July 17 [Mon], 2017, 14:33



前記事のとおり絵本は残念な結果となりましたが、
小説の方はまだまだ挑戦中。


実はすでに二作品ほど書き上げておりまして、
その内のひとつは、なんと恋愛小説!


練習として一度くらい書いてみようかと思いまして。


しかし、恋愛小説なんてね。
書けるか!と。笑


最初は思っていたんですけれどね。
私が好き勝手書いたらすべて悲恋、狂愛、歪愛エンドになってしまいますからね。笑



けれどね、思いついたんです。
これ、まず二次創作として書き始めたらいいのではないかと。

そしてその思いつきどおりに、
とある好きな小説の登場人物ふたりの話を二次創作として書き初めて、
それに新しい「設定」と「名前」を加えると、
面白いことに最終的にはきちんとオリジナルの話になるんですよね。


キャラが勝手に動き出す、というのを耳にしたことがありますが、初めてそれを体験しました。
最終的に一人称まで変わってしまって。


書いてるのは私なのに導くのはその登場人物なんですよね。
そのせいで、最初は透明感のある純文学的な作品を意識していたのに、気づけばどちらかと言えば甘酸っぱいライトな小説として完成しました。


これが吉と出るか凶と出るかは分かりませんけどね。
今回はもう面白いのでこのまま某賞に投稿いたしました。


なんだか面白い経験でしたね。
しかし、もう恋愛小説は書かないかな。笑
これはこれ、として割り切って書く分には楽しいんですが。
書くなら児童文学の方が書いてみたいです。


やはり話の面白さよりも文章の芸術性を意識した作品の方が好きです。読むのも書くのも。
一般的に面白くて分かりやすいストーリー構成より、
え、結局何だったの、って謎を残されるような、
けれどひたすら文章は美しくて耽美的、といったひねくれた話の方が好き。
美しいものを閉じこめる器には、ある程度の闇と影と歪みが必要だと常々思うんですよね。闇の中に浮かび上がる光こそ美しい。


もうひとつの小説はそんな作品です。
こちらはまだもう少し手を加えてしっかりと磨いてから投稿したいと思います。





July 15 [Sat], 2017, 15:46



熱風。陽光。風鈴。
こんにちは。水斗です。


先月、やっと。
初めての絵本を制作し、某公募に投稿いたしました。



そしてその結果。
一時選考、通過ならず。

ぱりーーーーん。

 

うんうん。
やはり、厳しいっ。


今日発表されたんですけれどね。
まあやはり、少々、ぐらりとはしております。



590作品中、54作品。か。
狭き道。




人魚の話を書きました。
イメージは、外国の絵本。

でも確かにどちらかというと、
しっかりとこども向け、な作品ではなかったかな。


いつものわたしの作品から、
ダーク&メランコリーな要素を削り取って、
残った夢と幻想を「ハッピーエンド」で包んだようなもの。



いつか皆様にもお見せしたいなとは考えております。
応募作品帰ってくるようなので。
それか加筆修正して、いつもの「幻想絵本」に仕立て直してもいいかなとも。
とにもかくにも、そのうちに見ていただけると嬉しいです。


「賞」はとれなかった作品でも、
どんなかたちであれ「美」を込めて創り出されたものには、
それを「美しい」と感じてくれる人が必ずどこかに一人いてくれると信じているんです。


この絵本には、とびきりの「美」を込めました。
ので、きっと好きだと言ってくれる人も、大切だと思ってくれる人も、多くいてくさだると思うんです。
自惚れだと言われてしまえばそれまでなんですがね。
それでもそんな方に多く会いたいから、こうして創り出したものはきちんと公開していきたいなと。家で眠らせておくよりもね。


輝かしい黄金の王冠はもちろん素晴らしく素敵で、いつか手にしてみたいという願望こそしっかり持ってはいるんですが。
誰かが作ってくれる花冠の暖かさと愛おしさはね、黄金よりも価値あるものですから。


王冠はなんというか、もはや使命なんですよね。
牡羊座。使命。勝利。勝負事。
その結果が欲しいだけ。
牡羊座の生き方は「存在証明」と言われてますが、本当にその通りだなと思います。


鏡の国。ゲーム。クイーンアリス。
王冠求めて遊びましょう。


まだまだ二回目。
糧にしてまた進みましょう。


『挑』

June 09 [Fri], 2017, 22:34


「力試し」。
挑戦中。

そんな中。

ふわりとご報告。


しかし、その前に。


実は水斗さんが現在挑戦しているのはですね、
絵じゃないんです。小説です。

昔から文章を書くのも好きでして。
一度きちんと書いてみたいなと思いまして。


そして私なら、表紙も挿絵も、装丁も自分で出来る!笑
だったらもう、中身から自分で書けばいいんじゃないか、と、
思ったのが事の発端。


純文学からライトノベルまで、様々に挑戦していたりします。
しかし書いているのは私ですからね。
やはり作風は、耽美だったり、病的幻想だったり、ゴシックホラーだったり。
そんな雰囲気のものが多いです。


そして今年の2月。
生まれて初めて、きちんとしたかたちで、
とりあえず短編小説をひとつ書き上げまして。


「コバルト短編小説新人賞」に応募してみましたところ。
入賞は出来ませんでしたが、
「もう一歩の作品」まで残ることが出来ました!

コバルトの女性読者様向けに書き上げた、
ハロウィーンをモチーフにしたダークファンタジーでした。

ちなみにこのときは「水斗」ではなく「魅斗」という漢字表記です。
(以前少しだけ使っていた二次創作用の名前でした)
なんとなく当初純文学とライトノベルで名前の使用漢字を使い分けていたのですが、
最近はもう「水」の方で統一してしまおうかなとも。考え中です。

「コバルト短編小説新人賞」
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no188/

---

そんなわけで。
とりあえず、第一歩です!

本当にね、素直に、嬉しいです。
小説に関しては、初挑戦。初投稿。
そんな作品でしたので、
「もう一歩の作品」という位置は、
自分にとっては最高のスタート地点。
得たものは悲観でもなく自惚れでもなくただ希望。


これから日々、磨き上げて、
一歩一歩、登り詰めていきたいと思います。


絵も、小説も、ハンドメイドアクセサリーも、
本当に全部大好きで大切で。
ひとつひとつ、楽しみながら、
自分にしか出来ないことを。
自分にしか作れないものを。


かげながらでも、ひそやかにでも、
これからも、応援してやってください。


『試』

May 27 [Sat], 2017, 20:58


試。試す。力試し。

そんな日々。
そんな今日この頃。


ちゃんと活動しておりますよ。
今日和。


去年くらいまでは、

たくさんの作品を作り、
たくさんの催しに参加し、
たくさんの方に出会えた、


娯楽要素の強い創作活動でしたが、
ここ最近はひたすらに「挑戦」的。
に、活動しております。


力試しをしてみたくなりました。


今まで積み重ねてきたもの。
今まで積み重ねてきた意味。
その結果。その答え。を、求め。


少々狂ったように、
現在様々な分野の「〜賞」に応募中。


どこまで通用して、
どこまで認められて、
どこまで登り詰められるか。


今までは作品が出来たらすぐに公開し、
皆様の反応を見ることも大きな楽しみでしたが、
ここ最近はひたすらひとりで黙々と作品を作り出す日々。
所謂、「自分との戦い」な日々。


なのですが、
しかしこれが、非常に楽しい。


なんだかすごく久しぶりです。
結果発表を待つ緊張感だとか、
絶対勝ち取るぞ、な勝負感だとか。


もとよりわたしは「情熱的かつ好戦的」という、
典型的なおひつじ座性格を有しておりますので、
本来こう在るべきなんだろうなと非常に実感。


既に幾つか応募したものがありますが、
結果がどうあれ、そのためにひとつ作り出したという達成感がひとつの戦利品であり誇り。
望んだ結果が得られなければ、
すぐに切り替えて昇華してまた挑戦。

そんな日々がとても楽しいです。


ひとまずは今年の9月末まで。
作り出せるだけ。挑戦出来るだけ。
ずるずると続けるのは苦手なので、
短期決戦型。


そしてそれをやり遂げたら、
今度はまたこちらで皆様と遊びたいと思います。

やりたいことお見せしたいもの、
実は色々と既に作ってありまして、
早く公開したくてたまらないのですが、
我慢しております。
始めたら絶対夢中になってしまうので。


数件お問い合わせ頂いておりますが、
今年はデザインフェスタ含めイベント出展予定もございません。
でも必ずまた出展します。

最近周りで創作活動自体を諦めたり辞めてしまう方が多くて、なんだか寂しいような複雑な気持ちなのですが、物理的な問題じゃない限り、私は生命力使いきるまでもうやめませんよー。

せっかく持ち得た能力ならば。
使いきらないと本当に勿体ないなと。
逆にそのせいで失ったものも私にはたくさんあると思うので。




― 皆様の日常に、小さな幻想を ―



深く、冷たい、暗闇でも、

小さな [光] ひとつ、

灯せるような、
届けられるような。

煌々とした明るさじゃなく、
透明で、幻想的な、
ヴェールがかった月明かりのように。



そんな作品を。
そんな在り方を。


私だけが作り出すことのできる
「ワンダーランド」に、
ひとりでも多くの方が、
迷い込まれますように。




















( そして出口など見つからないまま永遠にさまよっていらっしゃいますように― )










(笑)

夢を込めて。



























勝。

April 22 [Sat], 2017, 20:33

実は最近。

photoshop。期限。最新版移行。更新。
インストール。エラー。エラー。エラー。

という物理的な問題で、創作活動が一切出来なかったんですね。

しかし本日、その原因である敵に勝利しました…!
【Adobe エラーコード82】という敵に!
あまりに解決できなくてもう創作活動自体打ち切るレベルで落ち込みました。笑


今までこういう時すぐに人に頼っていたんですけれどね。
自分でもある程度は解決出来るようにならねばと今回は悪戦苦闘してみました。
様々なブログさんとか知恵袋とかあらゆる記事を参考に。

そうしたら、本日無事更新&再インストール完了ー。
良かった。本当に良かった。
これでまた、始められますね。頑張ります。楽しみます。

追記は悪戦苦闘の詳細。

April 22 [Sat], 2017, 17:30



ブログ新設。
アメブロからヤプログへ変更いたしました。

アメブロも使いやすいは使いやすかったんですけれど、
どうも装飾性重視の私にはアメブロの、とくにスマートフォン用のデザイン設定が非常に物足りなく感じていたところ
(あとどれほど細やかに設定しても必ずどこかに黄緑色が入るのがどうしても我慢出来なかった。笑)、
こちらのヤプログに出会いまして。

ヤプログ、何コレ。素晴らしい。感動。
何から何まで好きなようにデザイン出来る。

今はまだ最小限のデザインしか設定していないんですが。
ヘッダーはもちろん、各項目の背景画像から各記事の隣に表示される小さなアイコンまで好きなように編集出来るんですよ。
(PC用の、この右側メニューでキラキラ動いているアイコンお気に入りです。笑)
しかも既定素材じゃなくすべての素材を自分で作ることも可。

そして何より、PC用はもちろん、携帯・スマートフォン用のデザインも自由に設定出来るんですよ。
有料ですが広告もすべて消せる。(消しました)。
これで何から見ても自分の世界観で統一出来ますね。嬉しい。
やはり私にとって何においても一番大切にしたいのは美意識と遊び心。


新。

April 22 [Sat], 2017, 17:14



新設。







P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:水斗
読者になる
HP:http://mito.sdbx.jp/index/
twitter:@mitoxmoonlit
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヤプミー!一覧