって、シャボン玉マシーン
からはシャボン玉がじゃんじゃん出てるし、DJがいて音楽流してるし、ハンモックが
あって、ウォータースライダーがあって子ども達が遊んでるし、すごかった。
さらに移動動物園みたいなのが来てて、ポニーとヤギと鳥?がいて、子ども達が
ポニーに乗って遊んでる。これが、アメリカのPartyってやつか・・・
遊びっぷりが桁違い。動物園まで呼ぶかー。
こんな大掛かりなイベントの会場が個人宅っていうのだからすごい。
Catieに聞くと、ここらへんの林も合わせて20エーカー(8ヘクタール)あるらしい。
小屋にはバギーがあって、そこら辺の山道をそれに乗って走るんだって。
それにボートも所有してるみたいだった。特にそんなお金持ちの家庭ではないと
思うけど、この生活の余裕っぷりは何なんだろう。

Partyは何かイベントがあるわけではなく、みんな好きに食べて喋って
バレーボールしたりハンモックに揺られてみたり、好きにしている。
これが日本だと司会がいて、さてビンゴだ○○だと主催者は大忙しになるんだ
ろうけど、ここでは主催者も含めて楽しむのがスタイルみたいだ。
人も好きに来て帰っていく。自由〜

Catieは泊まっていってもいいと言ってくれたんだけど、明日が仕事だし
ウォータースライダーで服が濡れてしまったので帰ることにした。
アメリカはモノ的にも時間的にも余裕がある国だとは思ってたけど、
今日は本当にすごいなーと、この人生の余裕と楽しみっぷりにやられた。

トイザラスで$400らしい
大人もどんどん滑る。そしてこんなことに
会場の周りは林と牧場です・・・

brick town 

June 03 [Sat], 2006, 15:14
今日は会社の同僚がオクラホマシティの寿司屋に連れて行ってくれた。
その名も東京。直球だ。

店内では日本人がたくさん働いていて、店に入ると「いらっしゃいませ」だ。
注文するときも最初は英語だったのが、こちらが日本人だと分かると
店員さんも日本語で話してきた。ああこのかんじ、レストランで言葉が全て分かる
ってすばらしい。一緒に行ったアメリカ人の同僚の方が困っている。
こういう立場になるのって心地いい。
店内には日本人のお客もたくさんいるので、店の雰囲気そのものも日本ぽい。
アメリカのレストランとの違い。こうやって見ると日本人は基本の顔が
テンション低い。まあアメリカ人と比べたらそう見えるのもしょうがないか。
私も含めて、日本人は日本人同士になると外でやるようにニコニコできなくなる
気恥ずかしいから。それと、日本人の客が日本人の学生のバイトに文句を
ガミガミ言ってたのがやだったな。うるさー。
webで調べただけあって、味の方はなかなかだった。


その後オクラホマシティ一番の繁華街Brick Townに行った。今までは
昼間しか行ったことがなく、人もいなくてつまらない所だと思って
たけど土曜の夜は大違いだった。運河に沿ってカフェとかバーがずらーっと
あって、バンドが演奏してる。しかも運河にはボートがあって
皆それに乗ってるではないか。ディズニーランドを思い出した。
この街の中にはスタジアムもあって、今日はナイターゲームをやってるようだった。
近づいてみると今日は無料らしく、3Aのレッドホークスという地元チーム
が試合をしていた。小さいけれど緑がまぶしくて、皆楽しそうでいい球場だった。
アメリカの球場といえばの、あのオルガンみたいな音楽と、ノリのいいMC
もちゃんとあった(相手チームの攻撃になると騒ぐことを要求する)。
日本のオヤジな球場も好きだけど、アメリカのこの明るくて劇場みたいな
スタジアムも好きだ。

赤いサスペンダーに白い帽子のおじいさん、超アメリカン

こんなに綺麗な球場で、ただで野球が見れてしまう!

night soft ball 

June 02 [Fri], 2006, 14:35
うちの会社にはソフトボールチームがある(アメリカの話)。
たしか前にオクラホマに滞在したときにメンバー募集をしていた気がする。
そして今ちょうど週2日、2回/日試合をしてるみたい。
前々から見たいと思ってたので、今日は会社の帰りに寄ってみた。
オフィスのすぐ近くに公園があって、今までよく中を見たことがなかったけど
そこには4面くらい球場がある。一般人のためのものなのに電光掲示板つきで
ナイター照明もある。すご。
今日は男女混成チームみたいで、ピッチャーは事務のオバサンだし
社員の奥さんが外野だったりする。でもその女性がうまい。
相手チームの女性も経験者みたいで、筋肉ついて強そ。
アメリカではソフトボールは女性のスポーツなのかもしれない。
思うにこのアメリカの田舎で楽しく過ごす一番の方法はスポーツなのかも。

同じ会社でも、日本の場合はみんな遅くまで働いて夜は寝るばかりの生活なのに
ここではなんて充足した生活!!
その分給料安いけどね。

お昼の嵐 

June 01 [Thu], 2006, 14:35
ランチのために昼休みに車を運転していると、空にはすごい入道雲が出ていて
日本の夏みたいだった。空気も湿っているし本当に日本にいるようだった。
カーラジオも途中で音がプツプツ途切れる。黒っぽい雲が近づいているから、きっと
あの中で雷が起きているんだと思った。オフィスに戻ると周りの人はNOAAの
ウェブサイトでレーダーをチェックしてる。みんな本当にストームが好きだ。
さっきまでは太陽がギラギラしていたのに窓の外はすっかり薄暗くなった。
誰かが窓の外を見て何か言ってる。北東のオクラホマシティの方で積乱雲の雲底が
下に垂れ下がって降りてきている。あんなの初めて見た。きっとあそこでは
すごい風と雨が吹いているんだろう。


もしかしてあのまま竜巻になったりして〜
と思ったがそんなわけはなかった。あんな近くで竜巻が発生するならもっと前から
警報が出てるはずだ。
外はどんどん暗くなって雨が降りだした。あの雲のわりには雷が少ない。
いつもの前線に伴ったストームとはちょっと違うのかな。雨も10分くらいでやんだ。
ちょっと拍子ぬけだ。

気象の会社なのでみんな本当に嵐が好きだ。どんどん人が窓の前に集まってくる。
みなさん仕事の方は大丈夫なんですか〜?

雨が降るときの匂いは日本でもオクラホマでも同じだ。アスファルトが同じだからか。
でも日本を思い出す。

ドリル 

May 30 [Tue], 2006, 14:41
今日は夕飯を食べにチャールストンに行った。
そこでジンジャーエールを頼んだんだけど、飲み終わってから
ウェートレスのお姉さんが何か聞いてきた。「 〜〜〜 ドリル?」
って聞こえた。2回くらい聞いてみたけどやっぱりドリル?
何だろうと思ったらジンジャーエールのおかわりを聞いていたらしい。
ジンジャーエールの発音がどうしてドリルに聞こえるんだろう・・・。

はげんだっつの 

May 28 [Sun], 2006, 14:28
今日は朝からメグ・ライアンの you've got a mailをやってたので見てしまった。
去年の冬から何回見ただろう。このホテルではケーブルテレビのチャンネルが
60くらい見れて映画専門チャンネルもいくつかあるけれど、なぜか同じ映画を
何回も見る。特に今までよく見たのはこのyou've got a mailと
Forrest Gumpだ。両方とも大体内容は知ってるけれど、英語なので
何回見ても会話の中身がほとんど分からない。
私の英語能力はどうしてこんなに変わらないのだろう・・・。
この映画を見ると、ニューヨークに住んであんな風にカフェに行ったり本屋に
行ったりして見たくなる。アメリカの田舎はもう十分分かりました。
次は都会に住んでみたいなあ。

夕方には(といっても8時過ぎ)スーパーに買い物に行った。
8時半くらいでやっと陽が沈む。サマータイムって凄いものだ。
朝から食べたかったチョコミントアイスを買おうとしたら、
棚には例のごとく巨大なアイスクリームが並び選ぶのに困った。
一番小さなハーゲンダッツかホームメイドなんとかというので迷ったけれど、
やっぱりアイスはハーゲンダッツが一番だと思ってそれにした。
棚の中のハーゲンダッツチョコミント味はそれ一つだった。
もの凄く霜が付いて氷の塊になっている。アメリカ人はチョコミントが
大好きなはずなのに売れてないのだろうか?レジのお兄さんもバーコードを
読み取るのが大変みたいでsnow ballとか言って苦笑していた。
それは最後の一つだったんだ、と英語で言ってみたが相手には伝わらず、
お兄さんは申し訳なさそうにsorry,理解できないよ〜みたいなことを言った。
がっくり・・・。

帰ってきて蓋を開けてみるとチョコミントなのに白かった。がっくり・・・。
さすがハーゲンダッツは人口着色料なんか使わないのか。
ん〜、でもチョコミントには緑色しててほしいなああ。
食べてみると、1/2 fatのLightというやつだったので、アイスクリームというより
ミントシャーベットみたいで薄かった。薄い。まあ美味しいけど。
今度はもうひとつの方を買ってみよう。

氷の塊から少し溶けかかったハーゲンダッツLight 1/2 Fat 500ml(スーパーに置いてった最小のアイスクリーム) チョコミント味って日本では売ってないよね。

星条旗のおばさん 

May 27 [Sat], 2006, 14:28
今日は前に動物園の帰りにCattieが連れていってくれたOklahoma Cityの
Penn Square Mallに行ってみた。
前は時間がなくてじっくり見られらなかったので。
前にも思ったことだけれど、このMallの中にある店はNormanにある
Sooner Mallとほとんど同じで、広いぶんだけプラスαで何軒か店が多くある。
ネットで調べると同じ系列のMallのようだ。このひろーい地域の人は
このMallの経営者の手の上で生きてるのね。妙なかんじ。

あとここはNormanにはほとんどいないアジア系の人を多く見る。
買い物客にも店員にも。複合レストランの中にはアジア料理(ご飯+おかず)
の店もあって、とてもいい。Oklahoma Cityにはベトナム人が多く住んでいて
リトル・サイゴンと呼ばれる地域もあるらしいので、そういう人たちかもしれない。
話してるのを聞くと日本人、はいないみたい。

Mall内を歩いていると衝撃的な格好をした白人のオバサンを発見した。もともと
ここら辺の人はほんとーに服に構わない人が多い(男も女もTシャツに
ショートパンツがほとんど。Tシャツもすんごくダサい。)けれど、そのオバサンは
星条旗柄の長ズボン。しかも!星条旗柄といっても左足が赤白の縞々、
右足は青白の☆柄。やばい。目が離せなかった。特に変な人というかんじでもなく、
普通の品のよさそうなご婦人だ。あのズボン、どこで売ってんのかなー。
すんごくいいものを見た気がする。

一日歩いていたら疲れたので、Mall内のGODIVAで5$のチョコリキュール
(フラッペみたいの)を食べて帰った。美味しかったなー。あれ日本でも売ってるのかな。

これでもかと生クリーム。その下のフラッペはさすがGODIVAのチョコレートの味がする!スターバックスとは格が違うのよ。高いぶんだけ。

帰り道に見たかっこいいバイクのお兄さん。アメリカではかんな風にバンダナだけで乗ってる人が一番多い。

この貯水タンクが見えてくるとNormanに帰ってきたという気がする。

このキノコが。

麦畑 

May 14 [Sun], 2006, 14:26
昨日は11時に寝たので9時前に目が覚めた。だけどいつものようにやることが
ないので洗濯をすませてから車で外に出た。天気がいい。
前から気になっていたカフェに行ってみた。french bakery & caffe とか
書いてある。でもここら辺のfrenchとかitalianなんて付く店は、アメリカ人が
勝手な解釈でつけてるだけで他の店と何も変わらないことが多いけれど
(特にイタリア料理はひどい、パスタがだめ、トマトソースも美味しくないし、
ラザニアなんてでかいだけで中は生。イタリア料理は絶対日本の方が上だ。)
この店は前に日本人の人が美味しいと言っていたので期待大。
ケーキとエスプレッソを頼んでみた。エスプレッソはSかLか聞かれたが、
多分アメリカのエスプレッソは薄いだろうと思いLにしてみた。そしたらやっぱり
日本の普通のコーヒーくらいのものが出てきた。アメリカ人はコーヒーばっかり
飲むけど苦いのはダメなんだろうな。ケーキはあまりド甘くもなくて美味しかった。

その後は、また新しい道を求めながら北方面にぶらぶら走ってみた。
今日の道はいつものように牛だらけの広大な牧場を抜けるわけではなく
住宅地の中を続いてた。
一本のまっすぐな道から横に道路が伸び、その先はsunset hillsとか
夢みたいな名前の住宅地が繰り返し出てくる。一つの街の中はどれも
似たような家で、同じような庭がついてどれも新しい。住んでる人はどれが
自分の家だか迷わないのかな。きっと酔っ払ったら間違うだろう。
そしたら撃ち殺されるかもしれないけど。

こんな風に走っていたらまたあのビル群が見えてきた。オクラホマシティまで
来てしまった。最近気が付くとすぐオクラホマシティだ。特に見たいところも
無かったので、美術館の売店にだけ寄ってトイレを借りて帰った。受付の
おばあちゃんがとても優しい。アメリカの博物館や美術館ではこういうシニアの
人達がガイドをしているのをよく見る。ボランティアなのかもしれけど、
日本でもこういう事をすればいいと思う。
帰りはまた同じ道を帰ろうとしたが、気が付いたら1本西を走ってたようだ。
どっちにしろ真っ直ぐ南に走っているのでNormanには帰れる。問題なし。




wichita mountains 

May 13 [Sat], 2006, 14:14
今日は一緒に来てる日本人の同僚の子とWichita Mountains に行ってみた。
平地ばっかりで山が全然ないNormanに一番近い山岳地帯で、
前々から行きたいと思ってた場所だ。
周りは真っ平らな牧場ばかりの高速道路を1時間くらい走るとオクラホマに来て
初めて山っぽいものが見えた。すごい。丘、じゃなく本当に山。
この車、坂道登ったの初めてじゃないだろうか。登れるんだ。
最高でも標高750mくらいなのですぐに坂道は終わった。


見えてきた景色は日本の山とは全然違う。例えるならディズニーランドの
ビッグサンダーマウンテンの岩山に所々緑が生えているようなかんじだ。
乾燥してるせいかあまり木が大きくなく、行ったこともないけれどスペインの
アンダルシア地方ってこんなんじゃないかと思った。


そして、ガイドに書いてったように本当にバイソンがいた。群れで草を食べている。
道路を普通に横断している。1時間走っただけでこの自然は凄いなあと思った。
途中ビジターセンターに寄り、地図をもらっておばあちゃんの説明を受けて
先に進んだ。緩い起伏のある道が続き、ひとつ丘を越えるとまた地平線の先まで
平原とくねった道路が見えてくる。平原にはぽつぽつと牛(テキサスロングホーン
という野生の牛、角が1mくらいある)、エルクがいる。
所々に湖もあって、それがまた日本の湖とは全く違っている。たぶん
周りに木がないせいだ。アニメとかゲームとかに出てくる作り物の湖のようだ。


車を降りて山にも登ってみたが、サボテンが生えてるあたり本当に日本と違う。
山にサボテン。
ここがどこに一番似てるかというと、風の谷じゃないだろうか。ビッグサンダー
マウンテンだったり、風の谷だったり、ここは日本人が想像する架空の荒野そのものだ。


ネイティブインディアンバザー 

May 07 [Sun], 2006, 16:00
ホテルの近くにJacobson Houseというネイティブ・アメリカンの小さな博物館
がある。そこでちょっとしたバザーとお話の会をやると聞いていたので行ってみた。
ん〜確かにネイティブインディアンぽい人が沢山いる。
彼らの顔は私達と同じモンゴロイドだけど明らかに違う。よく観察すると、
まずは顔が黒いし鼻が違う。彼らの鼻はほぼ例外なく鼻筋が真っ直ぐ
通って、しかも大きい。だけど白人とは違って丸顔(ここはモンゴロイドっぽい)。
歳をとると皆太るみたいだ。
彼らの作る色んな民芸品を見たくて行ったんだけど、売ってるものは
大して珍しくはなかった。世の中にはインディアンジュエリーとか溢れてるしなあ。
きっとここで売ってるものも、どっかから仕入れた物なんだろう。
ドリームキャッチャーも売ってたけれど、これだって日本でも買えるものだ。
ちょっと期待外れーと思っていると、衣装を着た人のダンスが始まった。さすがに
これは見ごたえがあった。
さっきまで白人となんら変わらずに英語でぺらぺらしゃべってたおじいさんが
突然 ア〜♪ と唸り始めると、なんだかさっきまでのは嘘で、
やっとこっちが本領といったかんじでピッタリはまる。響く声がかっこいい。
特に踊り自体は大したものではないんだけれど、民族衣装を着た人そのものの
きりっとした姿が素敵だと思った。


羽やら冠やらでめいっぱい飾りたてたおじさんの舞。衣装は化学繊維で作っているからかやたら発色がよく、赤・青・白でまるで星条旗だった。博物館や映画で見るような昔ながらのやつを着て欲しかったなあ。これだと派手すぎてちょっとチンドン屋。


彼らはそれぞれ違う部族らしく、一人が笛を披露するときは他部族がマイクを差し出す。これぞ助け合い。きっと昔は争ったりもしたんだろうに。
アメイジング・グレイスを吹いたのにはちとがっくり。何もこんなときまで周りのウケを考えなくても・・・。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みさっき
» 萌いちご (2006年05月03日)
アイコン画像
» なごりおしくて (2006年02月14日)
アイコン画像お父さん
» sushi (2006年01月29日)
アイコン画像お父さん
» New York 旅行準備の日 (2006年01月15日)
アイコン画像お父さん
» またLEGENDにいきました (2006年01月05日)
アイコン画像お父さん
» 草原が燃えている (2006年01月05日)
アイコン画像maki
» とくに何もなしの日 (2005年12月31日)
アイコン画像留年ヨネ講座
» まくらが増えてる (2005年12月26日)
アイコン画像maki
» またLEGENDにいきました (2005年12月22日)
アイコン画像留年ヨネ講座
» ステーキ屋さんの日 (2005年12月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:motomachi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる