センチメンタルジャーニー 

March 30 [Sun], 2008, 9:13

人って出会いがあって別れもあって
それは自然のなりゆき的なもので。

出会いがその生活や一生を変えたりするんだよね。人、もの、趣味、職場、学校とかとかいろいろあるけどそれは毎日気付かないうちに起こってて満ち溢れてて。

別れだってもう二度と会えない別れもあればまた明日ね!的な一時的わかれもあるし。
二度と会えない別れってそれ以上切ない別れなんてないけど、もうひとつ切ない別れってあるとおもう。何がいやって会えるか会えないかわかんない別れってやつ。せつなくないすか。考えれば考えるほどもんもんするもんもん。

刺激があって、世の中いろんな移動や回転があって成り立ってるけどその激動さについていけなくなるよときどき。もっとゆったり生きたいよ、縛られたくねー。へこむわ。

それでも今あるものをあたりまえとおもわないで大切にする気持ちとかそういう気持ちは余裕なくとも、またそういう時だからこそわすれちゃいかんよね。って言い聞かせてるよ自分に。

なんだか別れのシーズンがゆえにいろいろへこみますな。はーあ。


大丈夫かなー 

February 22 [Fri], 2008, 3:21

バス酔いってさ、絶対きついよね。
まじ心配だよもう。

寝ちゃえば良くなるいうし
なんとかうまく行くといいなあ。

誰かにこんな心配したのいつぶりだよーー


甘くてほろ苦い 

February 21 [Thu], 2008, 0:39
思いを素直に言えたらどんなにいいだろー

だめだーその先が怖すぎる。
臆病になる

でも好きなんだ
関係ない『好き』の言葉言うのも意識しちゃって。
会いたいし隣りにいてほしいし

会えば会うほど
知れば知るほど
メールすればするほど

もっと、とおもいはつのる。

あー。好き、なんだ、なー。

初バイト 

December 02 [Sun], 2007, 0:29
やってきました本日初日。

一言疲れた。


だがしかしすごく楽しかったです。

まだまだ覚えることいっぱいあるし、全然なれないけども。でもすごく雰囲気良いお店だし、頑張ろうと思えるお仕事でした。

女の先輩めちゃくちゃ仕事出来て憬れる。そしてサバサバしてて優しかったし。

高校生の男の子がかっこかわいかった。ほんとジャニーズ系って感じの。

ていうかみんなキャピキャピしてて若いじゃないか。軽くへこみます。うそ。そんなんじゃへこみませんよ、さすがにね。

社員さんもクールなんだけどやっぱり優しくてかっこよかった。細身で身長高くて、不健康そう(失礼)なのがまた。ね。最後にりんごジュースくれてめちゃくちゃ嬉しかった◎

これから3F担当らしいんだけどその社員さんもだから頑張ろう!よーし!


マニュアル忘れたと思って引きかえしたけど閉まってた…あーもうマジで最悪自分。

いただきまー 

November 17 [Sat], 2007, 19:45
昨日のだけど大丈夫だよね笑

ん、うまうま◎

Don't hesitate! 

November 17 [Sat], 2007, 3:03

英語を話すのをためらうな!だって。
そんなんわかるか笑


いや工藤静香がいってたんだよ。

というのも今リアルに英語でしゃべらナイト見てて。

工藤静香すっごい話せてる。
もうペラッペラだよ◎

お仕事もしつつ親として子供に関することもやって、で、英語もあんなに話せるまで勉強してるなんてすごいなー。

子供に自分がやってないこと勉強しろなんて言えないっていってたけどそんな事してる親いっぱいいるよね、実際は。


人間としても女性としても素敵だ。
そして輪郭と声も素敵(趣味)

てゆか英語でしゃべらナイトも面白いな。

Mステのおともに! 

November 16 [Fri], 2007, 19:47
℃3のケーキ

三越で買ってきましたー


今日はティラミスだけいただきました◎
おいしかたー濃厚だけど甘すぎずで。





さてサンクスでおでん買おう。 

November 16 [Fri], 2007, 18:07
三越でケーキ買いまんた!
フルーツタルトとティラミス◎

あとで画像アップする。しよう。


で、

三越から歩いて帰ろうと思ったんだけど
迷って結局日本橋から地下鉄だー!

時間の無駄だた。
方向音痴なんだろうか、ワタクシ。



しかも電車空いてるおもってぽやぽやしてたら、入り口でつまづいた。

…きまずい。


一駅でよかったよもう。

生きてるただそれだけで 

November 16 [Fri], 2007, 1:34
またこれも悟りの領域なのかもしんないけどさー
人間てやっぱ生かされてる。

色んなものや人や環境とか。
そんなもんエトセトラに。


小学校んときに一本のえんぴつが出来るまでみたいなのをやったんだけどね、国語で。

芯になる黒鉛を掘る兄ちゃんとか
それを製造するおじさま。
はたまたそれを包む木を育てる人とか
製造、加工する人々。

たかがえんぴつ
しかし、されどえんぴつ

一本うん十円のその世界にもそれだけの苦労と人生が詰まってる。ね。


そうやって考えてくとまわりにある食物、生活雑貨、建物、交通手段。
毎日何気なく使ってる『もの』って誰かの生活や人生や命のたまものなんだなと。

ひとはもっと特別だよ。
その重みをものと比べて問うわけじゃないけど

自分に関わってくれてる友達や家族のこと考えたらさ。ね。



生かされてる人間によってまた生かされてる人間もいる。

それって実感するとなんか感動する。
すごい壮大な世界だよね、考え方によってはさ。
めちゃくちゃ性善説だけどね。



さて。よく分かんなくなって来たよ笑


ひとってのは自分で生きてんじゃなくて生かされてる
だから大事にして、大事にされなきゃいけないんだ。

こんな自分でもそうで。


悪いもんだって世の中満ち溢れてるし
不安や悩みやトラウマだって簡単にはなくならないよ
大人になるって責任や自由も厳しいよ
ラクに生きたいし、逃げたいよ。
好きな事だけしてずっと子供でいたいよ


