August 28 [Thu], 2014, 8:01


8月27日、富山から親子さんが湘南江の島にいらした。

江の島はパワースポットであり、それほどスピリチュアルを知らない・・・と話されていた親子さんだったけれど、ご神木や島の中のエネルギーに感動をされていた。

そして、お嬢様は胸が痛くなる。

頭が痛い・・・という症状が出てきた。(笑顔ではあられたけれど。)

それは島内のエネルギーの周波数に彼女の周波数が修正されており、悲しみや不安、自己否定などの念を変化させていくものであることを確認し、次第にその周波数へと慣れ始め、雨の予報であった湘南地方ではあるけれど、青空さえたまに顔を出し、辺津宮、中津宮、奥津宮とすべての神社をまわることができた。

廻り終えたのは3時過ぎ。

飛行機の時間は夜8時ということなので、まだまだ時間がおありなので、鎌倉を紹介し、鎌倉から羽田空港までの乗り換え案内をみると、1時間。

6時までの3時間、鶴岡八幡宮へ行かれるようご提示してお別れをした。

・・・しかしながら、お母さまはこの後、生来の癖が出る。

遊ぶ・楽しむ、そして、自分の思いを相手に課す(コントロールする)などなどである。

江ノ電に乗らず、小田急線で新宿へ。

そして品川に廻り、京浜急行へと乗り継いだ。

そして・・・・。

昨日の京浜急行は車両故障と停電に見舞われ、約50分の停車。

羽田に着いたのは、飛行機の出る5分前で乗ることができなかった。

この状況をどう見ていけばよいか。。。

まず、お嬢様はすでに30歳近い方。

お嬢様は箱根や鎌倉へ行くことを望んでいたけれど、お母さまは話を聞かない。

電車の経路について、自分の知っている経路しか使用しない。

(もし江の島から羽田へ向かうにしても、江の島から藤沢に行き、東海道線にのりかえれば1時間で着くが、駅員さんにきくなどの手立てを持たない。お母さまは、まだ50歳なかばだけれど、なかなか融通がきかない。)

そして、お嬢様自身もご自分の意見をお母さまに提示することができない。

今回の経緯はすべてのマイナスの符が集合して飛行機に乗れない・・・という事態が起きた。

カウンセリングの手立てとしては、ひとつひとつをご本人様に見ていただいて少しずつほどいていくことかな。

人生のサイクルの輪にたくさんのループを作ってしまう。

このループをまっすぐなものにするだけで、人生は祝福に満ちることを体感してほしい。

江の島の周波数を感じ取ることのできる親子さんなのだから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:羽菜
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月20日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・神社巡り
    ・旅行
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
アイコン画像
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/moonhibiki/index1_0.rdf