モンスターワイフ

August 31 [Mon], 2009, 1:01
この間、深夜のテレビで「モンスターワイフ」をやっていた。

「モンスターペアレント」ではなく、
「モンスターワイフ」。


一生懸命に家事をしている奥様がなるらしい。
がんばればがんばるほどに夫の愛情に飢えてしまう。

人は、与える分だけでも最低欲しがる生き物。
だから、基本的にはがんばっているのだから、
その対価を欲しいと思って当たり前のこと。
だけど、人間関係はそううまくいかない。

疲れている時や
仕事でうまくいっていないとき。
旦那さまが相手をしてくれない。
「私はこんなに頑張っているのに・・・」と
奥様はモンスターワイフになっていく。

私には、どちらの気持ちも理解できる。
それは、他人の話だとわかっているから。
だけどいざ自分が結婚して、同じ状況になった時。
私ももしかしたらモンスターワイフになるかもしれない。

結婚観は人によって違う。
私は、まだ既婚だけど、
結婚願望はない。
それは、結婚にしても旦那さまを支えていける自信がないから。

家事をちゃんと出来ても、
家庭に入ると今のように
普通に話しをすることが出来ない気がするから。

私は、現在同棲をしているが、
1日に相手に絶対にする事を決めている。
それは、マッサージだったり
話を何も言わずに聞くことだったり。
それは、どんなに自分が疲れていてもする。
たとえ少しの時間であっても。
相手が今日はこれをして欲しいんじゃないかな。って考えて。
そのときの体から出るサインを感じとるように努力している。
ただ、私の自己満足のためだけど、
相手がそれに対して感謝を感じていなくてもかまわない。
私がしたいからするだけ。


今は、結婚というしがらみがないから
気持ちが楽だから出来ている。
奥さんという立場になると、
どうしても対相手にする事は義務的になってしまう。

どんどんそれが当たり前になり、
気がつけば、して当然になってしまうから。
そこにはもちろん相手の考えが大切になってくる。

モンスターワイフっていうのは、
奥さんのバランスと
旦那さまの考えがうまくいかないとなってしまうんだろうなと
思った。

対誰かに何かをするときは、
対価を求めては結局自分が苦しくなるもの。
誰かに何かをしても見返りを求めるものではない。
はじめから見返りを求めなければ、
何も返ってこなくても、腹も立たない。
何か返ってきたときには、喜びが得られる。

それがわかる人。
それが出来る人。
とっても少ないと思うけど。
今の世界には必要だと思う。

ちいさなことにも感謝して、
ちいさなことでもやってみる。
相手の気持ちになって、
自分の気持ちを考える。

だけど最終的には自分を大切にしなくちゃ
誰かに何かをすることさえできない。

人間はとっても複雑な生き物だなぁ。











プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:moon-ring
  • アイコン画像 誕生日:1985年2月14日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/moon-ring/index1_0.rdf