抗菌とは? 

November 21 [Sun], 2010, 12:02
抗菌とは、最近の増殖を抑えたり殺したりする働きのことです。
また、抗菌の他に殺菌・抗生・防カビなどと同じ意味としても使うことがあります。

抗菌剤は主に無機系と有機系にわかれていて、最近では無機系抗菌剤が注目されるようになってきましたね。

無機系抗菌剤と言えば、銅や銀、亜鉛化合物や触媒などのイオン作用を利用したものになっており、最近では銀イオンが有名だと思います。

ちなみに、台所の排水溝のところに5円玉とか10円玉を入れておくとカビの発生が抑制される・・・と言う小技がありますが、それは、この金属イオンの効果によるもののようです。


抗菌加工をすることで、菌や細菌、カビの繁殖を防ぐことで病気の予防や物の腐食防止を行うことが出来ますし、無機系の場合、効果が長続きするものが多いので手軽に出来るものでもあります。

また、菌や細菌、カビの繁殖によって発生する異臭もあるわけなので、抗菌剤はそのような臭いをを防ぐ、消臭効果も間接的に併せ持っていることになります。

ある意味、抗菌剤は消臭剤の上にいる存在と言うことでしょうね。
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