もちたま肌パックの美容成分

March 04 [Mon], 2013, 21:12




「もちたま肌パック」を使って、ムダ毛の処理をするとつっぱることなく
パックの後も肌がしっとりとします。

それは「もちたま肌パック」には、8種の美容成分が贅沢に配合されている
ためです。

その配合されている8種の美容成分の紹介です。

ハチミツ、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パパイン、アルブミン
、ホエイ(牛乳)、ローヤルゼリーエキス、加水分解コラーゲンの8種類で
す。

また「もちたま肌パック」は、こってりしたパックなのに伸びがいいので
す。

小鼻の周りや口の周りなどでも、簡単に塗ることができます。

「もちたま肌パック」は、塗っても乾きも早いので、週1回のお手入れも苦
にならないはずです。

敏感肌用うぶ毛処理エピパック
“もちたま肌パック”を詳しく紹介します。

もちたま肌パックに配合されています

March 01 [Fri], 2013, 8:23




「もちたま肌パック」で、汚れをごっそり取り除くとスッキリしてしっと
りとした肌に導いてくれます。

「もちたま肌パック」は、卵核膜エキスと8種の美容成分を贅沢に配合して
います。

そのため、肌への刺激も少なくなっているので安心です。

脱毛と保湿の両方のケアが、この「もちたま肌パック」1アイテムでできる
のも魅力の1つです。

「もちたま肌パック」に配合されている卵核膜は、どんなものか想像でき
ますか?

卵核膜というのは、ゆで卵の殻にくっついてくる薄い膜のことなのです。

この卵核膜は、保湿力が高いために古くから肌ダメージ用パックとして重
宝されているんです。

卵核膜の素肌へのダメージをケアする効果・・・

期待されているんです。

敏感肌用うぶ毛処理エピパック 
もちたま肌パックの紹介です

もちたま肌パックは、肌にやさしい

February 27 [Wed], 2013, 14:35




「もちたま肌パック」を使用しても肌を痛めず、ムダ毛の処理をすること
ができます。

それには、理由があります。

「もちたま肌パック」には、『卵殻膜』を配合しているから肌を痛めるこ
とがありません。

多くの女性が敏感肌で悩んでいます。

敏感肌では、ムダ毛の処理するのも大変です。

カミソリで処理すると肌が荒れてしまうし、剥がせるタイプのパックも肌
にあわない人もいます。

そうすると、どのような方法でムダ毛の処理するのがいいのでしょうか?

まず「もちたま肌パック」を試してください。

肌を痛めることなく、うぶ毛・毛穴汚れ・汚れや古い角質によるくすみな
どを、塗ってはがすだけでごっそり取り除いてくれます。

やさしい“もちたま肌パック”の紹介です
P R
http://yaplog.jp/mothi/index1_0.rdf