モテ男ボディになる!日本人専用トレーニングと初恋サイダー(愛理Ver.) 

September 02 [Mon], 2013, 10:23


みさなまこんばんは



本日のテキトー日記です。



きょうの超食・・・じゃ無かった^^;朝食はモチモチのご飯と、納豆と赤味噌のおみそしる

絶妙な組み合わせでしょ?



9分で食べ終わり、8時20分に自宅アパートを「でっぱつ」です



いつも立ち寄るホエールズマートによりみちして、ジョージアのカフェオレを購入しました(^^)v



朝はこれが欠かせません。。



店舗に着いたら、ルーチンワークであるgooニュースを見てみると

今朝のニュースは・・・

↓↓

昨日9月1日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで斉藤和義のアリーナライブ「斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 "20<21" 〜 これからもヨロチクビ 〜」が行われた。

【その他の写真を見る】

斉藤のデビュー20周年を記念して、神戸と埼玉で計3公演実施されたこのライブでは、新旧の代表曲の数々を多数披露。最終公演となったこの日のライブも「ずっと好きだった」から勢いよくスタートし、斉藤は約1万7000人が集まった会場を見渡しながら「すごいね、この眺め。俺って意外と人気あるんですね(笑)」と言って、観客の笑いを誘った。

ライブ中盤では1993年のデビュー曲「僕の見たビートルズはTVの中」をはじめ、90年代の楽曲を多数演奏。「歌うたいのバラッド」で前半のピークを迎えると、その後は勢いのあるロックナンバーが続いた。そして大ヒット曲「やさしくなりたい」では会場中から大歓声が上がり、「Hello! Everybody!」では斉藤がTHE ROLLING STONESばりのギタープレイを披露し観客を煽る。最後は「ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜」で盛り上がりが最高潮に達し、2時間半近くにおよぶライブ本編が終了した。

観客がアンコールを待つ間、ステージ上のスクリーンには来場者や斉藤とゆかりのあるアーティストからのメッセージ映像が上映される。中でも吉井和哉、中村達也、木村カエラの映像が映し出されると、客席からは大きな歓声が沸き起こった。映像上映が終わると同時に、今度は斉藤がアリーナ後方から歩いて登場。そのままアリーナ中央のミニステージに移動し、せり上がったステージ上で弾き語りライブをスタートさせた。この日は「アゲハ」「やわらかな日」「彼女は言った」「月光」の4曲を歌唱。1曲歌い終えるたびにマイクの向きをステージ下手、上手、後方と変えていく斉藤は、「なかなかの恥ずかしさなんですけど。あんまり見ないでください」と言って観客を笑わせた。

ここで彼から観客に向けて重大な発表が告げられる。10月23日にリリースされる2枚のオリジナルアルバムのタイトルが「斉藤」と「和義」になったことがスクリーンを通じてアナウンスされると、客席からは笑い声と大きな拍手が鳴り響いた。斉藤は「アルバムタイトルはちょっと悩んでいて、最初は『右チクビ』『左チクビ』とか『右ニップレス』『左ニップレス』にしようと思ってたんだけど、それだとお客さんが買いにくいと思ったので(笑)。タイトルを考えるのがもうイヤになって、2枚合わせて『斉藤』『和義』ってことで」と、このタイトルになった理由を冗談まじりに説明した。

弾き語りを終えて再びメインステージに戻った斉藤は「いやあ、ヘトヘトですわ(笑)」と本音を漏らすも、ピアノの前に座り「君の顔が好きだ」を演奏し始める。そして新曲「Always」や「月影」を経て、約3時間半におよぶライブを締めくくる1曲「歩いて帰ろう」を観客と合唱してステージを降りた。

なおニューアルバム「斉藤」「和義」について、斉藤は「『斉藤』には『やさしくなりたい』以降のシングル(表題曲)やカップリング曲、あと(他アーティストに提供した楽曲の)セルフカバーをまとめて、『和義』には今年に入ってから作った曲を入れてます。特に『和義』はほかのアーティストさんとのコラボ曲が多くて、ライブのバンドメンバーや(The Birthdayの)チバ(ユウスケ)くんとかと曲を作りました」と説明。この2作品を引っさげて、10月からは半年にわたる過去最長の全国ツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2013-2014」もスタートする。

斉藤和義「斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 "20<21" 〜 これからもヨロチクビ 〜」
2013年9月1日 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ セットリスト

01. ずっと好きだった
02. Hey! Mr. Angryman
03. Are You Ready?
04. カーラジオ
05. ワンモアタイム
06. 愛に来て
07. 俺たちのロックンロール
08. 僕の見たビートルズはTVの中
09. 進め なまけもの
10. 空に星が綺麗
11. 郷愁
12. 老人の歌
13. 無意識と意識の間で
14. 月の向こう側
15. 歌うたいのバラッド
16. 何処へ行こう
17. 砂漠に赤い花
18. BAD TIME BLUES
19. やさしくなりたい
20. Hello! Everybody!
21. ロケット
22. ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜
<アンコール>
23. アゲハ(弾き語り)
24. やわらかな日(弾き語り)
25. 彼女は言った(弾き語り)
26. 月光(弾き語り)
<ダブルアンコール>
27. 君の顔が好きだ
28. Always
29. 月影
30. 歩いて帰ろう

斉藤和義「斉藤」収録曲

01. やさしくなりたい(日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」主題歌)
02. Hello! Everybody!(吉野家CMソング)
03. ワンモアタイム(「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」主題歌)
04. メトロに乗って(東京メトロCMソング)
05. 罪滅星(藤井フミヤ アルバム「F'sシネマ」提供曲のセルフカバー)
06. 今夜、リンゴの木の下で(映画「ポテチ」主題歌)
07. ひまわりの夢(サッポロプレミアムCMソング)
08. パズル(関ジャニ∞ アルバム「PUZZLE」提供曲のセルフカバー)
09. かげろう(映画「潔く柔く」主題歌)
10. 月光(フジテレビ系ドラマ「家族のうた」主題歌)


斉藤和義「和義」収録曲

01. カーラジオ(JAPAN FM LEAGUE 20th ANNIVERSARY SONG)
02. 恋のサングラス(The Birthdayのチバユウスケとの共同作品 / 作詞・作曲:斉藤和義、チバユウスケ)
03. Cheap & Deep(斉藤和義1人多重録音曲)
04. Happy Birthday to you!(中村達也<Dr>、KenKen<B>とのセッションで録音した共同作品)
05. 流星(現在のツアーメンバーと山口寛<B>とのセッション曲)
06. MUSIC(斉藤和義1人多重録音曲)
07. 天使の猫(山口寛雄との共同作品 / 作詞:斉藤和義 作曲:斉藤和義、山口寛雄)
08. Always(PENTAX K-50 CMソング / 斉藤和義1人多重録音曲)
09. それから(現在のツアーメンバーと録音したセッション曲 / 作詞・作曲:斉藤和義)
10. メリークリスマス(現在のツアーメンバーと録音したセッション曲 / 作詞・作曲:斉藤和義)
(この記事はナタリーから引用させて頂きました)



やっぱりなあ

どうでもいいや



まあそれは置いといてきょう、やるべき事と言えば

T君の話ではステップメールアフィリエイトに10時間と、モバオクで仕入れに4時間。



ベテランが居るから問題無いだろう



今日もがんばって稼がねば!



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓





あら^^;バカみたい?(笑)

ま、いっか(笑)



まあそれは置いといて今日の夕飯は何しよ?

イカフライか手巻き寿司が食べたいな〜



たぶん次の更新はどうしても明日になります^^;

カミングsoon!





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みうhk7w
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる