【 更新情報 】

スポンサードリンク

腰痛の原因である血行不足のメカニズム

腰痛対策に必要な血行不足であるが、その血行不足のメカニズムを少し解説することにする。ちょっと難しいかもしれないが自分自身の身体のことである。知識を持つことはとても有意義であると思う。腰痛は身体のバランスが崩れることによって生じることが多い。身体全体を知っておくことも大事である。



動脈は血管自身の拍動で『血』を送り出す力を持っている。静脈は血管壁が薄く血管自身で『血を』を送り出す能力は低い。静脈は、動脈に寄り添うようにして走っており、動脈の拍動の力と、筋肉の動き(筋ポンプ)に助けられて静脈内の『血』は流れることが出来る。



毛細血管の血行が悪くなると、毛細血管内に『血』が溜まりいろいろと悪さをする。毛細血管内を通らなくても動脈と静脈の間にはバイパスがあるため全体の血流には問題はなくても、毛細血管内には悪い血が溜まった状態で慢性化する。そのため血の巡りが悪くなっているところに効果的に血を流し、痛みの元を洗い流す必要がある。



疲労物質、発痛物質ともに過労を防止させる身体の防衛機能と考えられる。たまに疲れたり、痛んだりするのは身体が正常な証拠である。身体が休みたいから疲れると感じるべだ。ゆっくり休む、睡眠をしっかりとるなどで疲労を翌日に持ち越さない努力が必要である。




血行不足で生じる腰痛の症状例

腰痛対策に必要な血行不足への知識であるが、もう少し深く解説していきたい。血行不足が原因で生じる腰痛の症状の例をここで挙げたいと思う。



・朝起きた時に『腰が痛い』、起きてしばらく動いているとそのうち痛みが取れてくる。このようなケースでは、寝ているときに血行が悪くなっていると考えられる。動いていると血液が巡ってきて、痛みが取れることが多い症状である。

・前日に重たいものを持って翌日に『腰が痛い』ケース。これは筋肉中に疲労物質が溜まり、血行不足になり発痛物質が発生、腰痛が出たと考えられる。



マッサージを受けると、患部の血行が良くなり筋肉がほぐれてくるため、痛みは取れてくる。しかし自分自身の力で血液を流せる能力を回復させることが根本的な治療となる。マッサージ等で血行を回復させたとしても30分も歩いていれば、また患部に悪い血が溜まり元に戻ってしまう。



腰痛対策をするには、人任せではいけない。マッサージや整体などに通っても、自分自身の意識が腰痛を改善することに向かっていなければ、時間とお金を無駄にすることになる。その場は楽になっても、しばらくすると腰痛が発生し、確実に苦しむことになる。自分自身で悪い血を流せるようにすることが必要である。




腰痛は「血行不足」から起きる

腰痛対策は、人や症状によって多様に変化する。今回は『血行不足』について取り上げる。日々の疲れをしばらく放置していると、いずれ蓄積してくる。そのため血行不足により筋肉が衰えてくる。また筋肉が衰えることにより痛みが生じるが、その痛みをかばい必要以上に動かさないでいると筋肉はどんどん衰えてくる。



『血行不足』を放置していると身体には以下のような症状が出てくる。

・動かすのがつらい

・一日の疲れが抜けない

血行不足では筋肉中に疲労物質(乳酸)が蓄積される。それが慢性化すると発痛物質(ブラジキニンなど)が筋肉中に溜まり、痛みが出る。この血行不足から腰痛という形が現れてくる。



腰痛対策において、『血行不足』に着目することはとても大切である。『疲労』から『血行不足』という流れを理解しておくだけで、これらの状態になったときに、誰にも頼らずに自分自身で腰痛を未然に防ぐことが出来る。



腰痛対策、腰痛予防の第一歩はこの血行不足を改善することにあるといっても過言ではない。ここでしっかりとした対策が出来れば、腰痛自体が悪化することはない。腰痛が悪化するということは、早期ケアができていない証拠である。改めて日々の健康管理が重要だということを認識してほしい。




腰痛の本当の原因

腰痛対策を考えるにあたって、腰痛の本当の原因を理解しておくことは大変重要である。例えば朝起きた時に腰が痛いと感じる人は多いと思うが、何故朝に痛むか分かるだろうか?そして朝痛かった腰が、動き出すと痛みが和らいでくるのはなぜだろう?実はとてもカンタンなことなのだが、ほとんどの人がきちんと答えることが出来ない。これだけの情報があふれている中で、これだけ苦しんでいる人が多い腰痛に関しての知識が乏しいのは驚きである。



腰痛対策に必要な腰痛への知識。腰痛になる原因は実は簡単な理由なのだが、実際に答えられる人は少ないだろう。今や国民病とまで言われる腰痛。そんな有名な症状でさえ正しい知識を身に付けている人はごく一部だ。おそらく差し迫った理由がない限り、人は学ぼうとはしないのであろう。



人間本来の自然な動きから大きく外れた動きをすることで、無理をしたり不意の動きがあったりして腰を痛めることは多い。例えばスポーツ障害やお年寄りの圧迫骨折もここに入る。お年よりはもちろんだが、若者も気をつけていかないと人事では済まされないだろう。



腰痛対策をするには、腰痛の発症原因を特定することも重要である。無理な姿勢を続けていて腰痛になってしまったのであれば、その姿勢をしないように努め、なぜその姿勢で腰痛になってしまったかを考えれば自然と答えは出るものである。




腰痛とはつまり何か?

腰痛対策は様々あるが、一般的に知れ渡っている情報ほど間違っていることが多い。その腰痛対策に対する間違った情報を正すためにも、ここで私の腰痛理論を公開したいと思う。腰痛対策に近道はないが、基本的には人間の自然治癒力に委ねることが一番安全であり、長期間の安静状態を維持することが出来る。安易に道具やテクニックに頼るのは危険である。まずは腰痛とは何かを知ることから始めることが大切である。



腰痛は日々変化している。ここでいう変化とはあることが原因ではじまった腰痛が構造的な腰痛に変化するまでのたとえである。この腰痛の変化の過程をあなたの腰痛対策に生かしていただきたいと思う。



腰痛対策を考える上で大切な概念となる『疲労』。疲労すると血行が悪くなり、『疲労物質』が溜まる。この段階では自分自身でケアをしていけば問題はない。(休養やストレッチ)生理作用が機能している証拠であり、身体が休みたいから疲労を感じると考えたほうが自然である。



腰痛対策は『疲労』を感じたときに、いかにいち早くケアできるかが大切である。この時点で腰痛対策を適切な腰痛対策をおこなっていれば、腰痛を感じることもなく、またぎっくり腰などのひどい腰痛に進化することもない。


腰痛対策の根幹は、早期発見・早期治療

腰痛対策の根幹は、早期発見・早期治療である。椎間板ヘルニアのような症状になる前に、きちんとした腰痛対策をするべきである。今回は前回のひどい腰痛で逃げ場がなくなる理由を質問いただいたので解説したいと思う。



実は通常人間の身体はいろいろな逃げ場がある。人間の身体は頭から足先までらせん状に連動している。通常の健康を保っている人は、しなやかな筋肉や靱帯、関節を持っているため多少の引っ掛かりなどは吸収してしまう能力を持っている。ちなみに健康体の人でも誰しも骨や筋肉の出っ張りはある。上記のように身体が全て吸収しているため気づかないだけなのである。



誰もが通常は逃げ場を持っているのだが、疲労の蓄積により血行不足、そして発痛物質が溜まることによる筋肉の衰え、これらを放置しておくことで筋肉が硬くなり、関節の稼動域が悪くなる。身体にあるはずのしなやかさがなくなり、逃げ場がつくれなくなり、最終的には擦れた部分が炎症を起こし腰痛が悪化してしまうのである。



つまり、誰しもひどい腰痛になってしまうということだ。毎日のケアの大切さが分かっていただけたと思う。このような状態になってから腰痛対策に力を入れはじめても遅い。日々の腰痛対策を心がけてほしい。

腰痛を悪化させないための腰痛対策

腰痛対策には様々な身体の機能を知っておく必要がある。今回はさらに悪化した腰痛を取り上げたいと思う。椎間板ヘルニア、分離症、坐骨神経痛・・・いかにもひどい腰痛だなという感じがすると思う。ここまで来ると自分でケアして・・・などということでは回復しないことは明らかである。



私から言わせれば、ここまで腰痛の症状が進行しないうちに腰痛対策をしてほしかったということである。そして言い換えれば、事故を除いていきなり上記のひどい腰痛にはならないということである。



椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などのひどい腰痛は、前回説明した発痛物質が溜まって痛みが出る腰痛とは少し違う。基本的に言われていることだが、筋肉や神経、靱帯などが硬化した筋肉や骨などに常に当たることによって、擦れて慢性的な炎症を起こしていることが原因となる。この当たる場所の違いで上記腰痛の診断名がつくのである。ひどい腰痛はそれぞれいろんな病名がついているが、元をたどれば同じ腰痛なのである。



私は今まで多くの腰痛患者を診てきた。今回のひどい腰痛になると非常に長期間に渡って我慢が必要となるケースが多い。やはり何ごとにも早期発見、早期治療が大切である。ひどい腰痛になる前に、きちんとした腰痛対策を実践してほしい。

腰痛対策に知っておくべき身体の機能:骨盤

腰痛対策には様々な身体の機能を知っておく必要がある。今回は骨盤について説明する。骨盤は『骨盤体操』や『骨盤ダイエット』などに代表されるように、非常に関心が高い部分である。民間の治療院などでは骨盤矯正などど称して多額の治療費を取っている、私に言わせれば悪徳治療院も多い。



腰痛対策において骨盤矯正は重要ではない。骨盤を矯正したところで、しっかりと筋肉をケアしていかないとすぐに戻ってしまうからだ。今からその点も含めて説明をしたいと思う。



常に腰が痛い、長時間立ってられない、長時間座ってられない、よくぎっくり腰を起こす、などのケースでは骨盤が変位している可能性がある。身体に感じる症状も以前とは比べ物にならないくらい変わってくる。

・刺すような痛み

・歩くことが困難になる

・排尿障害など

骨盤が変位してくる理由としては、男性はハムストリングス、女性は腸腰筋が縮むことによって骨盤の位置がずれてくることが多い。



腰痛対策のヒントとして、良い治療院を見つけるコツを一つ。腰が痛いからといって、腰ばかり一生懸命施術するところはいかないほうが良い。先ほど言ったハムストリングスや腸腰筋、お尻や肩甲骨、鎖骨、わきの下、内転筋などバランスよく施術している治療院を選ぶべきである。

腰痛対策に知っておくべき身体の機能

腰痛対策には様々な身体の機能を知っておく必要がある。今回は筋肉について説明する。日々の疲れを放置していると、それが蓄積し、血行不足になり、筋肉が衰えてくる。かばうようになるから筋肉の衰えは早くなり、痛いとよけいに使わなくなる。使わないからますます衰えてくる。



筋肉が衰えてくると硬くなってくる。そして筋肉のバランスが崩れてくる。例えば『インナーマッスル』『アウターマッスル』という言葉を聞いたことがあると思うが、それぞれの機能のバランスが崩れてくることがある。そのため身体にはいろいろな症状が出てくる。



・腰がだるい

・腰に鈍痛がある

・朝起きると腰が痛い

・通勤中に腰が痛い

・いすに座ると腰が痛い



筋肉が衰えてくると本格的に腰痛の症状がでてくるようになる。筋トレはバランスよく鍛えれば効果があるが、バランスを欠いたトレーニングではかえって痛めてしまうことが多い。腰痛も同じである。上記の症状は腰痛では最もポピュラーな症状である。多くの方が感じている症状が載っていると思う。ここまで来ると一度整骨院や整体院などでケアをしたほうが良いかも知れない。ただ通い続ける必要はない。通わなくても腰痛対策が出来るように心掛けてほしい。

腰痛対策にマッサージや整体は本当に有効なのか?

腰痛対策にはマッサージや整体は有効な手段の一つとなる場合がある。マッサージや整体などを受けると血行が回復し、疲労物質がながされ身体が軽くなったと感じる。しかし実はその場では楽に感じても、しばらくすると元の状態に戻ってしまうことも多い。



私は治療院に通い続けることはオススメしない。理由はいくつかあるのだが、マッサージの効果の持続性に疑問があるのである。マッサージを受けて身体が軽くなったとしても一時的である。それならば何故高いお金を払って通い続けるのか。理解に苦しむ。自分自身の力で疲労物質を流せるような能力を持たないかぎり本当の腰痛対策にはならないのではないか。



腰痛対策を考えることによって、日々自分の身体のことを見つめることが出来る。腰痛の原因だけに目を向けるのではなく、『どうして腰痛になってしまったのか?』を考えることで、腰痛にならない身体作りが出来るのである。



腰痛対策をしっかりとおこなっていれば、多少の腰痛であれば自分自身に備わっている力で改善できるようになる。全ての人が腰痛で苦しむ前に自分自身で腰痛を改善する術を身に付けるべきである。それが時間的、金銭的、そして心身面でも効果的であることは明らかである。


P R
カテゴリアーカイブ