今年最初の忘年会。 

December 05 [Fri], 2008, 2:27
腰は徐々に治りつつある。昨日はアントニオーニの「ある女の存在証明」を観ながら寝てしまった。ちょうど高校生の頃の作品。髪型やファッションがなつかしい。今見ると何の魅力も感じない女性の刈り上げ、こういうの好きだったなあと思い出す。今日は今年一発目の忘年会。やっぱり人が多いところはいくつになっても苦手と再確認。行くと辛いのでなるべく避けよう。仕事は今日も比較的順調。鬼門のT病院もつつがなく終わる。でも自分の未熟さに精進を誓う毎日だ。脚延長上手くいきますように。

まだ腰痛 

December 04 [Thu], 2008, 20:59
まだまだ腰が痛い。
なんか長引きそうな予感。
今日も行きは「大竹まことのゴールデンラジオ」、帰りは「おぎやはぎの眼鏡びいき」を聴く。
政治の話が少なめで残念。
仕事は思い腰をひきずりつつどうにかなる。でもやっぱり腰痛いと集中力がないね。
時間外の骨折の急患が二人。徒手整復をこの腰でできるか心配だったが意外と上手。でも手術だろうな。明日はT病院で外来。腰がもってくれればいいが。

腰痛い。 

December 03 [Wed], 2008, 23:58
今日は外来日。
日曜日にやってしまったぎっくり腰がまだまだうずく。
歩き始めるとすいぶんいいが座ってから立つときに腰がのびない。
くしゃみをすると腰にひびいて地獄の苦しみ。
出勤時はいつものようにiPODで「大竹まことのゴールデンラジオ」、帰りは「バナナマンのバナナムーン」を聴く。大竹まことに息子さんがいることを最近知り何故か安心。
帰りにT病院へ寄って術患を見にいく。思ったより元気そうで安心。
実家で息子を拾って家に帰る。夕飯は昨日と同様ハヤシライス。
奥さんの機嫌もだいぶ直ってこれも安心。

シェラトンホテル跡地 

November 30 [Wed], 2005, 22:27
「きれいだから見たほうがいいよ」
タクシーの運転手はニコニコしながら後部座席のドアを開けた。
クーラーの効いた車内へもあっとした南国独特の空気が入ってくる。
両親に続いて降りた場所は
高台にあるホテルの廃墟の駐車場だった
ここは地元ではそれなりに有名な夜景スポットらしく
広大な駐車場にはぽつぽつ車が止まっており
周囲をしきる壊れかけた柵の側にはカップルらしき人影がいくつも見えている。
前の席から飛び出した弟はすでにその影の中にまじっていた。

P R
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31