次回公演決定しましたー 

2012年04月30日(月) 15時35分
どもども、お久しぶりです!

前回更新から、あっという間に雪が降り、
雪がとけて、
風が春めいたと思ったら、
桜満開春爛漫。
季節の移り変わりというのは早いものですねえ。

昔は毎日のようにパソコンに触っていたのですが、
ここ最近はスマホという便利なものができて
仕事ぐらいでしかパソコンに触る機会がありません
それにともなって、ブログの更新もますますとどこってます!
ごめんなさい!

お芝居関係のいろんな記事があったのに、
全部twitterで済ませてます…
劇団での様子は、劇団のブログにたまに書いているので
そちらを見ていただけると!

劇団のほうですが、
次回公演決まりましたー。

キャラメルボックスさんでやった
「きみのいた時間 ぼくのいく時間」
です!
昔、テレビで劇場中継か何かをみたことがあるので、
見たことがある方も多いんじゃないかな、と。
まあ、うちはうちらしくやるんじゃないでしょうか。
小説が元になった舞台です。
原作は「黄泉がえり」で有名な梶尾真治さん。


会場や日時、キャスティングなども大方決まりまして、
一気にいろんなものが動き出してあわあわしております。
主に、制作やらスタッフ作業のほうがあわただしいですね。
宣伝のチラシは、今まさに動いているところですね。
どんなものができるのか楽しみです♪

うちの劇団は小さいので、
みんながみんなキャストやりつつ、スタッフやりつつ、という感じなんですが、
人数が少ない芝居なんかだと、スタッフが多くなるので
作業に余裕ができるんですよね。
しかし、今回はほぼみんながキャストなので、
今から本番前まで、あっぷあっぷするのが目に見えます(笑)
できるだけ慌てないようにがんばろー。
慌てると大体ミスするんですよね、私。

前回の夏公演では、
ほとんどずっとカメラマンをしていたので、
今回ひさびさにみんなとやれるのが楽しみです。
新しく入った子や、今までタイミングが合わなくて一緒にやれなかった子と
一緒にお芝居できるはじめての機会なので
楽しんでやっていきたいですねー。
あんまりみんなと絡めない役ではありますが…。
そこは、まあ、ダメだしで絡んでいこう(笑)

そんなわけで、次回公演もよろしくお願いします



------------------------

劇団はちのす第22回公演
「きみがいた時間 ぼくのいく時間」

原作:梶尾真治/脚本:成井豊

場所:秋田市文化会館 小ホール

日時:2012年9月29日(土)18:00開演
           30日(日)13:00開演
(※開場は開演の30分前)

オレカバ再演終了! 

2011年11月12日(土) 10時05分
オレカバ再演も無事に終了いたしました!
ご来場くださった皆様、ありがとうございました♪

終わってから更新するまで時間がかかって申し訳ないです><
公演終わって、次の日から普通に仕事で、なんとなく1週間たってしまいました・・・
仕事を言い訳にしちゃいけないですね(´・ω・`)

公演前は毎日のように稽古があって忙しいのですが、
終わると一気になにもなくなって、暇をもてあまして無駄にダラダラしてしまいました。
録画してたドラマを一気に見たり(笑)
ちょうど仕事が忙しい時期なので、仕事に没頭できたのもあるのかなー?


一週間も前になりますが、オレカバの思い出話など・・・


再演を迎えるにあたって、初演との一番の違いは
なんといっても会場!
初演を行ったドリームワールドは、
劇場のように閉ざされた空間で外からの音がほとんどなく、
日常に近いひっそりとした芝居のシーンでも、問題なくお客様にせりふが聞こえたと思うのですが、
再演をやったFONTE 6階はさまざまな音が飛び交っていて、なかなか難しい環境でした。

空調のゴウゴウという音、エスカレーターの「足元にご注意ください」というアナウンス、
部屋として区切られているわけではないので、隣接する施設からの音も入ってきました。
声を大きくして不自然にならないシーンでは問題ないのですが、
後半、佳境に入っていくにつれ、静かな芝居が多くなったりすると
どうしても聞き取れないせりふなどがでてきて、お客様のストレスになったんじゃないかなー、なんて。
(まあ、後半の松島はほぼ空気なので、私にはあまり関係ないっちゃ関係ないのですが・・・)
芝居中、いすをギシギシする音や、おしゃべりする方もいらっしゃらなかったので、
集中して見ていただけたのかなー?
だとしたらよかった!(`・ω・´)


このたび再演をやるにあたって、通し稽古をベテランの演劇人の方に見ていただいて、
さまざまな意見をいただきました。
やはり長年やっている方たちなので、とてもためになるアドバイスをいただけました。
ほんと、いい経験をさせてもらったなーと思います。
特に私は、合同公演やら、客演やら、劇団外の方々と交流する機会をことごとく逃しているので、
(合同公演のときも、客演で外部の方がいらっしゃったときも、ちょうど劇団を離れていたので・・・)
これをきっかけにお話を聞けてとても嬉しかったです。
普段、比較的若い人たちとばかりお芝居を作っているので、
両親と年齢が近い方々の芝居の見方が知れて面白かったし、ためになりました。
あとやはり、学生の頃に講義受けてて思ったけれど、ベテランの人ほど話するのがうまいね!
噛み砕いて説明するのがうまいというか、なんというか・・・
例えがうまくて、理解しやすい!
私もそんなふうになりたいなあ。

演劇でもなんでも、表現というものは、お客さんの目にさらされてナンボ。
見られないと成長しないものだよなあと思いました。
(あくまでも私の意見ですが)


結果として、初日、二日目ともたくさんのお客さんに来ていただいて嬉しい限りです。
初日は席が足りなくて増やし、終了後に二日目に備えて会場を広くして席数も増やしました。
二日目は満席とはいかなかったものの、それでも前日を越える観客数で、喜ばしい限り♪
初日幕開き前に、「おれ、10人くらいしか来ないと思ってました・・・」といっていたのは最年少のセイですが。
あたしもそう思ってたよ!(゚Д゚)
あとで、連盟事務局長も「30人くればいいと思ってたなー」と。
予想以上のお客様の数でした。
再演だから、1回見たからいいやーとなるのかと思ったけれど、
意外に、初演も見たけど再演も、というお客様もいらっしゃったようですね。
ん・・・つまりは関係者ってことなのかな??

再演は無料公演だったので、私も職場で宣伝しやすかったですねー
気軽に「見に来てください」といえるので、その点ありがたかったなー。
実際、職場の人、来てくれたしね!
「次はちゃんとしたの見に行くから!」と言ってもらえたので、満足です(^ω^)
実は私、作中の松島そのままに、今年の初めに職場でケータイをトイレに落としたことがあるのです。
職場の人はそれを知ってるので、公演後に「ケータイ、トイレに落とさないようにね!^^」ってメールをもらいました。
'`ィ (゚д゚)/もうしません!

ケータイ、トイレに落とすと、「・・・あー!」ってなんとも情けない声が出るんですよね。
なんか自分でも笑えましたよ、ほんと。
人間、こんな情けない声でるんだなーと思って。
次は絶対防水にします!

だんだん話しにとりとめがなくなってきたので、このへんで!
なにか言いたいこと、聞きたいことがありましたら、コメントでも、ツイッターにリプライでも頂ければ
答えられる範囲で答えたいと思います。

そんではまた〜( ´Д`)ノ~バイバイ

オレカバ再演 

2011年10月23日(日) 12時25分
どもども!
最近、「GLEE」という海外ドラマにハマって
洋楽が歌えるようになりたい私です!
ブレインかっこいいよ!ブレイン!( ゚д゚ )

つい先日、合同公演で行ったオレカバですが、
好評につき(?)、再演することになりましたー
今回は合同ではなくて、秋田県演劇連盟主催となっております。
入場料無料ですので、
前回見れなかった方も、
前回見ていいなと思った方も、
気軽に来ていただければと思います☆

↓↓↓詳細



『俺の屍を越えていけ』
作:畑澤聖悟

【会場】
秋田駅前 「フォンテAKITA」 (旧イトーヨーカ堂)6階
国民文化祭サテライトセンター 特設会場

【日時】
2011年11月5日(土) 17:00〜
         6日(日) 14:00〜

【チケット料金】
無料/全席自由

【あらすじ】
=========================================
秋田市に本社を置く老舗の放送局。

小会議室に、各部から選抜された6人の社員が集められた。
いずれも入社5年目以内の若手である。
彼らは社長より密命を与えられていた。

「リストラする管理職を1名、若手社員の代表による話し合いで決定しなさい」

それぞれの思惑が交錯する中、6人は気の重い話し合いをはじめるのであった...
=========================================


【キャスト】
加藤 順平
加藤 母都子
加藤 麻弓
川上 舞
高橋 寛志
谷村 生(フリー)


ただいま、再演に向けて稽古中です〜。
回数をこなしてたら、だんだんとなれてきて、
新鮮味がなくなってきた稽古場でしたが・・・

先日、秋田県の演劇首脳陣がいらっしゃいまして、
厳しくもためになるダメだし、感想を頂きまして
やる気出てきました!

せっかくもう一度チャンスをもらえたんだから、
できるだけ面白いものを作りたいよね!うん!

というわけで、よろしければ是非♪

オレカバ終了! 

2011年10月06日(木) 20時42分
おひさしぶりです!

劇団はちのす×シアター・ル・フォコンブル×渡辺源四郎商店
「俺の屍を超えていけ」作・演出/畑澤聖悟

無事に終了いたしましたー(∩´∀`)∩ワーイ
よかったよかった・・・(´;ω;`)ウッ…

ご来場いただきました皆様、大変ありがとうございました(^ω^)

アンケートたくさん書いていただけてうれしいです!
これを糧に次回もがんばるぞー(`・ω・´)

今回、実に2年振りにやったわけですが、
口は回らないわ、
体はついていかねーわ、
本番直前、緊張しすぎて具合悪くなるわで、
けっこう散々でした><

やってないと、感覚って鈍くなるもんですね〜

せっかくのすばらしい企画なのに、リハビリみたいな感じになってしまって
すごく申し訳なく思っております(´・ω:;.:...

次はなんかもう、こう、すげえやつを!
すげえやつをね!!

(`・ω・´)

うん!






久々に舞台に立ったせいか、
インパクトがものすごくて、
しばらく舞台に立ちたくありません(笑)
でもきっと、やらなきゃやらないで物足りなくなるんだろうなあ。

私はまだまだ未熟者で、芝居はつたないし、
心がとっても弱くてすぐ折れそうになるけれど、
少しでもお客さんに楽しんでいただけるものを作れるようにがんばっていきたいです。

それではまた!
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新こめ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もん
読者になる
秋田市を中心に活動するアマチュア劇団「劇団はちのす」に所属

芸歴:
幼少時、タップダンスを習う。
高校で演劇部に所属。
大学で演劇サークル立ち上げ。
在学中に劇団はちのす入団。
就職し、芝居から離れる。
2007年春、転職して劇団復帰。
2009年秋。体調不良にて、退団。
2010年秋。劇団復帰。

出演作品(@劇団はちのす):
「パンドラの鐘」コロス役
「スイッチ」良子役
「裏切り御免!」もん役
「哀粧」マリ役
「ヒトミ」あつこ役
「絢爛とか爛漫とか」正田薫役
「きみがいた時間 ぼくのいく時間」萩原芽以子役

2011年秋
はちのす×ルフォコン×なべげん合同公演
「俺の屍を超えていけ」松島役
2011年秋
秋田県演劇連盟主催
「俺の屍を超えていけ」松島役

まだまだ駆け出しですが、よろしくお願いします!

---次回公演
ちょっと客演で呼ばれているので、はちのす公演はスタッフしてます。
受付で会ったらよろしくお願いします♪
(2012/12更新)
blogram投票ボタン