夏の終わり 

August 30 [Thu], 2007, 22:40
テレビの寿命が尽きようとしている。

以前から4chが映らないし、勝手にスイッチが切れてしまう状態だったがその切れる頻度がもう半端じゃない。
特に映画を観ている時に切られると本当に困る。
切れてまたすぐスイッチが勝手に入ることは入るのだがだんだんその復旧するタイムラグが大きくなってきている。
もう限界らしい。
この時期、セミが否応なしに死にゆく様をよく路上で見かけるが、うちのテレビの死にゆく様を今まさに目撃しているのだろうか。
まぁ、こんな事はどうでもいい事で、テレビでニュースを観ていると本当にロクなことない。
妊婦さんが病院にたらい回されて死産したとか、闇サイトで知り合った男達に女の人が殺されたとか、ギリシャで山火事が全土に広がってるとか、北極の氷が溶けちゃってるとか政治とか朝青龍とか....
相撲は昔から好きで朝青龍はけっこう好きなお相撲さんなので今回の件は残念。
でもひょっとしたらもうダメなのかも知れない。

世の中あらゆるジャンルで悪い方向に向かってるような気がしてくるのでテレビでニュース見てると精神衛生的に良くない。
しかしたとえ目をつぶって耳をふさいでも事実は存在している。
嘆いたり腹立つことがあるならやはり正面から知っていくしかないです。
そのうえで周りのせいにせず自分の努力で心穏やかにしていくしかありませんね。

心を穏やかにするための助けとして最近よく聴いてるのが、



上 ドロレス・オリオーダン
下 ミニー・ドライバー

ドロレスのこの新作はまた何故かドライブしながら聴くのが良さそう。
なんとなくそう感じます。Don't think.Feel!
クランベリーズ時代よりアクが取れたような感じ。
あの独特の歌いまわしは健在だけど聴きやすいです。
ミニー・ドライバーは初めて聴いてみました。
仕事中、いつも聴いてるJ-WAVEから1曲流れてきて即効で気に入ってしまってこのアルバムを手に入れました。
自分の好みにかなり合ったアルバムです。当分聴きこみそうです。

さて、明日はモータープールのライブです。
これらのCDで心落ち着かせ、お盆休み中に見た流れ星を胸に、先日観た丈さんのビアガーデン・ライブでもらったパワーを糧にして頑張ることにしますです。

なんか大げさかな?
せめて楽しめるライブにしたい。


そろそろこのブログもアクセス数が10000になります。
こんな駄ブログでも見てくれた人達のおかげです。
ありがとうございました!
10000をクリアーしたら新しいブログに変えてみようと思ってますので今後もどうぞよろしくお願いします。

同い年 

August 25 [Sat], 2007, 22:05


チャーリー・セクストン 「明日への轍」


先日、たまたま読んだギターマガジンに彼のインタビューが載っていて新作が出ていることを知ったのでこの前の渋谷でのライブの本番前に入手しました。

チャーリー・セクストンなんて今の人はほとんど知らないだろうけど自分が高校生の時に洋楽好きの間では話題になってました。
類稀なる才能の持ち主みたいな触れ込みで17歳でデビュー。そう、まさに自分も高校2年生。
「ビーツ・ソー・ロンリー」って曲、知らないだろうな〜。
ちょっとパンクっぽさもあって(実際、本人も好きらしい)友人達と聴いてました。
挙句に文化祭でさっそくコピーしましたよ、こちトラ。

それ以降、まったくほぼ完全に存在を忘れてました。
何故なら「ビーツ・ソーロンリー」の後「インプレスト」って曲だしてぷつっと消えてしまったので。
自分の記憶では90年代に一度、ロッキン・オンだかなんだかにインタビューが出ていて読んだことがあった。たしかバイクで事故って手首を骨折したとか。ギタリストは気をつけないと!
その後、記憶違いでなければたしか「テルマ&ルイーズ」って映画を観たらチラっとパブで歌ってるシーンがあってビックリした。

そして今の今までまた忘れてましたがまた雑誌で存在を思い出されてこうしてCDを買ってしまいました。

なんとも渋い、且つ温か味ある作品です!
歌声が全然違う。17歳のあのイメージはまったく無い。当たり前か。
なんと17歳当時の作品「インプレスト」を渋くセルフ・カバーしていてこれがまた良い。
ついでに「ビーツ・ソー・ロンリー」もやってほしかったかな。
本人が好きだとゆうコステロらしさが出てる感じもありますがホント渋い作品だな〜。
でもこれがルーツなんでしょう。
なんとなくですが誠実にやっているように思えます。何故ならこのアルバムには時代に合わせて何かを狙ってるような感覚がまったくありません。

誠実、それが大事ですね。


千円多い 

August 21 [Tue], 2007, 20:47
早く涼しくならんかのう。
今日は嫌な暑さだった。
仕事で大汗かいて熱中症寸前。
でも夕方陽の落ちるのが確実に早くなってます。
秋近し、とはまだしばらくいかんでしょう。



自分が夏によく聴くCD2枚、プラス夜によく聴くCDです。

イルカのジャケがオレンジ・ジュースの「you can't hide your love forever」
真ん中がブルーベルズの「sisters」
真っ黒なのが日本のICEで「midnight skyway」

オレジューとブルーベルズはUKネオアコバンドの代表的バンド。
何故かこの2枚は夏に必ず聴きたくなるアルバムです。
オレンジ・ジュースはベースがちょっとつんのめり気味で弾き過ぎかな?ギター・カッティングもなんかあわただしい。けどメロが良いです。できればソウル、R&B系のアーティストに落ち着いてカバーして欲しい。特にこのアルバムの1曲目をコリーヌ・ベイリーレイとかにカバーして欲しいかな。
ブルーベルズはもう完璧です。アズカメと並んで自分のフェイバリットです。
そして我らが日本のICE。
このアルバムしか持ってませんがこのアルバム、最高だと思います。
タイトルが示すように夜のドライブにぴったりなんじゃないでしょうか。
いまだ車でこれを聴いたことはないですがきっと良いと思います。
自分の車にはちょっと似合わないかな?これはアメ車でもヨーロッパ車でもなくずばり国産車のスポーツカーがきっと似合いますね。
今はもっぱら部屋で夜じっくり聴いてます。
ところでICEは活動してるんでしょうか?Voの国岡 真由美(字合ってるかな?)さん、俺と同い年です。

ところで今日仕事から帰ったらちょうどアマゾンからCDが届いてふと気がつけば会計の際のおつりが¥1000多い!
ラッキー!ネコババ?
いやいや、すぐにアマゾン経由で連絡してちゃんと返しました。

毎日夕焼け空観賞 

August 19 [Sun], 2007, 0:21
今週はたっぷりと休みを取りました。
この期間中に河口湖か諏訪湖あたりまでグランド・マジェスティで走りたいなと思ってましたが40度近い酷暑がずっと続いたので実現に至らず。
これだけ暑いとエアコン効かせた車でないと死にます。
あるていど山間部に行けば少しは涼しいだろうけど、そこにたどり着くまでに熱中症発症ですね。
なのでほとんど家から出ず終い。
結局、例年と同じ。
でも今日は涼しかったので多摩川沿いを走ってきました。
都内では好きな道です、緑が多くて割と空いてるので。
しかし今日は二子玉川周辺で花火大会があるみたいで3時を過ぎた頃から渋滞し始めたのでした。

休み中にまた3本、映画DVD観ました。
「スコア」
Coishikawaさんにエドワート・ノートン出演作品で教えてもらっていたので観ました。
主演はロバート・デニーロ。
「ヒート」みたく犯罪計画成功寸前でオシャカになっちゃうのかなと思いきやエドワートよりロバートの方が一枚上手でした。
ロバートのタフさ、強者ぶりが目立ちます。
タフさ、強者といえば「ケープ・フィアー」のロバート・デニーロもすごくて好きです。
「武士の一分」
やっと借りられました。
武士とゆうより「男」の一分ですね。
良い作品です。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」
タイトルで先ず気になっていました。
チェ・ゲバラの伝記だとは知らなかった、しかもバイクで南米大陸を旅していたとは。
まぁ、バイクはアルゼンチンからチリに入ってすぐぶっ壊れてしまってその後は徒歩なんですが。
でも医学生の彼がこの旅で貧しい人々を目にして何かに目覚めその後キューバ革命に関わることになる。
彼は1967年に暗殺されたそうだが彼の意思はキューバの医療にしっかり残っているようです。
最近知ったんですがキューバでは外科手術やガン治療までも無料だそうです。

しかしバイクに乗ってる自分としてはこの映画のようにバイクで旅するってことに惹かれる。
今はビッグ・スクーターだけどまた以前のSR400に乗りたくなってしまった。
今度は限定解除して大型に乗りたい。
来年、挑戦してみようかな。


CRASS 

August 10 [Fri], 2007, 0:15
この時期といえば「広島」「長崎」。

同時に個人的に思い浮かべるバンドがあります。

「CRASS」。

和訳すれば「愚鈍」とゆう名のこのバンドはかつて80年代初頭にイギリスで精力的に活動し話題も振り撒いたパンクバンドです。

このCRASSの曲に「NAGASAKI Nightmare」とゆう曲があります。

まさに原爆について歌われた曲です。

この曲を初めて聴いたのはたしか高校生の頃だと思いますが本当に衝撃を受けました。

イントロが尺八のような音色と日本語による朗読で、パンクっぽい曲を予想していたので先ずここで意表をつかれます。
徐々に朗読がフェイドアウトして鐘の音が高まりそれもフェイドアウトするとまるで琴のような音色のギターが聴こえ土着的なリズムのベースがはじけだし、か細い女性Voが歌い対照的なダミ声のコーラスが掛け合いだします。
そして突然リズムは途絶えうめき声のようなVo、掻き毟るようなギター、後半は性急なリズムで女性Voが叫び、エンディングは鐘の音で終わるとゆうまさに当時の長崎で起きたであろう地獄絵図を現しているかのような曲です。

核爆弾の恐ろしさが伝わってきて本当に衝撃を受けた曲です。

修学旅行で広島に行ったので原爆資料館で目の当たりにした悲惨さも記憶に残っていますがこの「NAGASAKI NIGHTMARE」を聴いた時のインパクトもかなり大きかったです。

このCRASSをはじめ当時のイギリスのインディーのハードコアパンクバンドの多くは「反戦・反核」をスローガンにしていました。
当時の雑誌でもよくパンクスによる「反核」集会の記事を目にした記憶があります。

そのイングランド・パンクス達の本気がまさに伝わるのがCRASSであり「NAGASAKI NIGHTMARE」だと思います。

核兵器は無くさなくてはいけないですが先ず戦争がおきないように人間がなれたらなと思います。

でもそれはまるで月を手づかみにするようなことなのかもしれませんね。

午前1時のセッション 

August 05 [Sun], 2007, 2:32
昼間はクソ暑いので日が落ちて夜になってから用事をすませようと駅前へ。

今、阿佐ヶ谷は七夕祭りの真っ最中。

ちょっとあてられてなにげなく覗いた「ASHI ASHI」。

軽く2,3杯マッコリビール飲んで帰ろうと思ってたら気がついたらギター持たされて何時の間にかブルースセッション・スタート!

これがなかなか面白くて何曲やったかわからないけど真夏の真夜中に数人で盛り上がりました。

「DAISY」のVoマッキー氏の即興パフォーマンス、細野君のブルース・ハープなど素晴らしい時間でした。

脳内メーカー 

August 04 [Sat], 2007, 0:11



これが本当の俺です?

好きな景色 

August 02 [Thu], 2007, 0:12


雲が燃えるような夕焼け空でした。
自宅のベランダに椅子を持ち出ししばらく眺めました。

くるしみの夏 

July 31 [Tue], 2007, 23:56
地震と台風の7月も終わり。
自分自身も春先から梅雨にかけて地球が割れんばかりの現象を味わった後の夏、新たな歩みを刻み続けようと努力の日々です。
そんな今月は割と時間があったので久しぶりに映画のDVDを6本ばかり借りて観ることが出来た。
その中で一番印象的だったのは「モディリアーニ真実の愛」と「Rock again」。
ずっと昔に映画館に観に行った「Mバタフライ」とゆうジョン・ローン/ジェレミー・アイアンズ主演のDVDが店に置いてないのが残念。
自分で録画してある「グラン・ブルー」も久しぶりに観た。
ジャン・レノが良いです。
彼が映画のなかで乗ってるのはポンコツなフィアット500。ルパンでもお馴染みのあの小さいかわいいヤツ。
そのフィアット500が近々リニューアル・モデルで復活するみたいだ。
フィアットのHPでちらっと見れるそのイメージはなかなかかつての500を踏襲しているようでネオ・クラシックな感じだった。
話が脱線。
とにかく今は美しいものが観たい。
映画でも絵でも景色でもいいから。
今はそんな気分です。
どうやら心がかなり汚れてしまっているようです。
8月はお盆休みがあるからその時にまたリフレッシュするぞ!
バンドもがんばらなくちゃ。



只今、スライド猛練習中。

久しぶりでした 

July 20 [Fri], 2007, 23:00
昨日は久々に251でのライブ。
夜の部で出演したのは10年ぶりくらいだと思います。
その10年前は何をやっていたかといえば、スワンピーなフォーク・ロックっぽいバンド。
昨日と同様、何かの企画で出ました。
そういえばその当時も昨日使ったギブソン・レスポールJrで出演したのを思い出した。
10年経って少しは音が良くなったかな?
そのフォークロックバンドの以前にもその数年前にギターポップをやっていた頃にも何回か出ています。
たしか251は昔、代々木にあった「チョコレート・シティ」とゆうライブハウスが下北に移って来たのが始まりのはず。
当初、下北「チョコレート・シティ・レッド・ホット」って名前だったと思う。
でもすぐに「251」って変わったんじゃないかな。
ちなみに「代々木チョコレート・シティ」にもパンクを引きずっていた頃、出演しましたっけ。



昨日のライブ同様、10年ぶりくらいに最近よく聴いているCDです。
一番上の「ART PEPPER」
ジャズはCDはこれしか持ってません。ギタリストのウェス・モンゴメリも持ってますがレコードなので滅多に聴きません。お気に入り俳優「BARRY PEPPER」の「PEPPER」つながりで引っ張り出して聴いてます。お酒が、しかもウィスキーとかが似合う感じ。自分の好むマッコリとかじゃダメですね。
二番目の「Les Nuits Fauves」は「野生の夜」とゆうフランス映画のサントラです。
この映画、それこそ10年以上前ですが観てとても気に入りました。
その下の「AUTOUR DE LUCIE」はフランスの女性Voのバンド(ユニット?)です。
上のサントラとフランスつながりで引っ張り出して聴いてます。
UKインディーネオアコ・ギターバンドのフランス版といった感じでしょうか。
そのとなりは日本の「エスカレーターズ」。
70’ソウルのポップバンドですね。今は解散してしまったのかな?
R&Bブームより以前だったのでブレイクしませんでしたね。
でも当時大好きでライブも何回か行きました。
VoのZOOCOさんが割りと演歌っぽいところがいいです、無理に黒人っぽく作ってなくて。
この当時、自分はベーシストもやってましてこの「エスカレーターズ」のベース、カワニシさんにかなり影響受けましたね。この人、ギタリストからの転向だそうです。
そして一番下、「Les Paul & Mary Ford」
このレスポールの音、最高です!
プレイもすごい。カントリー、ヒルビリー系の曲でかっこ良いです。
奥さんのメアリーさんの歌も良いです。古き良きアメリカ、そんな感じですね。
これは自分が昔、ギターのレスポール(スタンダード)を購入するきっかけになりました(今は売っちゃってありませんが)。
このプレイスタイルが「リンク・レイ」にも通じると思い、ガレージ系も聴きましたね。
レスポールギターといえば自分ではピストルズのスティーブとゆうイメージでしたが本家レスポールさんにはかないません。最強でしたね。
どれも久々でたいへんよろしいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:KOJI
読者になる
11月23日生まれ A型 天王星人+
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像KOJI
» 同い年 (2007年08月27日)
アイコン画像KOJI
» 同い年 (2007年08月27日)
アイコン画像Coishikawa
» 同い年 (2007年08月26日)
アイコン画像KOJI
» 毎日夕焼け空観賞 (2007年08月21日)
アイコン画像RAY
» 毎日夕焼け空観賞 (2007年08月21日)
アイコン画像KOJI
» 毎日夕焼け空観賞 (2007年08月20日)
アイコン画像やう
» 毎日夕焼け空観賞 (2007年08月20日)
アイコン画像KOJI
» 毎日夕焼け空観賞 (2007年08月19日)
アイコン画像RAY
» 毎日夕焼け空観賞 (2007年08月19日)
アイコン画像KOJI
» JAPANESE VINTAGE (2007年07月11日)
Yapme!一覧