イイ男は皆ホモ。 

January 21 [Sat], 2006, 15:15
ホントにごめんなさいm(_ _)m
一身上の都合により敬遠していたんですが、エロが読みたくて買ってみたらなかなか面白かったです。


『閑雅なスプーン』池玲文【SBBC】

義章の言葉を借りれば”ヒッピー気取り”なカスミ。 学生時代の腐れ縁で義章の部屋に…ベッドに…いたりいなかったり、自由でセクシーな居候であるーー。




ホモ小説で一年を振り返る〜2005〜 

January 20 [Fri], 2006, 16:21
1.『エス』『エス 咬痕』英田サキ(絵:奈良千春)【SHY】
(やはりインパクトがあるという意味では自分的ダントツです)

2.『情熱の結晶』遠野春日(絵:円陣闇丸)【GENKI】
(完結記念。最後だけあって三冊目のぐだぐだがウソのようです)

3.『告白は花束に託して』遠野春日(絵:円陣闇丸)【BBN】
(「キャラ萌え」という意味ではダントツでした。ジーン。)

4.『経験』麻生雪奈(絵:幸田真希)【LAPIS】
(痛々しくて苦しい、だけど美しい。)

5.『フィフス』水壬楓子(絵:佐々木久美子)【リンクス】
(榎本…!)

次点『捨てていってくれ』高遠琉加(絵:金ひかる)【BBN】
(年下ワンコ×擦れたクールビューティー、ごちそうさまでした)

***

2005年発売の小説のうち、私が読んだ100冊から選びました。
『罪の褥も濡れる夜』が単行本化していたら間違いなく一位だったんですが、それは来年にとっておきたいと思います。
(書き下ろし次第で変わる可能性は大いにありますが)

ホモ漫画で一年を振り返る〜2005〜 

January 20 [Fri], 2006, 16:13
1.『プリンス・チャーミング』高井戸あけみ【花音】
(言葉にできないほどグレイト!な作品…2006年こそ4Pを!)

2.『恋する暴君 2』高永ひなこ【GUSH】
(凶悪なのに可愛い先輩、最高です。そしてへたれで可愛い攻、やっぱり好きです。)

3.『SEX PISTOLS 3・4』寿たらこ【SBBC】
(ついに国政パパ×米国パパがいらっしゃった…!)

4.『瞳の追うのは』富士山ひょうた【ルチル】
(スローだけど確実に近づいていく空気がたまらない)

5.『真空融接』びっけ【BBC】
(表現のしようがないくらいにときめきの対象でした)

次点『君の顔に射す影』野火ノビタ【BBC】
(BLの単行本を待ち続けて●年、ようやく…!ようやく…!!そして痛さが突き刺さる)

***

2005年発売の漫画のうち、私が読んだ(記録のある)113冊から選びました。

少女漫画誌マーガレットがやりおった…! 

November 04 [Fri], 2005, 14:21
正直マーガレット(本誌)なんて、読んだ覚えがない私ですが、 この年になってマーガレット連載のコミックスを購入です。
本誌は別マとかよりも購読層は若いんですよね??小学生くらいが対象の雑誌ですよね?? そんな雑誌に掲載された、問題作ボーイズラブ入門書


『CHERRY』筒井旭【マーガレットコミックス】

主人公・詩(♂)はオタク。交通事故で意識不明になった双子の妹のため、代わりに先輩(♂)に告白するつもりが、妹に間違われそのままつきあうことに…。





恋愛と友情の境目。 

November 03 [Thu], 2005, 13:31
かれこれ●年ぶりにラピス文庫を買いました…。(たしか早売りだった…)

『経験』麻生雪奈(絵:幸田真希)【ラピス文庫】

和希は、他大学との飲み会で再開した智也と高校時代セックスしていた。綺麗で女に不自由ないはずの智也の追いつめるような激しい愛情に疲弊し、怖くなった和希は一方的に別れを告げたのだった。再開当初は穏やかだったふたりだが、和希が警戒心を解いたとき、再び智也の息苦しくも甘い愛情に囚われていき…。


今回も痛々しくて苦しい。大好きです。こういうの。
あ、木原さんみたいな痛さや苦しさじゃないんですよ。
あれは、マゾ心丸出しの時に楽しみたいものです。(そしてそれはそれで好き)
少年たちが悩み迷い苦しむ姿が最高にキュン
忘れられたキュン心が麻生さんの本にはあると思います。
そして、麻生さんの本は四季の表現が美しいよね。
その綺麗な季節の中での恋というか……
そういうのが素晴らしいと思うな。エクセレンッ。

悩みながら恋する青年たちに私はもう夢中ですよ…
葛藤して悩んで、自分のことでいっぱいいっぱいになっちゃう感じ。
それを相手にぶつけながら、っていうのが今回の本の中ですごくいいなぁと思う


今回、本の中で何度も出てくるのが、
「恋愛と友情の境目は?」ということでした。
私にとって、これって永遠の萌えテーマです。
最近思うのは、それは突然現れるボーダーではなくて、そこにあることに気づくか気づかないかの違いなのだと思います。

ボーダーの存在に気づいた時には、もうほもほも世界に落ちてるんでしょうけどね。

三度目の正直。 

June 25 [Sat], 2005, 0:00
『耳をすませばかすかな海』崎谷はるひ(絵:おおや和美)【ルビー文庫】

全てにおいて秀でていること自体がコンプレックスの大学生・宮上和輝。なにもかもが鬱屈していた高3の夏、勢いにまかせて肌を重ねた不思議な魅力を持つ相手・ショーイと1年ぶりに再会するが…


ブルーサウンドシリーズ3冊目にして、ようやく好みの一発。
当て馬はいませんが、カップリングをはずされるよりマシです
今回のカップリングタイプは年下×ビッチ(崎谷先生談)、これほど好みのカップリングがありましょうか。
和輝がワンコ攻でないことと、余裕がないことだけが残念ですが、
過去二作の悔しさを思えば、そんなこと全く気になりませんから。

唯一これだけは指摘させて欲しいということを挙げるとすれば……

和輝は童貞の方が良かった。

これくらいかなー。
あれだけの分量読んで、指摘するところがここしかなかったってのも虚しいですけどね。

だってさ……
和輝はマユキチに行くと信じてやまなかったのに、続編でいきなりホモ化
私もショックでしたが、今度こそ母親は本当に病気になると思います。
時間があれば「家族にほもがいるとほもになる確率が高い」ということを証明してみたいです。

あ、瀬里編は読んでません。
あれはちょっと受け付けない。

とりあえず、ミルククラウン、いやビターショコラの続きが読みたいです、先生!

朗報続き。 

June 21 [Tue], 2005, 6:44
ここ最近、嬉しい発売情報が続いておりますが……
ついに、おいでませです。



『FLESH&BLOOD』12月ドラマCD化。


ソースは原作者様のHP。
ちなみに、発売はマリンさん。

『F&B』の発売日に裏切られっぱなしの私は、この時期になると発売をチェックするのですが……
まさかこんな情報が入るとは思っていませんでした。


今年はすごいな…こんなに期待度の高い作品を次々にドラマCDにしてしまって。



とりあえず、眠いから後で追記。

おいでませ、深沢様! 

June 01 [Wed], 2005, 0:13

『夜ごと蜜は滴りて』ドラマCD化決定…!


深沢キャスト案を原作者様のサイトで募集していらっしゃいます。

個人的には、伏見でなければ遊佐さんだったのですが…
彼には妖精を温めるという大切なお仕事があるので、不可。
また、諏訪部さんは三作目でクラウディオなので、こちらも不可。
イタリア男と言えば諏訪部さん。一般常識です。


普通に考えたら帝王が有力なのではないかと思うのですが、
今回は以下の要素から深沢キャストについて考えてみたいと思います。

(1)腹黒いというよりしたたか、そして非情
(2)極S(道具・緊縛)
(3)敬語攻
(4)鬼畜・言葉責め
(5)眼鏡

ちなみに、和貴役はノジケンさんです。


待ちに待った続編。 

May 31 [Tue], 2005, 21:00
死ぬほど楽しみにして楽しみにして楽しみにして楽しみにしすぎて迎えたこの本の発売。
楽しみにしすぎて、朝っぱらからアニメイトに電話かけましたからね。
寄こせ寄こせと言って、最後の一冊をゲット。売れすぎ。


『エス 咬痕』英田サキ(絵:奈良千春)【SHYノベルズ】


大物ヤクザである宗近をエスとし、自分の身体を餌に情報を得る椎葉に、ある日、上司から命令が下った。それは同僚の刑事である永倉の援護をするというものだった。





2/5だけどツボはついてるんだよ… 

May 22 [Sun], 2005, 16:30
『白猫』トジツキハジメ【GUSHコミックス】


5本短編が入っている中で、1本大当たり、1本なかなか当たりだったので、確率的にはまあまあなのですが、
その大当たり作品が心にズキュンと来すぎたので、2/5といえど、ポイントはかなり高いです。
そんなわけで、もそ的大当たり作品についてのみ。。。



『秘密の話』


ホモ嫌いの依、は友人・河森の気持ちに気づいていながら、言葉にさせないよう牽制することしかできないでいた。
河森を完全に拒みきれないのに、河森が自分の特別であると認められずにいたが。






2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像もそ
» バックオーライ=バッチコイ (2006年11月17日)
アイコン画像通りすがり
» 少女漫画誌マーガレットがやりおった…! (2006年09月24日)
アイコン画像鶴亀
» バックオーライ=バッチコイ (2006年08月14日)
アイコン画像もそ
» ホモ小説で一年を振り返る〜2005〜 (2006年01月21日)
アイコン画像suzuya
» ホモ小説で一年を振り返る〜2005〜 (2006年01月20日)
アイコン画像もそ
» 少女漫画誌マーガレットがやりおった…! (2005年11月13日)
アイコン画像アキ
» 少女漫画誌マーガレットがやりおった…! (2005年11月10日)
アイコン画像もそ
» 恋愛と友情の境目。 (2005年11月06日)
アイコン画像もそ
» 少女漫画誌マーガレットがやりおった…! (2005年11月06日)
アイコン画像suzuya
» 少女漫画誌マーガレットがやりおった…! (2005年11月05日)
Yapme!一覧
読者になる