感謝 

2005年06月21日(火) 15時01分
そう。
チビ達が1才と2才の時、奴は私と子供達を棄てて出ていった。
幼子を二人含め三人の子供を抱え一人でやってこれたのも、お姉ちゃんのお陰たる所が大きい。
私一人では出来ない所を随分お姉ちゃんにして貰った。
チビ達の歳の離れた姉だから…で済まされる以上の事をして貰ってる。
私は…お姉ちゃんに対して感謝の気持ちを忘れていた。
ありがとう、お姉ちゃん。
あなたが居なかったら私は生きてこれて無かった。
もう高校生のお姉ちゃんを抱き締めるのは照れ臭いけど、抱き締めて『ありがとう』と言いたい。
ありがとうお姉ちゃん。感謝します。

 

2005年05月04日(水) 20時48分
我が家の本当の主は多分お姉ちゃん。かも…
チビ達を叱り、怒り、躾るのは大概お姉ちゃん。
私はあまり叱らない。(そりゃぁ要の時は叱りますよ?)
チビ達が何かヤラかしてしまった時、怒りよりも悲しい気持ちになってしまうから叱る事が出来なくなってしまう。諭す様に言い聞かすのでやっと。
そんな私の態度が甘いと、ヌルいとお姉ちゃんが憤慨、チビ達を叱るのである。
「そんな怒らんでも…」
と思うのだが、年齢的な事もあるのか…(切れ易い年頃?)怒りまくり…
まぁ、正直、お姉ちゃんが居なければ我が家は成り立って無い訳で…
はぅ…子育てって難しいやね…

会いたい…とかって番組 

2005年04月08日(金) 22時52分
の番宣、見てさ…思ったんやけど…
マシュマロちゃんとにゃあちゃんは
父親の顔をもう憶えて無いやろな…
当時1歳と2歳だったからね(年子なのん)
街ですれ違ってもお互い分からないんだろね。
可哀想に…酷い父親…
氏ねばいいのにそんな父親。氏んで保険金でも残せってんだ、糞野郎。氏ね!糞がっ人間の屑がっ!!

ガツガツ 

2005年03月09日(水) 10時25分
マシュマロちゃんが寝る前、明日の時間割を揃えていました。
教科を口に出して揃えるマシュマロちゃん。それを何と無しに聞いていた私。
『ど・う・と・く(道徳)』
ん、月曜の一時間目は今も変わらず道徳なんだね〜
『さ・ん・す・う』
『こ・く・ご』
この子の字めっちゃ汚いのよね…何とかなるかしら…
『が・つ・が・つ』
がつがつね〜…ん?が?ガツガツ?何じゃそりゃ〜〜?
「え?何?マシュマロちゃんガツガツって何よ?」
『だって書いて在るよ?がつがつ って』
「どれ?見せてみなさい…」
「お…」
「お前…これ、がっかつ(学活)じゃないの〜〜〜〜!きゃ〜〜ははははは〜〜!」

笑かしてくれるよ(爆)我が息子、ナイスボケ。
この後恥ずかしさで烈火の如く彼は怒っておりましたがね(笑)
ガツガツガツガツ〜〜

(無題) 

2005年03月03日(木) 13時39分
当たり付きの自販機で、まだルーレットが回ってるのに当たりハズレも見ずに自販機から立ち去る私ってちょっと太っ腹かも(笑)

てすトン 

2005年03月03日(木) 13時00分
ん・・・
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moon-children
読者になる
Yapme!一覧
読者になる