屋台に打ってつけの奇麗な幟

August 05 [Mon], 2013, 15:39
過去を辿ると1000年以上昔まで記録があります。元来は、敵方に自軍を強く見せたり敵と味方の印として用いられ、それ故に長い布を長い棒につり上げて遠くからでも認識できるようにし丈の高い流れの旗を軍の印としました。
そこらへんで買うことができるのぼりからすれば、大相撲で使われているのぼりは随分金額的に高くなっています。大相撲で使われているものは場所ごとに新しくするため、相当な金額がかかることを知らない人もたくさんいるのではないかと思います。
歴史上では、日本における旗の目安の一つであり、長手の先と上部を棒に結わえた物であり、のぼりは今の時代でも日常の沢山の形で接する事ができます。生活では、まつりや飲食店ののぼりを見かける事ができ、日本の稀な習慣であります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アキラ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mori1219/index1_0.rdf