不倫は文化だ 

December 25 [Mon], 2006, 18:53
昨晩、蔦屋がCDレンタル5枚で1000円であったので、此処ぞとばかりに15枚借りる。
のだめちゃんの所為か、狙って居たクラシックが全滅。
それでもこころはほくほく。
いかにも此の時代の爽やかさを備えた青年に会計をお願いしたのだが、
レシートに記された名前、「石田純一」。

本日、戴きましたは、

フジファブリック「アラモード」
変態的に脳内で歪む音ども。
その中でせつせつと胸を張りつめさせるメロ。
哀愁が詞から溢れて来た。日本のうた。と感じた。

ジムノペディ「今宵も、うたかた探し」
心奪われた。ふるえる。
地上にこんな産物が在るから、また水に入りたくなってしまうではないかー!

2枚とも、大好きです。

そういえば、サラリーマンNEOのスペシアルも観た。
南野さんのノリに押されてしまった。上手いなあ。
矢張り此の番組は、居心地の悪い様な空気がよい。

Y先生に毒吐かれても負けません。
寧ろ悦んでないか、私?
精神面での被虐趣味は無かったつもり。
大丈夫だよね、嫌われてないよね。未だ。

シャルロッテ 

December 17 [Sun], 2006, 17:42
どうやら私は女らしいが、
生きてゆくのが
上手ではない。
そして、これからもずっと。

「期末」が「末期」に見えた私が末期なのか 

December 12 [Tue], 2006, 20:03
昨日は代休、本日は修学旅行後、初の授業。
期末試験の答案、4枚返って来てしまいますから、そりゃあ驚きますとも。

世界死、ではなかった、史、20点。
漢字が溢れかえる中国史が終わったのは、やはりアイタタな様。
授業担当は、解りにくさと根性の汚さで名高い非常勤だが、
其れにしても、片仮名、如何して頭に入らないんだろう?
受験には必要ないといえども、此の先世界の歴史を理解せずにのうのうと生活出来ない……。

英語は相変わらず、興味を持たないが故、すこーし低い。困ったものだ。

古典は89点。授業を休んではいかんと再確認。
現代文でミラクル。96とは如何したことか。
でも、減点された記述の出来は酷過ぎた。凹。

例え、成績評定の合計が同じだろうが、
国語6、世界史5の友人は問題にならず、
国語10、世界史1の私は、職員の成績会議で晒し者にされる此の学校。
生活しにくいこと此の上無い。
大体、数字に囚われて居る此の境遇が、窮屈でならん!

1学期、呼び出しを喰らい、大層面倒だったが、2学期は、スムーズに終えられることを祈ります。
……如何だか。

ストイック、カタルシス。 

December 01 [Fri], 2006, 22:23
昨日から、期末テスツ期間中。
此の土日を挟み、火曜迄続く。
水曜からは、人生最後であろう修学旅行。

如何して、何時もテスツ前日に限って、読みたい本に出遭ってしまうんだ!
我が校の図書館は、新刊を入れる間が悪い。
近寄らなければ良いのだが、図書館で無ければ集中して勉強出来ない私……。

前回は、「少女七竈と七人の可愛そうな大人」に心奪われてしまった。
今、私を苦しめるのは、「文藝ガーリッシュ」と、カフカの「流刑地にて」。
特に「流刑地にて」は、1年越しの片想い。
図書館に入れたかったけど、所収されて居るレーベルが分からなかったのを、
偶然Y先生がお入れになった。
実は、漱石せんせいの「こころ」も、山場にて停滞中なのだ。

月曜:日本史、数学
火曜:ライティング

此の週末の苦しみといったら。
待ってろよ。
絶対「ひかり」の車内で読んでやる!

待った無し。 

December 01 [Fri], 2006, 22:03
最近、文筆衝動が激しい。
小説とか、詩めいたものとか、
ぱっと思いついては、其の場で書き留めて居る。

きちんと向き合って書きたいけれど、
如何せん時間が無い。
部活と、勉強の所為。

高校に入ってから、ずっとこんな感じ。
読書も出来て居ない。満足に音楽も聴けて居ない。
映画も御無沙汰だ。

私、枯れて来た。
だって、ぐちゃぐちゃして居たけれど、豊かだった中学生の頃とは、明らかに違うもの。

今の部活は、吹奏楽部。
文芸部と演劇部とかなり迷って、
音楽は聴くだけでは我慢出来なくて入部したが、
正直、選択を誤ったと思う。
楽器を演奏するのは大好きだけれど、
矢張り集団行動は苦手だし、忙しさには目が回る。
でも、後悔はして居ない。とても大切な人に出会えたから。

今、17歳の私だから、受容せねばならぬものが在る。
此の儘では、取り返しのつかないことになる。
大人に成った何時かの素敵な自分の為に、今の拙い自分に必死に堪えて居ると云うのに。
如何しようも無く、焦るんだ。

話題の飛躍は熱の所為では無く、何時ものことなのです。 

November 14 [Tue], 2006, 21:31
今日はこっぴどい風邪を引き、学校をお休み。
ベッドの中で、フリーペーパー「早稲田文学 WB」を捲った。
偏りは有るけれど、革新的な其のスタンスが好き。
早稲田大学のオープンキャンパスにて存在を知り、定期購読に至る。

松蔭浩之氏+モブノリオ氏の対談中に、
「デート中に相手がメールをし始めたら、
一体自分は相手に二の次、三の次……何の次にされてしまったのかと思う」
と云う様な件があったのですよ。

浮かんだのは、
2次関数や3次方程式を、二の次、三の次にしてしまいがちな自分。
にがわらい。

数学が出来ることに憧れる。
ロジカルなひとに成りたい。
感覚的なものに鋭敏でありたいから、寄って立つ論理が欲しいんだ。
其れに、数学には破綻の無い美しさが有る。

が、私は、どうも閃きが足らん。センスが無いんだろうな。残念。

思うに。

理系は、既に存在する自然の定理についての
発見の学問。
ヒトなんてちっぽけなものを要せずとも動く、世界の歯車を垣間見るのが好き。

文系は、ひとが成すものについての
創造の学問。
人間とは何か、考えるのが好き。

高校生をやって居ります今、受験の為だけの勉強に息が詰まりそうです。
早く大学いきたーい。

だって制度に踊らされて居るんですもの 

November 04 [Sat], 2006, 22:24
月曜日から、実力テースツ。
なのだが、ちっとも勉強が進みやしねえ。
集中力が、細切れどころか微塵切り。
テスト勉強は、授業と違って、
発見の喜びが無いからな。反復ばかり。

元々、勉強は好き。
新しい知識を得て、自分の考え方に吸収し、
自分の世界が広がってゆくのが。
高校に入って、より学ぶことが綿密に成って嬉しいのだが、
反面、其れ等を使って考える機会は失われ、
兎に角覚えることばかりを強いられる現状にはうんざり。

テストの点数は、私にとって大した問題じゃない。
学期末の成績で宜しくない評定を戴いても、そんなに打撃は受けない。
課題が増えたり、呼び出されてお説教戴いたりが面倒なだけ。
其の数字自体には心を動かされないが、
知識が身に付かなかったことにはがっかりする。

仕方の無いことだが、今の入試制度と私はきっと相性が悪い。
学問を目指すのに、こんな暗記中心の勉強をやらなければならないんだな。

でも、行きたい行きたい大学があるから、
我武者羅にやるしか無いのは解ってる。
こんなのは、言い訳だって知ってる。

今は、部活も勉強もやらなきゃいけない。
私の高校生活、何れも此れも、中途半端に消費するだけ。
私は、やるべきことの種類が多いと溺れる。

高校に入ってから、殆ど本を読めて居ない。
音楽も、映画も。書いても居ない。
だから、こんなに枯れてしまったのか!
此の年齢で、今、受容しなければ、と焦る。

却って受験生に成れば楽かも知れない。
「勉強だけやってれば善いよ」って、誰か言って頂戴。

こんな日は、「やっつけ仕事」を聴こう。

せつどをしれ。 

November 01 [Wed], 2006, 19:47
「じぶんがされていやだとおもうことをほかのひとにしちゃいけません」
だから、つきまとうなよ。
あのひとが、おまえをきらっているかもしれないこと、わかっているだろう?

相手が年上だから
そんな自分の拙さも赦して貰える。
――モラトリアム?
なんて、あまい。

「すきなひとがじぶんをすきになってくれるのはきせき」
わすれているかもしれないね。
こううんなことに、いままではたいていきせきがおこっていたから。

でも、きらわれてるって、みとめるのが、こわいんだろう?
もしかしたら、すかれてるかもしれないって、
こころのどこかでひそやかにきたいしてるんだろう?

もうやめましょう。ふれるのは。
これいじょう、はじをさらすのは。
あのひとのなかでおまえについてのきおくがまたつみかさなって
ますますきらわれてゆくよ。


以上、学習しない自分へ。

本日は、消費者に徹したのだった。 

October 29 [Sun], 2006, 18:33
まちに出た。
部活動とテスツの波に溺れる毎日、中々こんな機会は得られない。

先ず、ピンキーリング購入。マルイのBLOOMと云うお店で。
ピンクゴールドの、アラベスクと花を組み合わせた様な形。
意外にお安かった。
ちょっと焦り過ぎた決断だったかもしれない。
でも、アラベスクは、偶像崇拝を否定するイスラム教の意味では、
文字や植物、幾何学が含まれた紋様で、無限を象徴するらしい。
「装飾的で幻想的な曲」の音楽的な意味も有る。
だから、よし。と、後付。
本音としては、余り宗教には絡ませたくなかったんだが。

他にも、修学旅行に向けてお洋服とか、
部活(吹奏楽部)で使う楽譜とか、
あ、ブラシも。ANNASUIで。

最近、肩が重かったけれど、
買い物したら、少しすっきりした感じ?
母に「女だから」と言われて悔しい。

「早く人間に成りたい」彼等に、権利を譲りたい。 

October 28 [Sat], 2006, 19:03
こんな私が、抜け抜けと生き存えて居る不条理。

でも、私は単純だから、
大好きな方に認めて戴ける瞬間だけは、
「生きて居て善いんだ」と思い上がってしまうのですよ。
広告
自己紹介
夜 17
好ムモノ
・読書
・文筆
・音楽
・映画
・思考
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ別アーカイヴス
メイルは此方より

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる