じゅくFORZA子どもto学び研究所

December 31 [Sun], 2017, 8:23
この春で野田市清水で25年の創造系科学教室です。

じゅくFORZAの分校「数楽教室:ダ・ヴィンチ(仮名)の第1期メンバーを募集予定です
 妄想的な構想の詳細はこちらから!分校「数楽教室:ダ・ヴィンチ」

2017年春の募集(2月〜3月)
 ※2017年度の募集予定はこちら

コース紹介
 教室のwebサイト
 教室のfacebookページ
 ガリレオ1&2(対象:小1〜3)
 エジソン1&2(対象:小3〜5)
 ダ・ヴィンチ1&2(対象:小5〜中1)
 ※各クラス2名〜

費用
 入会金:5000円+tax
 年間諸経費:5000円+tax
 教材費:なし
 月謝:ガリレオコース7000円+tax、その他のコース8000円+tax

連絡先
〒278-0043千葉県野田市清水248-1
  (1階が公文式野田教室で、2階が当教室です)
04-7121-0157

駐車スペースは5台分ありますが、1階の公文式教室と共用のため火・木・土曜は長時間の駐車はできません。車でいらっしゃる場合は清水公園駅の有料駐車場(1時間100円)のご利用をお勧めいたします。
お問い合わせはこちらの入力フォームから
体験授業お申し込みはこちらの入力フォームから


じゅくFORZA卒業生たちの活動:じゅくFORZA黒帯
 ダ・ヴィンチコースを卒業したメンバ−向けに開催している活動です。
 次回は2017年3月18日(土)18:40〜20:40
参加表明はこちらから
 ※卒業生のみが対象の活動ですので、一般の方は申し込めません。

2017年体験授業

April 01 [Sat], 2017, 10:26
2017年個別体験
※授業見学期間は終了しました。

※体験授業:3月13日〜3月31日
16:30〜18:30でご都合の良い時間(30分程度)
体験授業お申し込みはこちらの入力フォームから

2017年度のクラス

April 01 [Sat], 2017, 8:49
2017年度クラス(予定)
※2017年度は野田まちゼミの参加は予定していません。
※募集人数を修正しました。(2017/2/24)
※ガリレオ2の受付を一旦停止しました。(2017/2/24)

平日クラス(1回50分、年間45回)
ガリレオ1(小1or2)
 ・火曜16:30〜17:20(6名)
 ・金曜16:30〜17:20(4名)
ガリレオ2(小2or3)
 ・水曜16:30〜17:20(募集なし)
 ・木曜16:30〜17:20(2名)
エジソン1(小3or4)
 ・火曜17:25〜18:15(募集なし)
 ・水曜17:25〜18:15(募集なし)
 ・金曜17:25〜18:15(募集なし)
エジソン2(小4or5)
 ・木曜17:25〜18:15(4名)
ダ・ヴィンチ1(小5or6)
 ・火曜18:20〜19:10(募集なし)
 ・金曜18:20〜19:10(1名)
ダ・ヴィンチ2(小6or中1)
 ・水曜18:20〜19:10(募集なし)
 ・木曜18:20〜19:10(募集なし)


土曜クラス(1回50分or100分、年間23回)
ガリレオ(小1or2) 14:00〜14:50(募集終了しました)
エジソン(小3or4) 15:00〜16:40(募集終了しました)
ダ・ヴィンチ(小5or6) 16:50〜18:30(募集なし)

アラベスク

February 21 [Tue], 2017, 7:35
アラベスクって
とても美しいですよね

美しいものには算数・数学的な決まりがあるんですよ

糸かけの謎解きからガウディーへ

February 18 [Sat], 2017, 9:31
糸かけの謎解きからスタートし

素数
糸かけアート
三角形や四角形への発展
そしてガウディーへと...

なかなか奥の深い活動になりました♪









パターンブロックで分数

February 16 [Thu], 2017, 11:12
スクラッチで数楽プログラムを作ってみました。
分数って難しくないでしょ♪

敷き詰め模様:スカラベ

February 14 [Tue], 2017, 8:19
エジソンコースの数楽活動はあれこれありますが
敷き詰め模様やオリンピックエンブレム(野老デザイン)をはじめとしたテセレーションが中心です!



とにもかくにも奥が深い分野なんですよ♪

「ここに通うとどんな力がつきますか?」

February 08 [Wed], 2017, 8:31
かなり稀なことですが、「ここに通うとどんな力がつきますか?」という質問を受けます
※入会されるほとんどの方からはそういう質問はないんですけどね(笑)

そんなときは「どんな力がつくかはわかりません」って答えます

そもそも
子供たちって千差万別
バックグラウンドも違えば、興味関心も違う
同じものを見ても同じように感じるとも限らない

そんな多感な子供たちだから
様々な先入観や期待感を排除して

その瞬間瞬間のありのままに共感し

数年後にやってくる、「ほんと成長したよな〜」っていう瞬間を楽しみに待つ...

ただ、そんな視点でしか子供たちを見ていないんです


そして、科学、ロボット、数学、技術などなどは
あくまでも子供たちが持っている様々な力を引き出すツールでしかなく

ここでは、知識が増えるなどということは副産物でしかないんです







週に1度
いろいろな地域から
いろいろな個性が集まり
いろいろな課題に
いろいろなチームを組んで取り組み
いろいろな苦労と
いろいろな喜びを感じ
いろいろな経験を積んでいくことで

個々が
それぞれに必要な
いろいろな力がついて行くんですよ


今、年長から高3までの14年間もここに通い続けている子がいます

ほんとに多くの力がつきました
間違いないです

そして、その力は
これからの彼をもっともっと成長させてくれることも間違いないですよ!

うれしい誤算

February 07 [Tue], 2017, 9:46
5年生に

「最終課題は歩行ロボットの開発か糸かけアートのどちらかを選択していいよ」と言ったら

7割が糸かけアートを選択するという…嬉しい誤算(^_^)v

だって多くは「ロボットを作りたい」と言って入会してきているんだからね(笑)

と言うことで、糸かけアートの発表の着地点が見えてきました( ̄^ ̄)ゞ

いろいろな遊びから

February 06 [Mon], 2017, 8:09
「糸かけ」って検索すると
「糸かけ曼荼羅」とか、「シュタイナー教育」とか、「素数」とかって出てくるけど



ま、それはそれとして

いつも
自分なりの遊びというか
自分なりの表現方法というか
自分なりのアプローチというか

そんなものを大切にしてます

だって、結局はそんな「いろいろな遊び」から
「子供たちにどうやって伝えていこうかな〜」っていう遊び心が生まれてくるからね

だから、あえてプログラムを作ってシミュレーションしてみたり


もちろん、手書きしてみたり


もちろん、実際に糸かけしたりね...



ま、そんなことをしながら
どこにゴールをもっていこうかな...って考えているわけです


そうだな...

やっぱり、糸かけのゴールはガウディーだよな!




ということで、教室の年度末の発表会まで、あと1か月...
子供たちにはまだまだいろいろチャレンジしてもらいますよ〜♪