(プロフィール) 神奈川出身の1982年生まれ。 湘南出身でありながら、実はあまりこの土地は好きでない。だから自慢にもならない。 名前はもすきーと(蚊)。 現在、社会の冷たい風をもろに受け、大学5年生。 2006.4月からボッタクリ営業マンとしての素質を 買われ、暗黒世界への道が決まってしまった。 今は毎日のようにバイトをしてるのになぜかいつも金 がなくて飢えている。同情するなら金をくれ。 そんな毎日。 亜細亜が好き。蹴球が好き。ロックが好き。 旅が好き。 好きな言葉は、 ”寒さと暑さと渇えと風と太陽の熱と虻と蛇とこれらすべてのものにうち勝って、犀の角のようにただ独り進め”

最新コメント
アイコン画像おーさか
菩提樹の下に (2006年03月13日)
アイコン画像おーさか
菩提樹の下に (2006年03月13日)
アイコン画像おーさか
菩提樹の下に (2006年03月13日)
アイコン画像ゆーきんぐ
マザーハウス (2006年03月08日)
アイコン画像ゆーきんぐ
マザーハウス (2006年03月08日)
アイコン画像おーさか
色んな色のダージリン (2006年03月07日)
アイコン画像もすきーと
神の国・首都カトマンズ (2006年03月03日)
アイコン画像つかさ
神の国・首都カトマンズ (2006年02月25日)
アイコン画像おおさか
神の国・首都カトマンズ (2006年02月22日)
2006年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mosquito-com
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
パトナ、バラナシ、そして・・・ / 2006年03月14日(火)
こんにちわ。
今再びバラナシに着きました。
実はバラナシは1週間前にテロが起こり、約100人が死亡し、1000人以上が
けがをするという大惨事が起こりました。
俺はそのニュースをブッタガヤで聞いたんだけど、パトナからバラナシに来る時は
かなりびびりながら来たんだけど、なんてことなかった。1ヶ月前に来た時と
さほど変わりはなかった。ただ警察のチェックは多かったけどね。

明日ホーリーと呼ばれるインド旧正月の祭が行われるんだ。
それがまたクレイジーな祭で皆が皆で色水をかけまくる祭で一日かけて行われ、
今日すでに子供たちがフライングしていて投げてきて俺のシャツはドロドロ。

俺も最初は祭を体験するのはいいもんだな、と当初は思っていたけど、
このホーリーは危険でなおかつかなり迷惑。
明日の朝から昼過ぎまで危ないらしく外出禁止令がでたほど。
だから明日は引きこもりになるよ。

そのホーリーが収まった15日の夜、最終目的地であるムンバイに向かいます。
ムンバイは物価がばかみたいに高いみたいなので、もしかしたら
これがインドでの最後の書き込みになるかもしれん。

それと最後に、
バラナシであったテロには日本人女性の被害も出ているらしく
そのほか大勢の人々に哀悼の意をこの場で込めさせていただきます。

早くこのようなことがインドに限らず世界中で二度と起こらない事を
心から祈ってます。

平和を愛する蚊が大嫌いな蚊 で し た 。

 
   
Posted at 14:25/ この記事のURL
コメント(1)
菩提樹の下に / 2006年03月10日(金)
おお、ブッタよ、なぜあなたはそんなにも厳しい。
あなたはなぜそんなにも美しい。
あなたはなぜそんなにも静寂なのだ。
そしてあなたはなぜそんなに優しいのだ。

色とりどりの花が咲き乱れ、この灼熱の太陽が
降り注ぐこの小さな村であなたは何を得、何を感じ取ったのだ。

私はこの数日間、あなたの目の前に静かに座り、
瞑想に更けていたつもりだが、あなたには到底及びませんでした。

時を忘れ、いつもあなたのように無になりたいと考えていたのですが、
その欲がいけなかったのでしょうか。

だけどあなたの目の前にいると、とても不思議な気持ちになるのです。
この村に訪れる世界中のあなたの心棒者と同じように。

私は明日、この村を発ちます。
また必ずお伺いにきます。

あの菩提樹のもとで安らかに・・・。







明日パトナに向かいます。
 
   
Posted at 16:56/ この記事のURL
コメント(3)
マザーハウス / 2006年03月08日(水)
今は仏教の聖地・ブッタガヤにいます。
カルカッタからブッタガヤと気温がどんどん上がり、寝袋にくるまる寒さ
の場所からきた俺にとって日中30度超す東南アジアばりの暑さには
かなりこたえています。