けどさ、人の命ある限りいろーんな恩恵はそのぶんちゃっかり受けてるんでね。





だから少しそういうの自覚したならさ
それ無駄にしちゃいけないんだな自分。

そう。

だから頑張らなきゃいけないんだ(`´)


ひとりじゃ明日見失うから 

November 07 [Wed], 2007, 5:53
今ポッと思いついたことがありますん。

かなり要約すると、
結局人間ひとりじゃだめだ。

ってこと。



漢字にするならば「独り」の方。


一人はいいんだよ

支え合うっていう意味の“人”が一個の単体で空間に存在してるんだからね。
そのニンゲンはひととして成り立ってる。


独りは、こう…もっと違うんじゃん。

敢えて言いたくないからそゆこととして。



つまりは人間てもんはさ、
交わりがないと生きて行けないんだよね。


言葉を使って情報、意見の交換

(異)文化との親交、交流

交友関係


てことはときには喧嘩だって必要なんだ

暴力暴言を肯定するわけじゃなくて
意見や気持ちをぶつけ合うって意味でだ。



思考はぶっとぶんだけど、
渋谷を歩くときを考えてみる

ね。


とにかく人ごみの中を歩くとしてだ。

一方通行じゃ不便極まりないわけだよ。


つかそんなん成り立たないんだよね
街には色んな方向に向かって歩く人がいるんだからさ

実際自分だってその中でどこかへ向かって歩を進める一人なわけだから。

それはみんな同じ。



直線で壁も人も何もかもを
ブチ破って行けたらすげー楽だよ。


だけど人ってもんは無意識にもだ。

互いに譲り合ったり
道に従いつつ
階段や上り坂があったって進むんだ。

自分の行きたいところへ、ね。


そうしてでも行きたいんだよね
行かなきゃ行けない時もあるよね。



何だってね

自分の進行方向へ向けて
その歩く経緯を少し曲げて
お互いに譲り合ったりすんのよ。

ときには面倒な階段や坂道でも
進むためには我慢しなきゃなんない。



実際に歩いてる時は当たり前にしてること。

それは人間として、
人生を歩いてく場合にもリンクするよね。

つまりは人として生きるって事とも同じでしょってことを考えたんだけど。



その考え方を前提にすると、
階段や坂道ってのは
ルールやしがらみに変わるなって。

どんなときでもそゆのって
乗り越えたり、守ったりしなきゃだなと。


いいこちゃんじゃなくてさ。


ある程度の常識とか、
やぶっちゃいけないこと。


人傷付けたらだめとかそんなん。




だがしかしだ。

ものごとにはいつだって例外があるからね。


生きてるとそれが出来なくなる時がある。

大事なんだけど構う余裕ないっつか。





立ち止まって動けないとか
周りが見えないとか
大幅に脱線してしまったとき

妙に生き急いでしまったり
何かに一直線なとき


例を上げればきりがないんだけども。

そういうときって
寂しかったり怖かったりする

知らない内に周りに迷惑掛けてたりするかもしんない。



そういう時はどうしたらいいもんかね。

って考えたときニダ。


必要なのはお金じゃないな。

見映えが良い顔やスタイルでもない
名誉やプライドでもなくて



やっぱり人間だよね。

ここでやっと最初のあれに結び付いた。笑



愛、友情、優しさ。
時にはガツンと正面からの叱咤。

人間にしか人間に与える事が出来ないものたち。


前者は自分が弱ってる時には何よりも一番嬉しいし、
後者は自分の過ちや傲慢さにいつか気付いていつか成長出来る。




愛の反対は無関心だ。

本当にその通りだよね


誰か、自分に真剣に向き合ってくれる存在

それがなによりも一番尊いものなんじゃないのかね。






だからやっぱりね、
ひとりで生きていけるやつなんていないと思うよ。

そんな逞しさ、神様は与えてないよ。




だからなんだというと。

つまりはワタクシ
誰かを支えることが出来る人間になりたいなと思った。


綺麗事に聞こえるかもだが。
そうじゃなくて

うーん自分なりにまっとうして生きてだ、
人ともそれを共有するっつかなんつか。


自分が人として誰かを助けてあげられたらそれでいいよ。
それでいいっつか、それがいい。




見返りよりなにより。


大事なもんを、人間としての。

それを感じたいよね。

せっかく産んでくれたんだから。



うん、でかいこと言っといてあれなんだが
それをするにはまず自分が元気にならなくちゃだね。



むん。



よし、寝ようかな。

あー…寝れないかな。うーん。