S&Nの会話【おやすみなさい】 

October 09 [Tue], 2012, 0:24
この文章には私の著作権が在ります。





【おやすみなさい】


S「ねぇねぇ」

N「なに?」

S「え、なんで不機嫌そうなの?」

N「いや、眠いからだけど」

S「まだ眠くないよ。」

N「お前はそうかもしれないけど、俺は眠い」

S「起きてよ」

N「やだよ、何時だと思ってる?」

S「まだ12時半」

N「それを世間一般では0時半という」

S「まだ序の口じゃん」

N「序の口?」

S「そう、序の口」

N「もしかして、宵の口?」

S「そう、それ」

N「いや、宵の口って確か日が落ちてすぐの時間じゃなかったか?」

S「まだ、日が落ちたばっかりだよ」

N「いや、もう良い子は寝る時間だから」

S「良い子じゃなくなればいいの?」

N「いや、お前はよいこだからもう寝なさい。」

S「やだやだやだ、まだ眠くない」

N「うざい」

S「うざ、ってひどいよ…」

N「連休はもうおしまいなの!明日から平日なの!わかる?」

S「わかるけど、まだ眠くない…」

N「もういいからコーヒーでも飲んで寝ろよ」

S「コーヒー飲んだらよけいに眠れなくなるような…」

N「気のせいだろ」

S「気のせいじゃないよ」

N「・・・・・・。」

S「なんで黙るの?」

N「俺は眠いんだ、寝かせてくれよ」

S「子守唄歌う?」

N「いらない、っていうか歌った瞬間家から追い出す。」

S「またまたぁ、本当は歌ってほしいんでしょ?」

N「絶対に歌うなよ、ジャイアンなんだから」

S「ジャイアン、ってひどい…これでもしずかちゃんのバイオリンくらいの」

N「変わらないだろ」

S「う…」

N「明日早いんだよ…」

S「じゃあじゃあ、ここで一緒に寝ていい?」

N「ダメ」

S「なんで?」

N「ダメ」

S「だから、なんで?」

N「ダメったらダメ」

S「もしかして、別の所が起きちゃう?」

N「

S「いたいいたい、ヘッドロックやめて」

N「あまり怒らせるな、って言いたいんだよ。」

S「あ、頭割れる割れる、ギグギブ」

N「ギグってなんだよ」

S「あー…よけいに目が冴えて来ちゃったじゃん…」

N「お前が変な事言うからだろ」

S「変な事って何?」

N「

S「ごめんなさい、もう言いません!」

N「あのさ、なんでそんなに元気なの?今日1日あれだけ動き回って…信じられないんだけど。」

S「その説明、してほしい?」

N「出来る物ならな。」

S「いいけど、絶対に寝ちゃダメだよ?」

N「いや、寝る。めんどい。」

S「副交感神経とね、交感神経がね、ってだめーーー、寝ちゃだめーーー」

N「うるさいよ、いいから」

S「いいから、お前も自分の部屋に戻れって」

N「それ、俺の台詞な。先に言うなよ」

S「いつも言われてる事だから…ね、先行投資?」

N「投資じゃないし、っていうか日本語変になって来てるぞ。」

S「それは…頭叩かれすぎてバカになって来てるから…」

N「マジか…それはすまなかった。だから早く寝ろ。」

S「意味が分からないよ。」

N「眠いから、日本語変になってるだけだよ」

S「そうなのかなぁ…?」

N「ほら、子守唄歌ってやるからさっさと寝やがれ」

S「ちょ、もしかして怒ってる?」

N「少しな。」

S「なんで?」

N「眠いから。」

S「ごめんね、そろそろ寝るから…」

N「あぁ、ゆっくり休めよ。」

S「うん、明日、6時でいいの?」

N「6時半、な。」

S「わかったよ、6時半に目覚ましかけておくから」

N「いや、やめてくれ。」

S「なんで?」

N「何個、かける気だ?」

S「24個」

N「今日も目覚まし時計買ってたよな?」

S「あ、今日の入れたら25個だね」

N「近所迷惑、だからな?」

S「隣の火災報知器並みの目覚まし時計も十分近所迷惑だよね?」

N「あの人は良いんだよ、おばあちゃんで、耳が遠いから仕方が無いだろ」

S「おばあちゃんフェチ?」

N「はったおすぞ」

S「ゴメンなさい…」

N「なんでカタカナとひらがなで言うんだよ。意味分からん。」

S「だから、なんでカタカナとかひらがなとか分かるの?」

N「雰囲気だろ。」

S「雰囲気?」

N「雰囲気。」

S「じゃあこれは?オハヨウございます」

N「オハヨウがカタカナで、ございますがひらがなだろ。」

S「エスパー?」

N「エスパーって言葉久しぶりに聞いたけど、違うから。とにかく!!目覚まし時計は3つまで、いいな?」

S「うん…解ったよ。」

N「本当に分かったな?」

S「うん、大丈夫♪」

N「俺の目を見て言えよ」

S「大丈夫だよ♪」

N「何笑ってるの?」

S「なんか必然的に笑みが…」

N「必然的?分かってないだろ、それ!」

S「もいいよ!寝る!」

N「ふてくされ方が意味分からないが、おぉ、寝ろよ」

S「本当に寝ちゃうんだからね!後で寂しくなっても知らないから!!」

N「寂しくなんてなりませんよー」

S「もうしらない!」

N「そのテンションが分からない…けど、寝るなら「おやすみなさい」だよ」

S「うーーーー…」

N「唸るなよ」

S「おやすみなさい」

N「はぃ、おやすみなさい。」





寝るのも一苦労ですね。



アニメ【中二病でも恋がしたい!】感想 

October 05 [Fri], 2012, 13:02

いいところ
・OPにウユニ塩原?
・過去を隠そうと必死な男の子が可愛い。
・なかなかナイスな物語設定。
・見ていて苦じゃない。
・ただちょっとだけ女性キャラが多いのが気になる。が、それは良い所に。
・だいたいの落ちは分かるけど今後が気になる作り方。
・画面を見てなくて、音声だけでもそこそこ楽しめるのは良。
・人の動きや自然が柔らかい作り。
・妹が可愛い。こんな妹欲しかった。

わるいところ
・主人公とヒロインが同じクラスっていうのは頂けない。今後振り回されるのが目に見えてる。
・ヒロインの名前がたかなし…
・これは作者が中二病
・実際にここまでイッちゃってる中二病は見た事が無い。今の若者は怖い…
・お母さんが夜勤もあるって設定がまたこれいかに。
・実際主人公クラスの中二病ってそんなに簡単に抜け出せる物じゃないと思う…


先ほど書いた【K】よりはよっぽど見てて楽しい作品だった。
この原作は…ライトノベル?漫画?分からないけど。
小説で読むともう少し楽しめそうな気がする。けど、この手の小説は読んだ事が無い。
ホラーやミステリーとはまた違った分野なのが良いけど…この年齢になってライトノベルに手を出すほど落ちぶれちゃいないよ。
このアニメは二話目以降も見続けたいと思います。
今後に期待。

アニメ【K】感想。 

October 05 [Fri], 2012, 12:26

いいところ
・女性向け
・動きが綺麗にまとまってる。
・導入部の作りは少しだけ幻想的チックだった。←日本語おかしいのは気にしない。
・作中の町並みが素敵すぎる。こういう町に住んでみたい。

わるいところ
・おもしろくない。
・男性取り込むならゴスロリ幼女や裸巨乳出せば良いと思ってる節が在る。
・少年バットは妄想代理人とキャラかぶり。
・西洋の柄に東洋の刀身とか最低の刀が出てくる。
・時代背景めちゃくちゃな背景。(ホログラムのモニターがあるくせに改札は旧式等等)
・とまぁこんな感じで構想(設定等)が安易。
・キャラクターを見せる為だけの動画。
・この程度ならOVAで十分。放送枠を取ってまでテレビでやる必要なし。
・はっきり言って続きが気になるとは思えない作り。
・二話目以降見る価値無し。


まぁこんなところですかねー
アニメの第1話目ってすっごく大切だって思うんです。
キャラクターが良いとか、作りが良いとか、それだけじゃなくて…物語の構成とかそういうのが凄く大切になってくると思います。
これは…原作が何なのかは知りませんが…
アニメ化するまでの作品じゃなかったような気がしますよ。
時間が勿体ない感じがします。
作る時間、見る時間、ともに無駄になります。
ですから私はこの作品は2話目以降は全く見なくなります。

っていうか「K」って言うくらいだから「ドクターK」なのかと思ったら全然違う糞ファンタジーでがっかり…って気持ちが大きすぎて。
情報全くないからネットで見れるようになるの待つしか無いし、アニメ情報誌にまで手を出したら人生終わるよね。そこまで真剣になるまでのことはないでしょや。
正直どうなの!?
アニメは確かに面白いけど…
情報誌勝手まで情報仕入れる物なの?
わけわからない。

まぁいいや。
今期のアニメは期待しない方がいいのかな…

S&Nの会話【ダイエット】 

October 04 [Thu], 2012, 10:53
この文章には私の著作権が在ります。
コピーなど原則禁止といたします。
使いたい方はご一報ください。


【ダイエット】

S「こんにちは」

N「こんにちわ」

S「こんにち「は」」

N「「わ」じゃないの?」

S「知らないけど」

N「知らないならどっちでも良いんじゃない?」

S「口に出して言っても違いは分からないから?」

N「そうそう、ってさっき指摘されたけど。」

S「気のせいだよ。」

N「うん、気のせい…なのかな。」

S「そうえば、ちょっと太った?」

N「いきなり何?」

S「ほら、お腹の周りが…」

N「いや、体重は変わってないよ。」

S「それって筋肉落ちて脂肪がついてるんじゃないの?」

N「う、そうかも…」

S「ダイエットする?」

N「なんで疑問系なの!?」

S「いや、ほら強制的にやってもストレスで過食になっても困るし」

N「そういうのは大丈夫だと思う。」

S「わからないよー?」

N「分かれよ。そういえば最近少し食べ過ぎだったかも。」

S「秋だもんねーおいしい食べ物沢山出てくるよね。さんまとか、サンマとか、秋刀魚とか」

N「秋刀魚だけじゃん」

S「何食べたの?」

N「いや、中国産の松茸。安いから買いすぎて松茸ご飯ずっと作ってた。」

S「は?」

N「いや、お前も食べてたじゃん」

S「一回しか食べてないよ」

N「え?じゃあ後は誰が食べたの」

S「あんただよ!どんなけ食べてるの!?」

N「い、いや…」

S「ねぇ、ほんとーーーに体重増えてない!?」

N「う…」

S「増えてるんでしょ!?」

N「す、少しは…」

S「はぃ、ダイエット決定!!」

N「強制?」

S「強制ね!」

N「はぁ…冬になってからでよくない?」

S「いくない!あんたポルテ大好きじゃん!!」

N「ポルテ、おいしいよね」

S「だから太るの!!今日からダイエットだからね!!」

N「そうだ、俺痩せたら死んじゃう病気で」

S「ひっぱたくよ?」

N「はぃ、ごめんなさい」

S「で、実際にダイエットって言っても…色々在るけど。どうする?」

N「そうだね、リンゴダイエットとか、ハチミツダイエットとか、バナナダイエットとかあるけど」

S「全部食べる事じゃん。」

N「それにほら、フライドチキンダイエットとか、ハニートーストダイエットとか、カツ丼ダイエットとかもあるよ」

S「おぃ!ダイエットってつければ何でも許されると思うなよ」

N「ごめんごめん、ってうか食べるダイエットしか思いつかないんだけど」

S「運動しろよ」

N「運動、してるよ?」

S「週一じゃん」

N「それでも疲れるんよー、最近体力無くなって来てるから」

S「それは太ったからしょや?」

N「それもある。」

S「あんたほんとは何キロ太ったの?」

N「企業秘密だ」

S「明日から絶食する?」

N「食べるのだけはやめたくない」

S「シネ」

N「いきなり?」

S「ごめんごめん、一瞬目の前が暗くなって」

N「裏出そうな時は言ってね、逃げるから」

S「大丈夫。とにかく…痩せないとね。」

N「じゃあ…歩くか。」

S「私もつきあうよ?」

N「毎朝6時から7時半まで」

S「最初から1時間半とか…むぼー」

N「いいんだよ!これくらい歩こうぜ?」

S「やだよ。最初は30分。それからのばして行くなら良いよ。」

N「30ぷん?」

S「っていうか、仕事中眠くなるじゃん!」

N「仕事中に寝ればいいんだよ。」

S「ダメだろ」

N「クビになっても気にしない」

S「気にしろっていうかクビになったらリアルに首刎ねたくなるから…」

N「わかった、仕事はしっかりしよう。でも30分かー…そうだな、継続は力なりって言うし」

S「でしょ?明日からスタートだからね。寝坊したら承知しないよ?」

N「寝坊は…俺よりもお前の方が心配なのだが。」

S「大丈夫、目覚まし7個かけるから」

N「少ない。15個かけておけ?」

S「いや、ウルサイでしょ」

N「それくらいじゃないと起きないじゃん」

S「っていうか、前に火災報知器と間違えられて消防車呼ばれたし…」

N「あ、あのベルのヤツな。あれはうるさかった」

S「あれでも起きられない」

N「耳栓してるのがいけないんじゃない?」

S「耳栓しないと周囲の雑音で眠れなくなる」

N「いやいや、それは体が疲れてないからだよ」

S「そうやって朝歩く時間のばそうとしてない?」

N「いや、そんな事は無いよ。」

S「悔しそうな顔しないでよ」

N「オチ最初に言われると悔しい物なんだよ」

S「そんなことあるじゃん」

N「なんでもいいけど、本当に明日から歩くんだな?」

S「歩こうよ。手伝うよ。」

N「手伝う?」

S「あなた一人だけって分けにもいかないし、秋冬は私も沢山食べちゃう方だから気をつけないとだから」

N「なんか…」

S「ちょ、やめてって!」

N「お前も肉付いてるじゃん」

S「ひどい…」

N「なんだよこれ」

S「ら、ラブハンドル…」

N「うざいから」

S「ごめん」

N「でもなんで腹回りの肉ラブハンドルって言うんだ?」

S「こいびとだけが掴めるからじゃないの?」

N「そういうもんなのかね。」

S「っていうか、好きな人以外に肉掴まれたらセクハラ裁判だよ」

N「なんだよそれ」

S「家裁直行便」

N「セクハラって家庭裁判所なの?」

S「しらない」

N「知らないなら言うなよ」

S「とにかく、ちゃんと二人で脂肪落とそうよ」

N「俺よりお前の方が心配だ…」

S「聞いてる?」

N「聞いてるよ。」

S「一ヶ月で元の体型に戻すよ!?」

N「一ヶ月で!?」

S「絶対だからね!!」






少しの食事制限と、適度な運動を。
毎日の生活に取り入れれば体型は絶対に変わって行きます。
変にプレッシャーを感じずに、自分にあった方法で無理無くダイエットに励みましょう。

アニメ、アニメ、アニメ 

October 03 [Wed], 2012, 23:35


28歳にもなってアニメが好き、って言うのは…やっぱり変なのだろうか。

でも正直言うと私は…去年までは本当にテレビを見なかった。
ドラマも全然知らないし、歌も。
友人とかの会話で俳優さんや、歌手の名前が出て来ても誰一人分からなかった。
私の世界は…

小説の中だけにあったから。

だから、テレビを見るなんて時間のむだになるような事本当に嫌いだった。
だけど…

私は麻雀が好きで、好きといっても雀荘とかは顔出した事無いけど、ゲームセンターで麻雀格闘倶楽部とかMJとかそういうのでずっと遊んでた。
四年ほど前に「アカギ」という漫画に出会って、ゲームの画面上だけじゃなくて対人だとこんなに心理戦をしなくちゃ行けないんだ、と驚愕した。
でも、だからこそ麻雀の楽しさが分かったような気がする。
その後、一昨年。
「咲〜saki〜」
という麻雀漫画に出会った。

麻雀のプレイヤーが4億人を超え、世界的に麻雀が有名になって来ているそういう世界設定。
だからこそ、高校で麻雀のクラブがある。

その麻雀部で活躍する女子高生の物語。

それが咲だった。
咲は普通の麻雀ではなくていわゆる「能力麻雀」という物だった。
一人一人個性に合わせた潜在能力が在り、それが試合中に発揮される。
主人公の場合は「槓(カン)」をすると高い確率で有効牌を引き入れるというもの。
テンパイ時なら嶺上開花(リンシャンカイホウ)。
これが意外に見ていて気持ちがよかった。

アニメも在ると知って、ネットで全部見てしまった。
それから…それからアニメが急に好きになった。

咲だけじゃ無くて「アカギ」も見ちゃったし、他にも色々。
この1年間で相当数見たような気がする。

るろうに剣心
アカギ
咲〜saki〜
CLAYMORE
それでも町は廻っている
みなみけ1〜3期
焼きたて!! ジャぱん
荒川アンダーザブリッジ1〜2期
だぶるじぇい

数えたらきりがないけど。
楽しい作品ばかりで、正直…
今まで知らなかったのが勿体ないって思ったくらい。

最近だと
「さんかれあ」
「咲-saki- 阿知賀編」
「氷菓」
「TARITARI」
「人類は衰退しました」
「じょしらく」

なんかを見ていました。
それについての感想はまた今度。

最近では色々なアニメが最終回を迎えて新しく作品が始まる季節(らしい)。
らしい、というのは…私がアニメの世界に詳しくないから。
声優の話をされても分からないし、放送時期の話されても全く分からない。
ある物を見てるだけ、というスタンスだからだ。

新しく始まる物は…
期待できるのは
見た目だけで決めるのなら
【うーさーのその日暮らし】
だけ、ですね。

他のは見る価値もなさそうな…
まぁ第1話は絶対に見ています。
その作品を評価っして見る、見ない決めたいですから。
でも、タイトルで負けてる。
新しく始まるアニメには【うーさーのその日暮らし】に勝るタイトルが見つからない。
私的感覚で物を書いていますので、文句は一切受け付けません。

正直、アニメも漫画も。
作者というブランドではなくて、作品の内容が全てだって思います。
ただ、ブランドで決めて面白い作品も多々在るのは私も分かっているつもりです。

ファンタジーすぎるのはあまり好きではないのですが、クレイモアみたいな世界観なら受け入れられます。
ドラゴンボールでもあり、です。
ただ、ワンピースに至っては、あれでは…
いや、やめておきましょう。
ワンピースの文句言うと後が怖いです。
あれは面白くなくても面白いって言っておかなくちゃ行けない雰囲気がありますので。
正直私はロロノアゾロ助けるシーンで先が見えました。

と、ワンピース批判ではなくて。

新しいアニメは…どうもタイトルが受け入れられない。
前期アニメの「アルカナファミリア」だったかな。
あのアニメは本当に最悪でした。
初回から登場人物が多い。
全く知識のない人間には付いてくるな、と言わんばかりの作品。
後々の情報で「ゲームからのアニメ化」と聞いたのですが。
もう少し作り方があっただろう、と…
短期間で様々なアニメを見たからこそ、作りが変なのが分かる。
一度見て「続きが気になる!」という気持ちにさせられないアニメって…作る意味が在るのでしょうか。
もう少しシナリオを考え直すべきでした。

私自信、何かを生み出せる訳じゃないのですけど。
でも、作品というのは見せる為に作る物ですし、その感想は作者は素直に受け入れるべきです。
面白いと受け入れてくれる人が多い作品も在りますが、本当に聞かなくちゃ行けないのは「少数派の意見」だと思うんです。その少数派の人の意見を取り入れ、更なる高見を目指すのが作品を生み出す人の義務ですよね?

アニメや漫画だけじゃなくて。
芸術にも同じ事は言えるのですけど。

まぁ、次のアニメに期待して三ヶ月間待つという方向で考えた方が良いかも。
とこれはあくまで「私個人の感想」なので共感を受けて他のサイトで暴れるような事は絶対にしないでくださいね。

なんだかんだ言っていますけど、私は基本アニメや漫画だけじゃなくて「小説」の方が好きな人間なので。
そこの所ご理解戴けたら嬉しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遠野ミサト
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-小説全般
    ・懸賞-試写会大好き
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる