【激安価格!】森林原人SEX動画塾の新事実と交差点で車同士が衝突 男女2人が死亡 金沢市(13/03/02)

March 06 [Wed], 2013, 22:50
おはようございます。


現在森林原人SEX動画塾レビュー特集中です(^^)
森林原人SEX動画塾は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

森林原人SEX動画塾体験評価はこちら


メインサイトでは、長寺 忠浩さん作の情報教材森林原人SEX動画塾を体験した上で、
秘密の特典付きでお届けしています。

情報商材は高価ですので、ぜひお得な特典付きで手に入れてくださいね!


購入前はいろんなご感想はあるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細&レビュー買取り情報はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

森林原人SEX動画塾体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


けさの朝食は冷ご飯と、出汁巻たまごとお吸い物

私の大好物ばかりです。



9分で完食、10時33分に我が家を飛び立ちました



昨日と同じミニストップによりみちして、ミントティーをサクッと買いました。



これで今日もイケるぜ^^。



会社に行くと、ルーチンワークであるポータル・ニュースをチェック!

けさのニューストピックは・・・

↓↓

 1980年代に一世を風靡(ふうび)したウォークマンの登場から時間が経つにつれ、音楽を楽しむ、という文化が衰退していた時期があった。人々に再び音楽とともに過ごす時間の喜びを思い出させ、世界的大ヒットになったのが2001年に登場した「iPod」だった。

【拡大画像や他の画像】

 このiPodがやがて電話の再発明である「iPhone」を生み出し、「iPad」をも生み出すことになる。この2つのデバイスで人々の生活スタイルを一変させたアップルが、今度は「読書」習慣の再興を目指す。ついに日本でもスタートした「iBookstore」のことだ。このサービスの魅力はどこにあるのか、本質に迫っていこう。

●よい体験がよい文化を生み出す

 この本屋に泊まれたら、一体どんなに楽しいだろう――そうワクワクする本屋がある。その一方で、話題の本を買うときにだけ立ち寄る「用を済ますだけ」の本屋もある。

 同じ本であれば、どちらの本屋で買っても中身はまったく変わらないはずなのに、購入した場所の違いで、本と向きあう姿勢や期待に差を感じる人がいる。筆者もそんな人間の1人だ。

 アップルが新たに始めたiBookstoreは、そんな違いを感じとれる人がニヤリと笑みを浮かべて利用できる初めての電子ブックストアかもしれない。

 電子ブックの書店は、紙の本の書店を軽く上回る蔵書数になることが多い。「大量の本の中で出会いを生み出すには、優れた検索機能が必須だ」というのが、よくある“IT屋”の発想だ。確かにビジネス書など「知識」が目的の本ではそういうことも多いだろう。

 だが、何が欲しいと決まったものがなく、ただ楽しさを求めて本屋を訪れる人も少なくない。そして、iBookstoreはまさにそうした人々を喜ばすために作られたブックストアではないかと思っている。

 どうやって来店者を喜ばすかは書店によって違う。こだわりの店員のメモ書きでお勧めの1冊が分かる書店もあれば、この本をそういう切り口で紹介するのか、という企画力のうまさで勝負する本屋もある。フランス文学だったりアート本だったりと、そもそものセレクションの絞り込みで人を魅了する本屋もあれば、店のたたずまいが素晴らしく、そこにいるだけで本と一緒に上質な時間を過ごせる書店もあるだろう。

 iBookstoreは「映画化された本」や「ティーン向けフィクション」など、キュレーションの部分でも奮闘しているが、他社が提供するサービスよりも圧倒的に優れた特徴を挙げるなら、やはり「たたずまいの素晴らしい書店」を演出していることではないかと筆者は思う。

 「商品を並べて決済機能をつければどのショップも同じじゃないか」という人もいるかもしれない。だが、全メーカーの端末をあわせた出荷量ではAndroid端末がiPhoneを大きく上回るのに、iPhoneのApp StoreとGoogle Playでは有料アプリの売り上げに大きな差があることも事実だ。「どのショップも同じ」と主張する人は、シェアが小さいiOSのほうが、いまだに有料アプリの売上高ではAndroidの3〜4倍以上もあることをどう説明するのか、逆に聞いてみたい気がする。

 よい購入体験を提供するということは、商品に対してきちんと対価を支払う優良な顧客を育て、その売り上げによって新しい文化を生み出すクリエイターを育てていくという循環を築くうえで、無視できない極めて重要なポイントのはずだ。

●デジタルであることを忘れさせる肌触り

 さて、iBooksがすごいのは本を購入するときだけではない。iBooksのアプリケーションで本を読む行為自体も、さすがアップルだと思わせる。例えば、書体や画面だけのバーチャルであることを意識させない自然なページめくり。画面から余計な情報を取り除き、読書体験に没入できるフルスクリーンモードがある一方で、iPhoneユーザーを想定し、電車の中で片手で読書をする際に便利なスクロールモードなど、「本を読み進める」という行為を心地よくするための工夫。そして、ハードウェアのスペックシートからは見えてくることのない、圧倒的に滑らかな操作感――そうした「質」の部分をアップルが徹底的にこだわり抜いているからこそ、それが紙かデジタルかを意識することなく、読み手はコンテンツを楽しむことができる。

 文を読みながら、端末を持つ手の親指でページの端を少しだけめくったり、戻したりと、こうした読書そのものには関係のない手遊びの部分まで含めて、体験の心地よさという点では、(個人差もあるだろうが)iBooksはほかを凌駕(りょうが)していると思う。

 故スティーブ・ジョブズ氏は、アップルを「テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立つ会社」とよく紹介したが、そういう意味では、iBookstoreも「読書」という人類が育んできた文化を、これからのデジタルの時代に引き継ぎ、発展させることを目指しているのだということが、ディテールの触感からも伝わってくる。

●書き手が望めばデジタルならではの表現も

 ほかのアップル製品と同様に、ユーザー体験にこだわったiBooksでは、文字だけの本でも心地よく楽しめる。もちろん、それだけではなく、電子ブックであることを生かした新しい取り組みに挑戦することもできる。

 米国ではすでに動画入り書籍などが販売されているが、日本でも村上龍氏が、2011年刊の「心はあなたのもとに」、2003年刊の短編「空港にて」、2000年刊の「希望の国のエクソダス」の3冊をiBookstoreのみで限定発売し、それぞれに電子書籍ならではの演出を加えている。

 例えば、「心はあなたのもとに」は、男女の間に交わされた携帯メールを通してひも解かれる恋愛小説だが、物語の冒頭に登場するメールは、本の上に表示された携帯電話の線画の上に、まるで今その場で文字が打ち込まれていくような演出で読者を物語の世界へ引き込んでいる。

 一方、ディズニーの「トイスト−リ−3 ずっと おともだち」では、絵本の物語を録音された音声で読み上げてくれる「読み聞かせ」機能があったり、学研の児童向け仕掛け絵本「ぴよちゃんのおはなしずかん おてがみきたよ」では、絵本の中に出てくるさまざまなものをタッチすると、それが動いたり日本語や英語で名前を教えてくれるインタラクティビティを実現しており、作家が望めばすでに出版されている書籍に、電子書籍ならではの演出を加えられることが分かる。

 iBooksの書籍は、基本的にEPUB3という形式で、この形式の電子書籍には、最近Webサイトでも増えているHTML5(やCSS3)を使ったリッチなインタラクティブ表現をそのまま盛り込むことができる。

 ピクサーのアートディレクターで監督のジョン・ラセター氏は、かつて「アートはテクノロジーをたきつけ、テクノロジーがアートにインスピレーションを与える」と語った。iPhone、iPad、iPad miniが備える魔法の力――ユーザーに「それが機械である」ことを忘れさせる体験――とEPUB3規格がこれからどんな電子ブックを生み出していくのか、期待を感じずにはいられない。

●マンガやラノベに対応し、「日本の書店」として土台固め

 さて、十分にブラッシュアップされた電子書店と読書体験、そして未来への期待を抱かせるテクノロジーを備えたiBooksだが、一方で、まずはサービスとして、人々に受け入れられ、出版社に認められ、日本の出版業界の文化に根を下ろしていく必要がある。

 すでにiBookstoreのサービスそのものは、日本で始める前に世界50カ国で展開されており、累計1億3000万冊の本を売ってきた実績がある。ただし、日本は非常に変わった出版文化を持つ国だ。

 この国でしっかり受け入れられるべく、アップル子会社のiTunesは、iBookstore専属の部隊を用意し、日本ならではの書籍の選択と、出版社/読者の双方が納得しやすい価格設定の調整に務めてきた。

 紙の本よりは安いが、あまり安過ぎる値付けにもしない。その分、iBookstoreで買った本は、心地よく読書できるiBooksのアプリで読める。そう考えると、iBookstoreの価格設定は、なかなかバランスがよいのではないかと思う。

 iBookstore日本部隊は、さらに日本のiOS機器ユーザーが満足できるように、欲しいと思える本をしっかりと吟味して取りそろえたという。その結果、日本ならではの試みとして、マンガやライトノベルの販売も行われ、尾田栄一郎の「ONE PIECE」、ヤマザキマリの「テルマエ・ロマエ」、荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」を始めとする著名な漫画作品が並んだ。特に荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」のカラー版はiBookstoreのみの限定販売となっている。

 マンガやライトノベルというと、ほかでも電子ブックストアでいい売り上げを立てるうえでの柱であり、立ち上がったばかりの電子ブックストアは、質の善し悪しに関わらず、エロものもグロものも関係なく、この分野の本を重点的に取りそろえる傾向が強いが、iBookstoreは少なくとも今のところは(そして願わくば今後も)、ファミリーや子どもも安心して立ち寄って楽しめる電子ブックストアになっている。

 「テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立つ会社」が提供する書店とあって、こうした選書の基準の違いも、iBookstoreならではの価値になるはずだ。もっとも、だからといってマンガやライトノベルを切り捨てるわけではなく、日本のiBookstoreは日本の文化に根ざした基準を新たに作り、これからの電子ブックストアのあるべき姿を模索しているところも非常にアップル的といえるだろう。

 当然、インターネットで検索をすれば誰でもすぐに読めるWikipediaやノウハウ系Webページを本の体裁に整えて蔵書を水増しすることもしていない。そもそもアップルは今のところ取り扱い書籍数を声高にはうたっておらず(数万点とだけ明かしている)、ほかのアップル製品同様、「量より質」で勝負する姿勢を明確にしている。

●新しい書籍購入文化を生み出すさまざまな工夫

 ちなみにファミリー向けの展開という点では、筆者はこのiBookstoreとiTunesに用意された「アローアンス(お小遣い)」という機能の組み合わせにも大きな期待を寄せている。

 筆者自身も昔は、毎月の決まった小遣いの中で本やオモチャを買っていた。アローアンスは親から子どもへ毎月決まった額のお小遣いを自動で与える機能で、PC版iTunesのトップ画面右側から「iTunesギフトを贈る」を選び「詳細設定」で設定できる。

 例えば、子どものiTunesアカウントに毎月3000円の「アローアンス」を設定すれば、子どもは毎月3000円をやりくりして、欲しい本やマンガ、音楽、映画そしてiOSのアプリケーションを購入(あるいはレンタル)できるようになる。リアルな社会のリアルな暮らしに近いやりとりを再現するこんなディテールのこだわりもアップルらしいうまいやり方だと言わざるを得ない。

 iBookstoreを勢いづける要素としては、さらにアフィリエイトやソーシャルメディア連携も挙げられると思う。今のところ公式な発表や動きはないが、これまでiTunes StoreやApp Storeで売られてきた音楽や映画、アプリは、LinkShareを通してアフィリエイト収入を得る仕組みが提供されてきた。そう考えるとiBookstoreで発売される電子ブックについても、同じ仕組みでアフィリエイトが用意されると考えるのが自然で、これはブックレビュー系のブログやメールマガジンでiBookstoreの電子ブックを紹介してもらうよいインセンティブになる。

 また、iBookstoreで売られている各書籍のページには、TwitterやFacebookにその本のリンクを投稿する機能や、購入した本の5つ星評価やレビューを書き込む欄も用意されている。こうした5つ星評価やレビューは、最初についた何件かのレビューによって雰囲気が左右され、場合によっては目も当てられないくらいひどい言葉が書かれることもあるが、App Storeで同様のシステムを提供してきたアップルだけあって、そうした部分にも、情報を消すことなく、うまく場の空気をリセットする工夫がされている(イタズラをする人を避けるためにあえて詳しくは書かないが)。

 すでに250億の楽曲を販売してきた世界最大の音楽販売サービス「iTunes Store」のノウハウを生か、お気に入りの著者の新刊情報をメールで通知してくれるアラート機能や、その本を買った人がほかにどんな本を買っているかを教えてくれる機能など、面白い本を発見しやすくする工夫が随所に凝らされている。

 アップルといえば、最先端の技術を駆使してガラスとメタルの素材を宝石のように美しく仕上げる、工業デザインに優れた会社というイメージが強いが、iBooksやiBookstoreは、この会社がソフトウェアのデザインにおいてもいまだに世界のトップクラスにあるということを思い出させてくれる。

●献本は是非iBooksで!

 iBookstoreの最大の魅力は、その体験(おもてなし)のすばらしさだと思うが、世の中には質の善し悪しで評価するのが苦手な人がいる。そんな人のためにiBookstoreの機能上のアドバンテージを追記したい。

 特に個人的に非常に期待しているのが献本だ。私のような仕事をしていると毎月10冊近く本が送られてくるが、取材や講演で国内/海外へ移動していることが多く、紙の本は持ち歩くとしても1冊が限度。新幹線に乗ったり飛行機が水平飛行に入ると結局、機内誌や電子書籍ばかりを読んでいる。

 もし献本が電子書籍ならどこへでも持ち歩けるし、レビューで取り上げたい部分には下線が引けるので圧倒的に便利なのだが、これまできちんとした電子献本の仕組みを取り入れている電子ブックストアは私が知る限りでは存在しなかった。

 これがiBooksでは可能なはずだ。少なくとも同じエンジンで動いているiTunesでは指定曲をコードを入れてダウンロードしたことがあるし、アプリもレビュー用のコードをもらってダウンロードしたことがある。映画とiBookは、まだレビュー用のコードをもらったことはないが、ほかの人にギフトとして送る機能はあるので、献映画、献本が可能だろう。

 今後私に献本をされる方は、本棚を圧迫する紙の本よりも、パーティなどで人に見せて紹介しやすい電子書籍で送ってくれるとうれしい。iTunesのコードで献本する風習が増えれば本についての話題も広がりやすくなるし、知り合い同士でオススメの電子ブックを贈り合う文化が広がるかもしれない。

[林信行,ITmedia]
(この記事はITmedia PC USERから引用させて頂きました)



嘘っ!?

そーなんですねえ。



話は変わって、今日の予約状況。

某A君によるとPPCアフィリエイトに15時間と、ヤフオクで出品作業に4時間。



ちょっとたいへんだけれど問題ないだろう



今日もがんばって稼がねば!



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓





あれ?ぜんぜん関わって無い?

またやってしもうた?



さてさて夕食は何しよ?

カレーかお茶漬けがいいなぁ〜



恐らくネクスト記事はこのあと、数時間後になるんじゃないかと思います。

グッドナイト!

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:森林原人SEX動画塾
読者になる
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる