問題3 

March 14 [Sun], 2010, 0:34
先日、子どもを連れて山に登った。帰る途中、にわか雨にあってずぶぬれになった上、もう少しで道に迷いそうになった。

My children and I went to climb a mountain together the other day. On our way back, we got soaked by rain, and almost lost our way.

improvements
went hiking
lost our way→got lost

The power of Music 

February 13 [Sat], 2010, 15:07
Driving along a coast while listening to a radio, we can visualize the scene of our past because of the familiar sounds of the songs. Such an encounter with unexpected songs has a mysterious power to bring back our past emotions. It has been a great wonder why we can recall what happened to us because of the power of music. Since this thought came to my mind, I have started to choose songs which are appropriate for my feelings. The selection of songs is so exciting that I can find many melodies and lyrics to be what I want to be. This fantastic aspect of music power is significant, so it should be considered when we listen to music. In order to show the significance clearly, I want to show an example of my memorial songs.
One of my memorial songs is composed by Chage and Aska. They are Japanese and often combine some factors of Japanese Enka with those of popular music. Due to the sounds of Enka, some of their songs are really melancholic and make me cry. One day, I heard one of their songs on a radio, which reminded me of my junior high school days. At that time, I liked a girl in the same classroom, but I was refused by her. After going back home, I tried to listen to music to relieve my sorrow with a song. And the song I listened to was Chage and Aska's song. When I heard the song again, tears came from my eyes unconsciously because the time I spent with her was wonderful, which epitomized my youth. I was grateful to listen to the song by accident.
Music can trigger our emotions. As my memorial song reminded me of the beautiful days, Music sometimes enables us to remember songs which we used to listen to and what we felt at that time. I am always fascinated with this power of music. This power of music gives me a reason why I cannot live without music.

Ideal and Reality in my teaching  

January 11 [Mon], 2010, 22:06
Teaching practice is compulsory for the students who want to be teachers in the future. Generally, students are required to go back to their old schools and teach for at least two weeks. I have taken educational classes in my university to be an English teacher, so I had a teaching practice in Kyoto where my juniorr high school is. In this report, my ideal for teaching English before going to the school and the reality in doing are described.
My ideal for teaching English was to teach the potential power of English. In my experience, English had a great influence on me to broaden my future possibilities. I wanted students to know thier future possibilities by learning English because some students could not find the reason of studying English. In order to acheive my ideal, I planned my classes to mainly focus on English conversations which help students to express their opinions in English. The reality of teaching English was quite different from my ideal. My teaching started from the third day of my teaching experience, but my mentor did not advise me what to do. I appreciated the freedom of teaching she gave me because of the chance to carry out my teaching plans. Even though having the chance, I had to teach students grammar and structure of English every day. This was because the students I taught were the 3rd year, so skills for passing an examination for high schools were necessary for them. Facing the situation, I had a struggle between my idean and this reality.
There was a very big gap between my ideal and the reality in my teaching practice. I could not acheive my ideal, but I will never give it up and will try to find my own solution.

The effectiveness of using slang 

January 02 [Sat], 2010, 18:04
 Slang is generally used by a particular group of people in informal conversations and in spoken language. Due to informality of the slang, many of the words can not be found in ordinary dictionary. Being in Australia, there were a lot of chances for me to see and hear Australian slang which always perplexed me very much. That was why I did not like the people who spoke to me with slang. It is, however, that there may be affirmative ways for using slang. For this reason, I would like to contrast the both affirmative and negative opinions about the use of slang, and reach a conclusion.

First, the supporting idea for using slang is its symbolic aspect of showing an identity. As the definition of slang shows, slang is an informal and spoken words used by a specific group. For example, some black American people have their own slang and working class people in London also have their own. If someone speaks slang, he or she is categorized in a particular group where the slang is used. This signification of slang for confirming identity is the affirmative way of using slang.

Next, the negative opinion for using slang is described. The most difficult thing in the use of slang is its intelligibility. This intelligibility may come from the limited use of slang in groups, which means that words of slang are not pervasive, so a different group of people do not have occasions to know other group’s slang. The intelligibility between groups leads to an inefficient human communication. Because of this difficulty in communication, it can be concluded that using slang has negative aspect for the use.
The use of slang have both advantages and disadvantages. In terms of showing identity, slang can unite people and organize a particular group where people us the same slang. However, slang sometimes causes misunderstanding between different groups of people with different use of slang because of its intelligibility. Therefore, it is necessary for us to know these two aspects of slang before using it.

東ティモールの工業化の可能性 

January 02 [Sat], 2010, 17:48
東ティモール民主共和国は過去ポルトガル、インドネシアの二国から占領され2002年に悲願の独立を達成した。しかし、その長期に渡った占領の影響を受け、開発、投資、教育といった分野の発展が遅れているのが現状である。東ティモールは東南アジアで最貧の国の一つであると言われており、1日に1ドル以下の生活を強いられている国民が未だに多くいる。このレポートでは、まず東ティモール民主共和国の産業構造を経済状況を考慮しながら検証し、その検証を基にこの国の工業化の可能性について論じたいと思う。
 まず始めに、東ティモールの産業基盤は脆弱なものであると言える。東ティモールは農業国家であるにも関わらず、農業が国内総生産に占める割合は僅か25%である。この理由としては、農業を営む国民の大半が自給のために農業を行っていることによる生産性の低さと、インフラなどの整備が整っていないことによる流通性の悪さが原因であると考えられる。国内のインフラを例にとってみると、国全体として水や電気の供給、道路の整備といったインフラが未だに普及しておらず、首都のディリでさえ電気や安全な水は7割しか利用できない。また農村に目を向けると9割の家庭では電気が使用できない状況にある。こういった影響からくる農業生産率の低さにより、東ティモールは、基本的な食料の供給を輸入に頼ってきたのである。また、国内の工業に関しては、工業品の製造工場などもほとんどなく、電気機器、自動車、機械類などは輸入に頼っているということが現状である。特に価格の低い中国製品を近隣のアジア諸国から輸入している。そして、輸出に関しては、コーヒーが主な輸出品であるが、近年の世界市場では、東ティモール産の品質のコーヒーはどこでも作ることができ、米国企業によって厳しく品質管理され、価格も抑えられているのが現状である。また第三次産業の衰退も現在の問題の一つであるとされている。独立後、第三次産業の主な収入源は国連職員やNGO職員、また旅行者といった外国人であった。しかし、国連軍の撤退により産業の低迷が懸念されており、また治安悪化の恐れによる旅行者数の低下も心配されている。今後の主要産業として期待されているのが、南部地域にある油田(ティモールギャップ)の石油・天然ガスである。しかし、その油田の領海問題や採掘権などはオーストラリアと現在も協議中である。
 次に東ティモールの工業化の可能性について検証しいく。上記で産業構造の特徴を示したように、その構造は脆弱である。それゆえ、工業化の可能性は極めて低いということが現時点での結論である。その理由を、次に挙げる二つの観点から説明したいと思う。

インフラストラクチャー(インフラ)
工業化をするにあたって最も大事な要素の一つとなりえるのが、インフラの状況であろう。なぜなら、効率的に工業製品を流通させるインフラなしには国内の工業が発展せず、結局工業製品を輸入する現状と同じになってしまうからである。国内の産業構造を検証することで、国内の水や電気といった生活に必要なインフラ整備も未だに遅れをとっているということが明らかになった。しかし、工業化を行うためには、それらのインフラ以外の度往路の整備などが必須になってくる。そうなった時に、政府が交通機関のインフラなどを生活に必要な水・電気のインフラより優先して実行することは考えられない。それゆえ、現状のインフラの整備状況を考慮すると、工業化の可能性は難しいということになるであろう。


外貨獲得
工業化の可能性が低い理由の一つは、工業製品では外貨獲得が難しいということである。
現状の外貨獲得の手段はコーヒーの輸出を主とした農作物である。しかし、これを工業化により工業製品を外貨獲得の輸出製品とした時に、問題となってくるのが国土面積と人口であろう。なぜなら、工業化に成功した中国などは、これら二つの要素が満たされていたこともあり、あれほどの成功を収めたのである。しかし、東ティモールの国土面積は約1万4,000平方キロメートルであり、その人口は約106.5万人とされている。これらの数字から読み取れることとは、東ティモールは工業化に適さないということである。その理由は、近隣国のインドネシアなどは、国土面積、人口とも東ティモールのそれより大きく、近隣諸国へに対しての東ティモールの工業製品の輸出の必要性がないのである。また世界市場に対しての輸出を考えても、大量生産によって価格を下げることができないこと、また輸出のためのインフラが整ってないことにより、国際競争に勝てる見込みは薄い。それゆえ、工業化をするメリットが東ティモールには発見しにくいのである。

 最後に、東ティモールの工業化の可能性の結論を述べたい。今まで産業構造などから工業かの可能性を検証してきたが、実際その可能性は低いという結論になった。なぜなら、工業化に必要なインフラ整備が整っていない現状や、工業化のメリットが低いという問題が挙げれる。それゆえ、まず東ティモールがこの先に行わなければいけないことは、経済の基盤を作ることであろう。そのためには、第一次産業を充実させていく必要があると考える。特に農業と天然資源の2分野である。現在の外貨獲得手段は主にコーヒーの輸出だけである。そのために、換金作物としては、ココナッツ、ココア、カシューナッツ、バニラが考えられるが、その中でも外貨獲得の可能性が高いのが、コーヒーである。現在、コーヒーの 世界価格は低いものの、ティモールのコーヒーが有機農産物として国際的な認定を受けられれば、それによる外貨の獲得・収入が期待できるとされている。また、コーヒー以外の換金作物の創出を行い、それ輸出を積極的にしていかなければならない。また農業推進の理由としては、今後も労働力人口の4分の3が農業就業者と予想されるからである。
このように、まずは工業化を行うよりも国内の農業を促進し、国の主要産業としての農業の地位をより高めていく政策が必要であるだろう。

問題2 

October 04 [Sun], 2009, 23:55
日本語を教えている小学校が米国、シカゴ市内にある。日本語教育を始めたのは、勉強への興味を持たせるためだそうだ。私がその学校を訪れると、子供たちが片言の日本語で歓迎してくれた。

There is an elementary school in Cicago in USA where Japanese is taught. The japanese education started to make students have an interest in studying. When i visited there, the students welcomed me in Japanese which was not perfect.

model
There is an elementary shcool in Chicago, in the U.S., where they teach Japanese. The teachers say they began to teach it so that students would get interested in studying. When i went there, the students talked to me in there broken Japanese.

World English 

August 03 [Mon], 2009, 1:20
In this world, there is an uncountable number of languages. Among those languages, English can be regarded as a universal language now in terms of its broaden use in many countries. However, regarding English as only ‘Standard English’ is no more acceptable because the number of non-native English speakers is increasing, which makes varieties of English. Therefore, it is completely impossible to restrict the definition of English as ‘Standard English’. That is why there is necessity to regard English as a Global Language which implicates the variation of English. In order to prove the importance of this recognition, history of English and problems of it are described.
Historically, there were two main factors which spread English to all over the world. One of the factors was British colonial power in 19th century. Nearly a third of countries in the world was conquered by Brighten and forced to implement English education this century. The typical examples of these conquered countries were Singapore and India where English is now spoken as an official language. Due to this enforcement of English education, English has become an official or a chief second language in many countries, which has created the large number of English speakers.
The other factor was American economic power in 20th century. In this century,the center of industry moved from Brighten to America. In order to make a fair business with USA, it was necessary for other countries to understand English. Therefore, a lot of countries where English was not spoken realized the importance of English as a tool for a business communication. That was why the number of these countries which started to implement English education universally increased. However, these two colonial and economic factors of English expansion created a big problem.
The problem caused by the expansion of English is the possibility of losing identity for non-native English speakers. Now, English is the most influential language in terms of culture, politics, and economy. Therefore, it is compulsory to make and keep a position in this world by using English. This point is relating to a language imperialism. The dominance of English is quite vast in this present society. Therefore, there can be unfair problems if people do not know English. For example, majority of the latest information is published in English, so it is necessary to obtain information to follow the direction which this world is going to. However, this use of English in any universal fields leads to depriving chances of showing opinions in their native languages which prove their national identity. To solve this problem, people who attend international conferences try to speak English with accents of their native languages. In terms of ‘Standard English’, it may sound strange for native English speakers from USA or Australia, but it is getting more and more difficult to define ‘Standard English’ because the number of non-native English speakers exceeds that number of native speakers. This point shows that it is important to accept all kinds of English as English for saving identity.
It is obvious that there is the dominance of English in respects of economic and political fields from the historical view points, but the varieties of English should be more accepted for protecting identities for non-native English speakers.

アメリカの医療保険制度 

August 03 [Mon], 2009, 1:18
病気になったとき病院で治療を受けることができるということは国家が保障すべき国民の権利であろう。そして、その病院での医療費を保険によって負担するというのが日本の常識であると考える。しかし、経済大国アメリカで保険に加入していない人が多数おり、それによって医療保険問題が起こっているということは驚くべき事実であった。そんな状況を生む原因となったのが、アメリカの市場原理主義であろう。この市場原理主義のもとでは医療サービスも「商品」として扱われ、そこに民間保険会社が決定権を持つ構図になっている。このような市場原理主義から起こるアメリカの医療保険制度の問題を、アメリカ医療の現状、公的保険の不備とアメリカ民間保険会社の実態という三つの側面から検証していきたいと考える。
 まず初めにアメリカ医療の現状を検証していく。アメリカの一人当たりの医療費の負担額を世界の国々と比べてみると、一番はアメリカ合衆国で二番にスウェーデン、カナダと続く。このように、アメリカは医療費支出が世界で一番多い国なのである。そして、アメリカ議会予算局の予想では、2007年にGDPの4%であった医療支出が2050年には12%になるということが懸念されている。国内での医療費の問題としては、医療費が州によって違うということである。例えば、2006年オレゴン州では一人当たりの医療費が$5、000、サンフランシスコでは$8,000であり、マイアミでは$16,000であった。しかし、医療費の額が高いからといって、より高度な医療を受けることができるというわけではなく、州によっては高額な医療費にもも関わらず、劣悪な医療現場があるという確認もされている。医療費が高い原因としては、病院間での競争の原理ができていないことも考えられる。また、民間保険に加入している人々も、手続きミスなどを理由に保険給付を拒否されることがある。なぜなら保険が適用される薬・治療法は保険会社の医師達によって限定されており、この保険の適用の限定をすることによって、医師達により多くの報酬がいくように設定されているのである。そして、このような状況が医療保険の現在の非加入者4千900万という数字を作っているのである。これらの4分の1以上の人は医療保険に入ることができるが、入ることを選ばない。上記に記述したようなことがアメリカ医療の現状であるのだが、その医療制度問題の原因とは何であるのか。その原因を公的保険の不備とアメリカ民間保険会社の実態という関連性から考え、その原因に対する現政権の方向性を検証していきたいと思う。
 一つ目の原因として考えられるのが、アメリカの公的保険制度についてである。現状としては、アメリカには公的保険制度がなく、例外として、国から発行される低所得者向けのメディケアと、各州の厚生年金によって発行される障害者向けのメディケイドという公的保険が存在するだけである。そのために、病気や事故の予防のためには民間保険に入らなくてはいけない状況である。しかし、ここにアメリカの医療保険の問題が隠れている。なぜなら、民間の保険会社は利益を得るために出来るだけ保険を患者に給付しないようにしているのである。つまり、保険会社が健康な患者を選んで、病気の患者が保険を購入することを拒否することが許されているのである。その一例として、「既往症リスト」というものがあり、そのリストに載っている病気にかかっている患者は保険の加入を拒否されるのである。その結果、全米で5000万人の人々が保険に入っていないという状況を作っている。
 この医療保険問題はオバマ政権にとっても一つの大きな課題となっている。医療保険改革の基本となる内容は、国民全員に保険加入を強制することはないが、全ての患者を保険に加入させる方向に持っていくことである。この改革で、大統領はすでに子供に対する州からの医療保険や、今後10年間で全ての国民が保険に加入できるための資金投資を約束した。また、既往症リストなどによって保険加入ができない患者に対して、その加入基準の改善などを行うことを決めた。しかし、政府によるこの医療保険改革により、現存する民間保険会社に影響を与えることも示唆されている。例えば、政府の補助金で国民が民間の保険に加入しなくなったら、今まで民間保険料から利益を得ていた病院などが減少する可能性があり、オバマ大統領はこのような可能性を見逃しているのかもしれないとの批判があるのも事実である。また、この改革には莫大な資金が必要であり、少なくとも100万ドルが今後10年間で必要になると予想されている。しかし、この資金がなければ改革は難しいのが現実でもある。
 経済大国と呼ばれるアメリカが国家が補償すべきはずの医療というインフラを提供できていないことは驚きであった。しかし、経済大国だからこ市場原理主義というものが発展し、そのつけが医療問題にまわってきたのだということが公的保険と民間保険会社の関連を検証することでわかった。そしてこの医療保険問題に対する現オバマ政権の対応も資金繰りが難しいが、これから10年間でどれだけ保険加入者を増やすことができるかということが現在の争点であろう。






ユートピア 

August 03 [Mon], 2009, 1:15
ユートピアという言葉は「どこにもない」というギリシア語から作られた架空の国を示す言葉であり、この語句が近現代の「ユートピア文学」を生み出すきっかけとなった。この架空の国の状況を描くことで、現実の社会に対する批判を著者は試みたのである。この作品では、著者トマスモア自身が物語りの中で一人の登場人物となり、架空の賢人の話を聞いて実際の政治や外交批判などを行うという内容になっている。特に第一巻では、当時のイギリス内政の欠陥が批判されている。その批判の興味深い点としては、これらの欠陥が16世紀だけのものではなく、現代世界にも当てはまるような事例であるということである。例えば、この本の中で描かれている国家観というものは、現在の国家を説明することも可能であると考える。例えば、私有財産の有無に金銭が権力を作る関係性や、一般的に正義を行っている国としてみなされる国は、悪人の手によって動かされている国である。繁栄している国は少数の裕福層に富の独占が行われているなど。その中で行われている批判方法の流れとしては、まず賢人が政治などの不正を説明する。そして、その説明の後には自分がもしその政治について意見を求められるものなら、必ず誹謗や中傷をされるという結論で締めている。この文脈から読み取れる点としては、トマスモアが実際の政治などに失望を抱いており、その失望と自分の政治的立場がどれだけ正当に評価されなかったかを憂いての気持ちを、この作品で表現しようと試みたのであろうと思う。また第二巻では、ヒュトロダエウスによる架空の国「ユートピア」の叙述が行われており、ユートピアとは現実の国を裏返したような理想郷であると描かれている。その中で、「責任不在の自由主義」や「人間不在のデモクラシー」などの疑問が投げかけられている。このように、ユートピアという理想郷を描くことによって、現実の国々と比較する対象物を著者は作ったのである。ここからは批判の対象となっているものを、階級社会と価値感という二つの項目にわけて考え、最後にユートピアという作品のシニカルな点について述べていきたいと思う。
 まず初めに、批判の対象とされてりうのは階級社会に関わる事柄である。君主象と富の独占についてである。君主象の批判としては、君主は平和よりも、戦争の問題や武勇のことに興味があるとされている。また、富の独占については以下のように述べられている。独占の構図としては、貴族が小作人を搾取する形であると描写されている。その例としては、イギリスの囲い込み批判として引用される、「イギリスでは羊は人間をも食べる」という表現で表されているように、貴族や紳士、聖職者や修道院長までが百姓たちの耕作地を取り上げる状況が示されている。これにより、耕作地の減少による仕事不足、その結果小作人が犯罪にはしるという悪循環が生まれている。このような問題は独占権や搾取などの現代にも見られる社会問題がその時代にも存在していたことを証明している。そして、そういった問題を生む原因として、社会システムが搾取されている人間に対して機能していないという社会全体としての問題が挙げられると考える。
 二つ目の批判としてなされているのは、価値感についてである。その中では貨幣価値と労働についての価値が述べられている。まず貨幣価値について説明を行う。ユートピアという国では、他の国では大変貴重とされている金や銀が貴重とされておらず、むしろそういう物は奴隷の足枷などに使用されている。その理由としては、金や銀が希少であるというだけで評価されて、生きていくに必要なもの以上に価値を置けるものではないとしているからである。さらに、ユートピア人は金銀を汚いもの、恥ずべきものという観念を人々の心に植え付けようとする。だから金銀に対し価値をおいていない。また自然こそが人間にとって最もよい影響と必要なものを与えてくれると考えている。この貨幣価値の批判から考えられる点としては、貨幣社会に対する批判ではないであろうか。著者が作品を書いた自体のイギリスでも現代の世界でも、もはや貨幣がなければ成立しない状況にある。しかし、貨幣というものは人々が共通した価値を見出さないと、単の紙切れや金属になってしまう。この点に物質主義的な世界が表されており、そこに物質主義のはかなさが見受けられる。次に労働についての価値についてだが、ユートピアでは牛馬のような働きすぎる生活は悲惨で奴隷の生活よりもひどいとされている。それゆえこの国では労働に僅か6時間の時間しか与えられていない。その短い時間内で生産性を維持できる理由としては、女性の労働参加、年齢制限がなされていないという事実がある。
 最後にユートピアという作品のシニカルな点について述べたいと思う。この作品では上記で考えてきたように、現実世界の批判を行いながら如何にユートピアという国がすぐれているかが記述されている作品であった。しかし、その理想郷の中で理想と矛盾している点を挙げれば、それは奴隷の存在であると考える。なぜなら、作品の中で貴族から小作人に対する不平等を訴える中で、奴隷という存在がいかにも当たり前のように描かれていたのが、この作品の時代背景を映し出しそれがその年代の世論であったのではないかと思う。
奴隷の定義を、奴隷されるのはユートピア人の同胞で必要な犯罪を犯したため自由を剥奪されたものか、他国の都市で重い罪科のために死刑宣告を受けた者達とされていた。しかし、如何に奴隷の定義を他の国と違うように論理的にその正当性を説明しようとも、奴隷という存在がある時点でその国には社会的な平等というものがないのではないか。この点がこの作品において一番矛盾を抱いた点であった。

The collaboration with AET in teaching English 

July 20 [Mon], 2009, 13:31
In Japan, native English speakers are invited by the government to teach English in a junior school and a high school as a AET(Assistant English Teacher). However, the collaboration between Japanese English teacher and ALT sometimes causes problems in Japanese English education. The causes of these problems are led by a way of distribution of tasks for teachers and the contradicted purpose of English education in Japan.
One of the reasons can be how to distribute tasks for both Japanese English teachers and AETs. Generally, Japanese English teachers tend to teach English grammar, and AETs are required to teach oral skills. When a Japanese teacher teaches students English grammar, an AET may have nothing to do because some knowledge of Japanese language is necessary to teach English grammar. A friend of mine is a AET in a Japanese junior high school now, and she told me that there were difficulties to decide what to teach and not to teach as a AET.
The other reason is related to the contradicted purpose of English education in Japan. The tendency of Japanese English education is to emphasize more oral communication than reading or grammar. On the contrast, Japanese entrance examinations for a junior high school and a high school still require students to study mainly translations from English to Japanese and corrections of grammatical errors. Therefore, it is difficult for teachers to make enough time for reaching the purpose of the English education because of the contradiction.
 In conclusion, the collaboration between Japanese English teachers and AETs needs to be improved because of the present problems in teaching English. The distribution of tasks for the both teachers and the contradicted purpose of English education are main causes of the problems. In order to solve the problems, it is important for Japanese English teachers to find out how to collaborate with AET in teaching English.
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■プロフィール■
■代替テキスト■
上の住人
19歳大学生 パソコン下手
趣味は色々でも多趣味の自分が時々嫌・・・                  今年はすべてのことに目標を持っていきたい
最新コメント
アイコン画像腎臓移植について
» アメリカの医療保険制度 (2011年04月18日)
アイコン画像松山
» final (2008年11月07日)
アイコン画像mori
» the last week (2008年10月19日)
アイコン画像soba
» the last week (2008年10月18日)
アイコン画像ついに200人切り達成!!!
» time has come!! (2008年10月06日)
アイコン画像かず吉
» problems?? (2008年10月03日)
アイコン画像masashi
» problems?? (2008年10月03日)
アイコン画像松山
» problems?? (2008年10月01日)
アイコン画像mori
» good bye my friend!! (2008年09月14日)
アイコン画像OGAっち
» good bye my friend!! (2008年09月13日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:morizou117
読者になる
Yapme!一覧
読者になる