カルカッタでは羊の断頭がが拝めるカーリー寺院やモイダン公園でのんびりしたり、
安宿街・サダルストリートからカルカッタ市内をぐるぐると回っていた。

物乞いの多さ、人がやたら多く、クラクションがひたすらなりひびき、そしてごみだらけ。
カルカッタにはいってからインドに戻ってきたんだと強く感じた。

前述したカーリー寺院はかなり衝撃だった。
毎日、カーリー女神捧げるために羊の首を切り落とすのだが、
平気でインド老若男女はそれをやってのける。
まず、合図の太鼓が院内に鳴り響き、羊が暴れだし、悲鳴をあげる。
切られたあとも下半身が動き回り、切られた首を平気で渡し、捧げるインド人たち。
まさに衝撃。言葉にならない。変態王国出身の俺もさすがに帰りはマジでおちた。


 
 続きを読む…  
Posted at 15:07/ この記事のURL
コメント(2)
色んな色のダージリン / 2006年03月03日(金)
ナマステ〜。
僕は今カルカッタにいます。てか、今さっき着いた。
ここはもうインドって感じ。濃い。無秩序。
あれから俺はダージリンに1週間ほど滞在して、1日かけてカルカッタに来ました。
ダージリンは寒かったけどよかった。
特にネパール→インドだったので、いきなりあの喧騒のインドなのか〜、と
身構えていたけど、違った。ダージリンはバングラデシュやブータン、ネパール
チベットとも近いため、色んな顔、色んな食べ物、色んな言葉が存在するため、
インドにいてインドにする感じがしなかった。
しかも世界的に有名なダージリンティもあるため欧米人旅行者もいて
まさによりどりみどり。
飲んだかって?当たり前じゃないっすか。でも紅茶にうるさくない俺はよーわからんかったが。
とりあえずうまいっ!って納得しといたけど。
あと世界遺産のトイ・トレイン(ヒマラヤ登山鉄道)にも乗ったよ。
でもマジで遅い。同じ距離をジープで3時間のとこをトイは7時間もかかる。
世界遺産だけどさすがインド製。遊園地にでもあるんじゃねーかみたいな
蒸気機関車でした。

街は標高2100mで山の斜面に沿って存在し、いたるところに茶畑があり、晴れた日の眺めは
とても綺麗でした。世界第三位の高さのカンチェンジュンガが運良く綺麗に見えてよかったけど
やはりエヴェレストは顔をだしてくれませんでしたね、う〜ん残念!

これからインドを予定してる人、行くのがかなり面倒だけどダージリンやスィッキムなんかも
けんとうしてみては・・・?

あと丁度2週間後にじゃぱんに帰ります。
あと2週間、出来る限り色んなことに挑戦&体験をして帰るつもりです。

そのつど、このブログに更新できたらしますんで。
ではまた

 
   
Posted at 17:48/ この記事のURL
コメント(1)
神の国・首都カトマンズ / 2006年02月21日(火)
こんにちわ。
俺はカトマンズのタメルという地区で1泊120円のドミトリーを拠点に
もう1週間が経ちました。
ネパールはとても居心地がいいです。
物価の安さもさることながら、顔が日本人の顔と似ていることなどもその要因と言えるかもしれん。
それにインドと比べると人間関係が丸みというか人が柔らかいようにも感じます。

毎日ダルバール広場でくつろいだり、チャイ飲んだりゆったりと過ごしています。
昨日は郊外に出て、パタンまで行ってきたし、その前はスワヤンブナート、ボダナート
といったストゥーパ(仏塔)にも行ってきました。

すべてが綺麗に映りこのカトマンズの、ネパールのゆっくりした時間の流れに沈み
移動が億劫になっています。
おもろい人との出会いもあったり、サーランギ(ネパール楽器)教えてもらったり・・・と。
だけど明日カトマンズに滞在し、あさって混乱のインドに戻ります。

ほんとはカトマンズから下に下がってビルガンジ→ラクソウル、パトナと抜けて
ブッタガヤに抜けるつもりだったけど変更し、紅茶の街・ダージリンに向かい、
ダージリン→カルカッタ→ブッタガヤの順に抜けていくつもりです。
日本で決めたおおざっぱな予定では南インドに行ってムンバイから帰る予定だったけど、
時間ないし、急ぎ旅になるのでやめた。
ま、面白いみたいだし、次の旅にとっとこう、南印度。

もう帰国までに1ヶ月きったなー。2ヶ月はやっぱ短い気がするな。うん短い。
てか、今日本って寒いのかな?
ドミいっしょのにーちゃんがへーき、へーきって言うもんだから疑問に思って。
誰か情報モトム。
日本の情報は某IT社長が逮捕されたってことしかしらんからね。
他の旅行者から聞いたときはびっくりだったなあ。

ま、そんな感じで残りの期間も悔い残らず回ってきます。
ではまた。
 
   
Posted at 16:58/ この記事のURL
コメント(3)
ハプニング・トレッキングinヒマラヤ / 2006年02月18日(土)
こんにちわ。今俺はネパールの首都・カトマンズにいます。
久しぶりの更新だなー。
というのも、ネパールの全国選挙(バンダ)によって、治安が悪化し、
店もバスもタクシーすらも動いておらず、一週間もポカラの町で足止めをくらい、
バンダ明け後、速攻でアンナプルナ山域へトレッキングに行ってしまったため、
こんな日が経ってしまいました。
心配してメールまでくださった皆さん、ありがとうです。

ポカラの町で足止めをくらってた俺はまさに廃人でした。
することがない。郊外に歩こうにも、警察・軍隊のチェックが何度もあったし、
本来はヒマラヤが見えるこの町も、俺が来たときからずっと曇りで
全く見えないし。最悪でした。
しょうがないから、近くの湖でその辺のガキと釣りしたり、ビリヤードやったり、
なんとか暇つぶしに精をだしていました。
でも、そのかいあってポカラを出るときは仲良くなったやつや顔見知りが多かった分、
少し淋しかったな。

 
 続きを読む…  
Posted at 13:30/ この記事のURL
コメント(0)
ガンジス河 / 2006年01月31日(火)
こんにちは。あれからカジュラホ3日ほどエロ彫刻を見て興奮して
おととい、ヒンドウの聖地・バラナシに着きました。
ここはインドで最もインドっぽいとこだと思うかな。
ガンジスはやはりすごい。ガートと呼ばれる沐浴所で沐浴する人、
うんこする人、小便する人、体洗う人、牛や犬の死骸が流れ、人の死体も・・・。
まじで生身のヒトを見れるところだと思う。
昨日、ガンジスの朝日をボートに乗って見たけど、やっぱり感動!
ただ団体行動が大好きな韓国ご一行でぶち壊し。
以前にも話したけど、インドはまじで韓国人が多い。てか、だらけ。
仲良くなったやつもいて、結構楽しい奴等もいるのだが、大半がうるさい。
インド人も嫌ってるくらいで、今俺が泊まってる宿なんか韓国人禁止なくらいだからね。
俺はそこまでする必要はないと思うけど、あの騒がしさはなんとかしてほしいなー。

バラナシの街は迷路のようになっていって、小さな路地にに迷い込んでも、
不意にガートにでるようになっている。
俺はいつもあてもなくさまよい、ガートに出て、たばこ吸ったり、チャイ飲んだり、
物売りのガキと喋ったり、おちょくったりと、そーやってガンジス見てボーっとしています。

明日一度インドを出て、バスと電車でネパールに入り、国境の町・スノウリに入り、
あさって、ポカラというヒマラヤの玄関都市に入ります。

今ネパールは情勢が悪化していて、2月5日から全国選挙が始まるらしく、
国の一大行事で、交通が1週間ほどすべてストップするみたいなので、
その前に入っておきたいのです。
なんかタイミングわりーよなー。でもしょうがない。それが亜細亜ですからね。
ま、ゆっくり癒されてきます。
ではまた。
 
   
Posted at 15:21/ この記事のURL
コメント(5)
俺はタージマハルを見た。 / 2006年01月24日(火)
こんにちわ、、てか今日本は夜か・・・。
毎日同じ顔に見える印度人に笑い、手がカレー臭く、
そして毎日のように韓国人やネパール人に間違えられている蚊です。
韓国人ならまだしも、ネパール人って・・・
さっき久々にメール開いたら、日本は雪が降ってるみたいだね。
こっちも日中は暑いけど、朝晩はかなり冷え込むよ。日本ほどじゃないけど。
おまけに、こっちの安宿は毛布がないため、寝袋もってきてよかったよ。
ない人は結構悲惨だね。
それとシャワーも水のため、宿のおっちゃんやらおばちゃんに、
でかいバケツにお湯をたっぷり入れてもらいそれをかぶる、、という
なんともおもろい風呂タイムをすごしています。

さて、今俺はあのあと、ジョードブルという町で4日過ごしたあと、
あのタージマハルのある町・アグラというところに昨日の朝着きました。
タージマハルはやっぱすごかった。遠くからはもちろん、近くからでも迫力が違う。
レリーフの綿密さも綺麗で、イスラム建築の美しさが出てる感じだった。
それと、テロ対策のため、入るときにボディチェックとかばんチェックが2回も
あった。行く予定のある人は、カメラの予備電池、電卓、ライターは持ち込み禁止だから注意を。

 
 続きを読む…  
Posted at 21:07/ この記事のURL
コメント(3)
砂漠の町・ジャイサルメール / 2006年01月18日(水)
ナマステー。
あれからデリー→ジャイプールと来て、
今はジャイサルメールというパキスタンにほどちかい砂漠の田舎町にいます。
ここはデリーのような喧騒世界ではなく、静かで人も穏やかで、
とてもいい町です。そして町中もとても不思議で、迷路のようになっていて、
さまよいながら美しい建造物と景色を眺めています。

デリーで失いかけていた旅の感覚をジャイプールとこの町で取り戻し、
今俺は自由を得た気分になっております。

メールでも多かった疑問;カレーは確かに毎日食べています。
おいしいのはめちゃうめーけど、ハズレのカレーを食べると、
胃に直撃するね。あとは毎日チャイ(インドの紅茶)を飲んでます。
チャイはまじで最高!一杯4ルピー(約10円)くらいだし。

そーいやインドは不思議なことに韓国人旅行者がやけに多い。
何を隠そう、この俺も今韓国人のキム君という広末涼子が大好きな
ナイスコリアンと宿の部屋が一緒ですからね。
韓国語教えてもらったり、コチュジャンもらったり・・・と。
しかし、色々話しててやはり歴史問題や竹島問題について
どー思うかと聞かれたりした。
皆さんだったらどー答える??
俺は言葉が詰まった。


今日までジャイサルメールに滞在し、明日の早朝に、
ジョードブルという町に向かいます。

皆さんも寒いジャパンでお過ごしでしょうから、
体調には気をつけて。

ではまた後日書き込みしやす。
 
   
Posted at 18:57/ この記事のURL
コメント(0)
ただいまあたくしはデリー。 / 2006年01月13日(金)
いまさっきインドの首都・デリーに着きました。
今はメインバザールというデリーの安宿街にいます。
デリーはとにかく車・人・リキシャ・牛・犬・うんこ・ごみ・・・・・
すべてのものがすべてごちゃまぜになったまさに無秩序の世界。
今まで回った国とは違う凄まじさがある気がする。

今日は夜に着いたためこのメインバザール周辺しか回ってないので、
明日以降、デリーを回りたいと思います。

そいじゃ今日は疲れたからこのあたりで。
 
   
Posted at 02:42/ この記事のURL
コメント(1)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!