タイガー&ドラゴン『芝浜』 

April 15 [Fri], 2005, 23:26
待ちに待った連ドラ!

正月SP『三枚起請』はながら見でついていけず、
最近の再放送で大ハマリ。
深夜の『木更津キャッツアイ』の再放送でテンションを上げつつ
待ちに待ったタイガー&ドラゴン第1回

やっぱりおもしろかった
若干『芝浜』の本筋からは苦しい展開ではあったけど、
どん兵衛師匠もつっこんでたけど。
の掴めないキャラがすごいおかしい。
師匠⇔弟子/債務者⇔債権者
を行ったり来たりする2人の関係と、
ヤクザ⇔噺家
を行ったり来たりする虎のキャラ

ひとつひとつの小ネタはすごいしょうもないのに
流れで笑ってしまう…。クドカンマジック…
Mのタトゥーネタまだひっぱるとは思わなかった。
まだのキャラがイマイチ定まってない感じがするのと、
主役2人の絡み方(?)が微妙な感じ。

でも、
なんで竜は落語を辞めたのか?
師匠の借金は果たして完済される時は来るのか?

など、気になることも多々あるので、
何はともあれ、がっつり楽しみにみるぞー

WCアジア最終予選vsバーレーン(H) 

March 31 [Thu], 2005, 22:28
また、勝ってしまった…

いや、勝ったのはいいんだけど、いいはずなんだけど、
このままでいいの

守備は安定してた。バーレーンカウンターは完璧におさえてたし。
しか〜し、なんであんなに点がとれないんだ〜〜〜〜
中々ボールがぺナ付近まで行かない、行ったと思ったら、
もたもたしすぎで相手にとられる。
そのくり返し。
たま〜に裏に走っても、次の一人がいない。
どうしてFWがいつもかたっぽしかゴールに向いてないんだ…
挙げ句の果てには、最大の武器のはずのセットプレー
ちっとも得点の匂いがしない。

後半に入って、アレのサイドから何度かいいかたちにするも、
やっぱり点は入らず。
でもここで勝ってしまうのがジーコジャパンの最大の悲劇
なんとな〜く勝ってしまってきたために、問題がうやむやなまま
もはや手遅れ…

Jリーグで見てたらおもしろい試合だった。
でもこれは、WCのかかった最終予選ですよ…。

WCアジア最終予選〜イラン(アウェイ)〜 

March 26 [Sat], 2005, 17:39
むなしい…

日本1−2イラン

まさかの4バック…ときいて、いや〜な予感はしたけれど、
やっぱり…。
なんかもう、ジーコが哀れに思えてきた。
いい、悪いの前にいや、明らかに悪いのは悪いんだけど。
この人のキャパを超えてるんだろうな〜。
多分気のいいおっさんで、サッカー好きで、日本も好きで、
サッカーへの哲学はあっても、戦術がない…。

選手の試合後のインタビューもどこか煮え切らなくて、なんだかどっと疲れが。

試合自体は唯一負けが許される試合だったので、
結果としては仕方がないともいえるけど、
それはあくまで、他では負けないことを前提とした話であって。
昨日の試合を見る限り、とてもそんな自信はもてなかったです。

大阪4DAYS終了 

March 21 [Mon], 2005, 20:46
い、行きたかった〜〜〜〜

今日で無事大阪4DAYS終了したようで。
ライブレポ読むだけで、かなり美味しいライブだったようで…。
カバーをやるGLAYさんがかなり好きなので、うらやましかった〜。
そして権利関係からか、カバーものは映像になりにくい。

オフスプ、エアロ、ブライアン・アダムス…ときて最終日
「マッチ」TERUがあれほど自信をもっていた「ぎんぎらぎんにさりげなく」
聞きたかった…。

TERUが連日バラードで号泣とか、気持ち入りすぎて転げたとか、
JIROがついにベース落としたとか。
あまりにファンとしては必見の内容。

大抵チケットをとる頃は、GLAY熱平熱なため、
あまりむりなチケどりはしないので、いつも終わり頃に後悔する。
これで26日沖縄が終了したら、しばしの潜伏期間が。

無理だとは思うけど、インテックス4DAYSDVD化してくれないかな〜

東京ドームその2 

March 20 [Sun], 2005, 23:45
これでしばしGLAYさんとお別れ(きもい)

最終日3月13日(日)

前日の感動冷めぬまま、一応のドームファイナル
今回はアリーナの後方なので、あまり期待はせず。
案の定、ど真ん中ではあるけれど、肉眼で見るのはあきらめる。
どうしてもともと身長あるのにわざわざ底を上げるかね…
終いには頭にくっつけたでかい花でTERU隠れる。


開演が前日より1時間早いということで、覚悟していたが、
OP全くわからん!
まったく初見の連れはぽかーんとしてた。
これは明らかにミスだよね…。

残念すぎる。序盤はやっぱりあまりの明るさに戸惑っていたのか
ノリもイマイチだったような。照明効果も半減だしね。
でも、TERUの声が若干復活。
「ずっと2人で」「RAIN」あたりは、鳥肌たった。
今回でやっとRAINが受け入れられるようになりました。

真正面ということで、今までよくわかってなかった演出もようやく理解。
「グロリアス」の過去映像とのリンクに痺れ、
「サバイバル」HISASHIが上がってたのに初めて気づき、
TAKUROの転倒も目撃演出かと思ったらマジだったらしいけど
ライティングも堪能。

東京ドームその1 

March 20 [Sun], 2005, 23:09
もう1週間…

記憶が薄れつつある(大抵のライブの細部は忘れてる)ので
忘れないうちに覚書。

初日3月12日(土)
ナゴヤではほとんどグッズを買えなかったので、
早めにドームへといっても到着したのは3時半位。
そしたらグッズ売場はありえない行列…。
なんであんなに並ぶんだ!
とりあえずかーさんとの待ち合わせに時間がありすぎなので並んでみる。
結局買いたかったタオルは買えず、テンション
結局中でラクラク買えました…

何にも考えずに席を探していたら、
「な、なんか前じゃない!?」
と変に焦る親子。
花道先端のまん前!最前ではないけど。
テンションが一気に盛り返す。久々に豆じゃないGLAYさんだ〜!
案の定、押しで始まる。

東京ドーム2DAYS 

March 13 [Sun], 2005, 23:47
ここまでついてきてよかった!

とりあえず!3回目のドームツアー終了。
意地で2DAYS参加したけれど、色々感慨深いものがありました。
席は初日が「花道前」でおいしすぎ。
TERUの声は今日が最高!


細かいことは後々書くとして、とりあえずはドームの総括。

正直、ナゴヤに行ったとき、ライブ自体は良かったけど、
もうドームは無理かな〜と思ったのも事実。
動員面とか、方向性含め。
しかし、あんなに楽しそうにドームではしゃぐおっさんらを眺めてると、
’99、’01のドームとは違ったところで、この人たちは
「ドームでやることの意味」
をみつけたんだな、とふと思ったり。
過去のドームツアーとは違って、過剰な演出はなし。
だけど、会場の空気はより熱かった。
毎回毎回こんだけまったりだとそれはそれで飽きるんだろうケド。

こうなったら、TERUがステージに置いてきた
ジャケットを取りに来るその日には、
また東京ドームで拳を振り上げてることでしょう。
でも10年後といわず、3年後くらいにしてくれ!

Jリーグ開幕〜 

March 07 [Mon], 2005, 21:42
波乱の開幕戦

ベテラン勢のゴール。
カズ、昔は嫌いだったけど今は尊敬しているよ。
アルディージャのJ1初勝利。
はめでたいけれど、なかなかに波乱満載の幕開けだ〜。

レッズ×アントラーズをのんびりTV観戦。
郷土愛的にはレッズ。
個人的には鈴木。
なので
『勝って欲しいのはレッズ、点とって欲しいのは鈴木』
というびみょ〜な心理状況。ヘタレニワカなので。

前半の怒涛の攻めにも関わらず、エメが悉く決定機を逃すのを見て、
こりゃだめだ〜と思い始めた頃…。
まさかの事態が…。
鈴木のヘーーーーーード……!??????
なんじゃそりゃ〜。
まさにぽよ〜〜〜んて効果音がつきそうなループ(?)
完璧都築の判断ミスであろうが、さすが悪運が強いな。
何故あれを決めて、後半最後の1対1を外すんだ…。

押してるのに先制されていや〜なムードだなぁ。なところに
アルパイVS鈴木 第2ラウンド勃発!
おかしい、さっきまでサントスと喧嘩してたはずなのに、
アルパイにどつかれてる。

まあ、鈴木のリアクションはさすがだけど
アルパイもうかつだな〜。
そして2回目は擁護できない。
あれを棚にあげて息巻いてるレッズサイドはどうかと思うけど…

PB『新選組!』第7回 

March 02 [Wed], 2005, 21:29
第7回「祝四代目襲名」

ロケ万歳!
思えば、これが大掛かりなロケの最後だった唯一といってもよいかも
みな活き活きしていて、この時が一番幸せだったんだろうな〜
と少し悲しくもなる回。

でも陰では歳三薬屋に戻るとすねていたり、
総司は子供扱いされることに苛立ちをかんじていたり。
まさに青春時代だ。

そんな勇の前に現れた龍馬国事に加わっていて
結局さっさと土佐勤皇党はやめるわけだが。
勇にはそれがうらやましい。
多摩勤皇党をつくろうとして、トシに無言で断られる。
成り行き上、血判状を破らせたものの、龍馬をまぶしく見る勇がらしい。

そして、つねさんがとてつもなく健気。
あんあ奥さんいたらいいな〜

PB『新選組!』第6回 

March 02 [Wed], 2005, 21:12
第6回「ヒュースケン逃げろ」

放送当時(今も?)相当評判が悪かったこの回。
確かに川平ヒュースケンはどうだろう、と思ったものの、
実はかなり好きだったりします。

歳三はただのエロ親父と化しているし、
ヒュースケンは日本語ぺらぺらだし、
つっこみどころは満載ですが、この回には

皆が勇についてくる理由俗に近藤マジックといいます。
勇の人生観やたら真っ直ぐ
がつまっています。

『武士は卑怯なことをしてはいかんのだ』
『ヒュースケンはわりといい奴だった』

といったセリフはその際たるもの。
要するに勇は、曲げてはいけないものをもつと同時に
異端なものも素直に受け入れる柔軟性もある。
頑固で流されやすいともいう。

そしてこの回は、ドラマの終盤を思うと泣けるセリフが沢山ある。
ヒュ「刀で向かってくる相手にあなたは銃が撃てますか?」
勇「井の中の蛙大海を知らず、されど空の高さを知る」
ヒュ「この国の土になれることを、私は神に感謝する」


そして私は気づいてしまった。
勇の『現地妻宣言』間違ってる
「その土地の女を好きになることではないですか?」
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像まき
» 『義経』 第2回「我が父清盛」 (2005年01月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moti_moti_hd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる