男とか女とか、そんなに大事なこと?(ドゥ〜ドゥ〜)

June 02 [Fri], 2017, 11:33
 
 
『早く起きろよ
そよ風が気持ちいゼッ☆』
 
 
あ、おはようございます。
前回更新してから全くしてませんでした。
てへぺろ
 
タイトルは
セーラームーンの天王はるかの
セリフなんですが
とても共感できるところがあるな、と
 
そんなわけで
今回は「性」について
 
 
わたしはですね
男性に興味がありません
もちろん男性が嫌いとか
そういうことではございません
下ネタも大好きです(?)
 
なのでつまり、
女性が好きなわけでもないです
興味もないです
身体以外(?)
 
私が興味あるのは
好きなのは
「人間」なのです。
 
....どっかの情報屋みたいなことゆーてますが
 
もちろん
男性ならではの習慣・生理現象
女性ならではの習慣・生理現象
男女の身体の違いなどなど
そういうのはとても興味があります
女性の身体の神秘的なとこも
私自身二回出産してますしね
 
単純に面白いなあ、すごいなあ、と
 
じゃあどういうことなのか
 
私が好きなのは人間、謂わば個性
そこに性別は私にとって必要ないのです
 
男だからどう
とか
女だからどう
とか
これっぽっちの興味もございません。
 
 
....という考えが
いつの間にか私にはできていました。
なのであまり
性別に囚われることがなかったのですが、
ネットでいろんな人と関わったり
見かけたりするようになって
「性」に翻弄される人が多いことを知りました
 
もちろんそれが悪いとか嫌だとか
そういうことではないのです
ただ、こんなにも違うのか、と。
 
好きな俳優さんは?
って言う会話、よくありますよね。
私にも好きな俳優さんはいます。
でも好きになる理由は顔というより個性が多い
なのであまり共感されることが少ない...
ちょっぴり寂しい( ´・ω・`)
 
ツイキャスでも
「性別」が大いに関わってくるもので
見ていてたまにモヤッとしてしまいます
 
でもふと考えると
私の放送を聴きに来てくださる方の男女比率は
どちらも半々くらいなので
とても嬉しいもち米太郎なのでした。
 
 

コンプレックス

May 22 [Mon], 2017, 3:39
 
 
コンプレックス
 
  1. 精神分析で、感情の複合。現実の意識に反する感情が抑えつけられたまま保存され、無意識のうちに現実の意識に混じり込んでいるもの。強迫観念や夢はこの複合が象徴的に現れたもの。特に、「インフェリオリティー コンプレックス」(劣等感)の略。
     
    改めてコンプレックスの意味を調べたら、
    何言ってるか分かんねえ(白目)
     
    まあそれは置いといて
     
    『コンプレックス』
    簡単に言えば自分の嫌な部分
    顔や、身長や体型そして性格など
     
    私にとってのコンプレックスは
    声です。
     
    今や声真似や歌などで
    声を使って芸を披露することが増えましたが
    私は自分の声が好きじゃないです。
     
    低いし
    かわいくないし
     
    『声かっこいいですね』
    『いい声ですね』
    『声低い女の人かっこいい!』
     
    とっても嬉しいですよ
    そう言っていただけるのは
     
    でも
    やっぱりかわいい声に憧れます。
     
    ああいう声で歌ったら人気になるのかなあ
    とか
    安易ですが、そんなことも思っちゃいます
     
    まあ、ないものねだりですよね。
    うちの枠に来てくれるリスナーさんは
    『もち米さんの声がすき』とか
    『歌がかっこよくてすき』とか
    よく言ってくださいます。
    ほんとうに嬉しいです。
     
    この声でも良かったのかなって
    思える時が増えました。
    皆さんのおかげです。
    謝謝。
     
    でも、たまにでいいから
    『かわいい』って
    言ってね。
     
    なんちって
     
     
    もち米太郎
     
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:もち米太郎
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/motigome1003/index1_0.rdf