母の納骨

December 15 [Thu], 2016, 18:30
納骨して来ました。
父の考えで樹木葬です。
墓石というようなものは一切ございません。
好きな樹木の下にお骨を埋葬するのです。

もともとお墓は買ってあったのですが毎年管理費とかでお金が掛かる。
そして今の時代、出生率も減っていて墓を守る人が減っている。
今後どうなるか分からない。
母方のお墓も後を継ぐ人が居なくなり共同墓地へ移したという事もありました。

また、別の親戚では墓地一帯が津波などの災害により一律ウン十万円を払う事に決まったなど、墓地を管理するお寺へ定期的に発生する費用も長期で払っている事を考えるとバカにならない。

そこで、樹木葬だ。
墓石だけでも相当かかるでしょう。戒名も無くて良い。宗教は何処でも良いし、無宗教でも良い。
一律払って今後管理費なども一切ありません。
墓石なんて無くてもここが母のお墓です。
後の世代で共同墓地に纏められるよりよっぽど良いではないか。
土へ帰り、草木の肥やしとなり、命が巡るという考えだ。

皆で土をかけ埋葬して来た。


12月なので寂しい風景ですが、桜の季節なら綺麗な景色になるはずです。
母の樹木は「滝桜」です。


これは10月に一度来た時に撮影したものです。
緑があると結構違いますね。
まだ若い桜ですが、既に枝が垂れて花が咲くのが楽しみです。

7歳

December 15 [Thu], 2016, 13:20
我が家の先住犬。
通称B・D。またはBちゃん。

早い!もう7歳だ。
これまで一応、健康で生きてますよ!

結局、またボール。
大好きだからすぐ壊すんだなあ。
少しずつ遊びましょう。

支那そばや

December 02 [Fri], 2016, 15:02
支那そばや
宮城県東松島市におじゃましております。


お店に入ってから気付いたのですが
壁にテレビで見た事がある男性の写真と
「師匠 佐野実」と書いてありました。
ラーメンの鬼の異名を持つ佐野実氏のお弟子さんという事だと察しました。
頑固料理人とか気に入らない客に怒鳴り散らすようなお店は、どんなに美味しくても行きたくありませんので、怒られるのは勘弁だなぁと思いましたが、優しそうな店主さんのようで安心しました。

さて、今回注文したのは
醤油バラチャーシューめん930円です。


早速、一口すすります。
あっさりでとてもやさしい味わいです。
私はどちらかというとこってりの濃口ラーメンが大好きなので、正直なところインパクトは全く感じませんでした。
この値段ならこってり系ラーメン食べたくなるかなぁと思っていました。
縮れ麺が好きなのですが、細いストレート麺でした。
ただね、食べているうちに薄味あっさりスープが主張して来るんですよ。
ほんと、やさしい味。
気付けばスープを底まですくっていました。
激ウマ!とは違うやさしい味。
次回、900円も出せないのでもうちょっと安いメニューを選んでみようと思います。


多賀城市の蔵よりは断然美味しいです。

脳梗塞2

November 24 [Thu], 2016, 19:50
先程、父親と面会して来た。
当初は左手が痺れて力が抜けるような症状だったという。
今は全く症状が無く、数日間入院するそうだ。
脳の血管の詰まっていたところが流れたのではないかとの事だ。
今までと同じような生活に戻れるのでホッとしています。



脳梗塞

November 23 [Wed], 2016, 22:00
今度は父親が手の痺れを訴え病院に行ったところ脳梗塞になりかけだったという。
幸いにもなりかけだったので念の為入院するとの事だ。
すぐ病院に行く判断をしたのは良かったと思う。

明日の夕方にでも病院に行ってみる。

腰痛回復へ向けて

November 05 [Sat], 2016, 11:57
もう半年とか1年単位で少しずつ回復に向かっていると思う。
まだ背骨を垂直の状態でないと負荷を掛けられないのですが、そこそこ持ち上げられるんだ。
人一人分ぐらいなら。
無理すると後から鈍痛がするのですが、最近はそれもない。
相変わらず長時間寝てると腰が痛くなるので早起きするけれど、最近購入したバーベルをサボりながらも上げています。
サボっているので体重は全く落ちてません(笑)
腰痛は本当に苦痛なので少しでも良くなればいいなと思って過ごしています。
今までは走ると振動が腰に来て走れませんでしたが、そろそろ走れるかも知れない。

告別式から火葬まで

October 29 [Sat], 2016, 22:31
病院から葬儀屋さんに遺体安置されました。
病院で看取った時より目が窪んでしまって益々痩せたように見えました。
納棺師の方が着替えと化粧をするのを見ていました。
足袋を履かせるのを手伝いました。
点滴の浮腫で足首が湿っていたり、手が硬直して組めなかったり、首も硬直して顎がちょっと上を向いたままで病気の後遺症を物語っていました。
色々ありましたが告別式が終わって出棺となる時に花を棺の中に並べるのですがこの時はちょっとうるうるしてしまった。
泣く気満々で、ポケットにタオルハンカチを用意していたのですが我慢して涙は溢さなかった。
火葬場では本当にお別れだなと、もう直接顔は見れないんだなと、うるうるしましたけれど、この辺りで吹っ切れたと思います。
仕事でどうしても、退席せねばならずお骨は拾えませんでした。
家に帰って来てから骨壺を開けて母親のお骨を見て拝ませてもらいました。
昨日まで息をしてたんだなぁとしみじみ思いました。

生没同日

October 28 [Fri], 2016, 12:56
随分前から容態が悪くなっていて、漠然と母親の誕生日が近くなって来たと思っていました。
この日を選んだかのように、12時13分に息を引き取りました。
享年69歳、
まだ若いと思う。

9時過ぎに病院に到着。
10時58分に呼吸も心臓も停止しました。
ご臨終を宣告しようとした時、心室細動が起こりモニターに波形が出るのでちょっとしたコントみたいになってしまいました。
横一直線にならないと言えないとの事。
これが収まるまで待つ事になったのですが、これが1時間以上も続きました。
看護士さんはまだ若いから生命力かなと言ってました。

人を看取るというのは母親が初めてでした。
呼吸が浅くなって行く様子だとか、
心拍が弱くなって行くだとか、
モニターの波のグラフが「ツー」と真横に近くなるにつれて
もう「あーあ」という気持ちというか
「頑張れ!」じゃないんです。「もういいよ」みたいな気持ちになって行ってね。
それらの現実を父親と二人で見ておりました。

長い入院生活、お疲れさま。
それと、これまでありがとうございました。

下顎呼吸

October 27 [Thu], 2016, 19:50
父親から昼過ぎに電話が入った。
病院からの連絡で今日明日かも知れないとの話しだ。

夕方に母の入院している病院へ行った。
下顎呼吸(かがくこきゅう)の症状が出ていた。

終末期の症状を色々調べました。
 尿が出なくなる
 浮腫みが出る
そして今日、下顎呼吸の症状が出てハァハァと顎をパクパクと呼吸していました。
病院では教えてくれませんが、この下顎呼吸が出ると
呼吸回数減少→心拍数低下→呼吸停止→心停止
に至っていくそうです。
長居もできませんので病院を出て来ましたが、
もしかすると生きているうちに会えたの最期かも知れないと思って出て来た。

October 26 [Wed], 2016, 17:42
今朝も父親から電話が入った。
母親の入院先から電話が入ったという。
尿が出なくなった。
呼吸が苦しそう。
血色が悪い。
更に危険な状況となったようで、酸素マスクを始めた。

夕方、病院へ行って来た。
酸素マスクをやっているので呼吸が苦しそうには見えない。
呼びかけにちょっと目を開けてくれたがまた閉じた。
足首が浮腫んでいる。点滴のせいだろうか。
尿が出ないという事は体の水分に対して処置しきれなくなっているのだろうか。
ちょっと調べたけれど、浮腫んでしまうならしないほうが良いのかも知れない。

病気や怪我の回復なら頑張れと言うのだろうけど、それとは違うんだよね。
いよいよ訪れる母の寿命。
つまり、自然に亡くなるのを見届けている最中なのかな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moonsault
  • アイコン画像 誕生日:2月29日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:宮城県
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車-最高速仕様
    ・グルメ-美味いもの大好き
    ・映画-最近観てません
読者になる
ブーン
最新コメント
アイコン画像不二子
» 7歳 (2016年12月19日)
アイコン画像moonsault
» 腰痛回復へ向けて (2016年12月03日)
アイコン画像moonsault
» 脳梗塞2 (2016年12月03日)
アイコン画像moonsault
» 支那そばや (2016年12月03日)
アイコン画像不二子
» 脳梗塞2 (2016年12月03日)
アイコン画像不二子
» 腰痛回復へ向けて (2016年12月03日)
アイコン画像不二子
» 支那そばや (2016年12月03日)
アイコン画像moonsault
» 腰痛回復へ向けて (2016年11月11日)
アイコン画像不二子
» 腰痛回復へ向けて (2016年11月11日)
アイコン画像moonsault
» 告別式から火葬まで (2016年10月30日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/moonsault/index1_0.rdf