だめだ 

2006年03月19日(日) 2時23分
ああ、どうしよう。

私このままでいいのかな。

言いたい 

2006年03月17日(金) 5時03分
「本当は苦しく苦しくて聞きたくもない」

「そんなことを言われても困る」

「自業自得でしょう?」

「そんなの私だって嫌だよ」


言えたら、どんなに楽だろう。

時間 

2006年03月10日(金) 1時52分
過去の日記を削除した。

あまりにも自分が可哀相で惨めだったから。

どうしてそんなに傷ついてしまったのか今なら分かる気がする。

「どうして信じてしまったの?」

そんな後悔ばかりで。

信じることが怖かった私に

あんなにも純粋に信じさせてくれた人だった。

だからこそ辛かったんだ。


また誰のことも信じられなくなった。

もうこのまま信じられないのかなって思った。


でも彼女の言った言葉を信じてみようと思う。

お前はこの一年間、何を頑張って来た?

強くならなきゃって言ったのは私。

自分で自分を傷つけたのも私。

大好きな人を苦しめたのも私。

それはきっと、もう一度信じたかったからなんだって。


まだまだ時間はかかるかもしれない。

信じてもらえないことが寂しいことだって

私はもう十分に分かっているから。

自分を傷つけてでも、頑張らないと。

嫌いすぎるんだ 

2006年03月04日(土) 1時56分
いらいらする。

今すぐ目の前から消えて欲しいと思う。

それでも表向きは優しく接しなければいけない。

そんな選択をしたのは私だから。


辛い。

いっそ、言ってしまおうか。


「お前が邪魔だ」

「いっそいなくなってほしいと思っている」


私どんどん醜くなるよ。

 

2006年03月01日(水) 6時34分
なんかあまりにもタイミング良すぎて。

嫌だよ。

こんな気持ちになるのは嫌なのに。



もっと深く切りたい。

「きっと」 

2005年09月10日(土) 2時13分
彼女の言う通りになった

私は最後の手段を使うことによって

もう誰も信じられなくなった


信じることが怖くなって

もう何も信じられなくて

信じてないから裏切られることが怖くなくなった


私は強くなれたんだろうか

決意と選択 

2005年09月06日(火) 2時03分
これが正しい選択だったとは

言えないかもしれない


「あなたが最後に悪あがきすることで

何が変わるかなんて分からないし

何も変わらないかもしれない

けれど一つだけ覚えておいて

きっと悪あがきしたことを後悔すると思う

すごく傷つくと思う

だけどその分強くなれるから・・・」


そう言ってくれた彼女の言葉を信じて

私は最後の悪あがきをした

どんな結果になろうと

これが私に出来る最後の手段

限界 

2005年09月02日(金) 2時01分
眠れない体が

もうお前は限界なんだと言ってる気がする


限界をこえたら

どうなるんだろう

久しぶりに・・・ 

2005年06月15日(水) 17時48分
久しぶりにこのBlogを見た。

読み返したら涙が止まらなかった。

そういえばこれを書いていた時も、ずっと泣きながら書いてた。


最近、泣かない日がないなぁ・・・。

 

2005年03月19日(土) 8時15分
愛が綺麗なものだと思うのは

幸せな恋愛をしている人だけだ
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mororokurage
読者になる
Yapme!一覧
読者になる