郷愁。 

July 20 [Wed], 2005, 20:51
私の短い人生の中で
一番見て良かったのが、オーロラ。
あんなに、胸が締め付けられるような感動を
ものから受けたのは初めて。

なんて、自分はちっぽけなものなんだろう。

隣にひとが居ても。
自然と、自分という個の対面で。
自分というものの儚さを感じた。

例えわたしが居なくなっても
何事もなく時間は過ぎて、せかいは変わらない。
自分は大きな流れに居て
そして、それを構成する一部なんだ。

言葉では表せない、情報量。
わからなかったものが、いっぺんに見えた気がした。

今まで解けなかった数学が解けた気分。
頑張っても頑張っても解けないのに
偶然にするっと解けて
何が解らなかったのかも、解らない。

人は、自然で。自然の一部で。
人は不自然っていうけど、そんな人間も自然が作ったもので。
どんなに進化しても、抜け出せない。

胸を突くオーロラ。
輝く空気。
私を包む静寂。

もう一度、還りたい。
次は、彼と一緒に。

エゴ。 

July 19 [Tue], 2005, 11:45
全て、自分の為である。
人を励ますことも、応援することも。
人は、自分の為にしか、行動できない。

友人の悩みを聞き、励ます。
友人が大好きだから、にっこりするのが見たい。
お願いだから、元気になって。
あなたの悲しい顔なんて、見たくない。

それはきっと、自分の為。

おじいさんが電車で立ってる。
何気なく、席を譲る。
立っている状態で譲らないと
なんだか罪悪感。

罪悪感を感じたくない。
きっと、自分の為。

愛が相手との同一化なら。
自分にして気分がよくなるのと同じで
相手にして気分をよくしようという自慰行為。

全部言葉遊びで。
綺麗に言っても、汚く言っても
所詮同じものだ。

愛。
凄く綺麗に聞こえるものだけど。
それはただの現象で、
良いも悪いもないんだろう。

言葉は後からつけたもので。
感覚とか、気持ちとか
そういったものを、具体的に形付ける。
ひとの価値観で、押さえつけてるだけのものだ。

私は今日も、言葉を紡ぐ。

命。 

July 18 [Mon], 2005, 19:40
私の人生の意味。
きっと、いつか、受け継ぐため。
人間は動物だから。
大きな流れのなかのひとつだから。

私は、彼との遺伝子を
残していきたいんだろう。
大事な人との遺伝子を。

生き物は、死んでも、
後に残す限り、完全に死ぬことはない。
自分の命は、確実に受け継がれていくから。

自然に生きてるもののあらゆるものは
やがて土に還り、循環していく。
人は、火葬され、土に還らない。

たくさんの命を犠牲になりたつこの命。
地球に還れないのなら
残していく他ないのではないか。

私の身体を、命を、思想を。
彼の身体を、命を、思想を。

私の命が、その目で、新しい何かを見つけて欲しい。

日記を読むにあたって。 

July 14 [Thu], 2005, 11:02
日記を教えてる人の数が、
少し増えた。

そのため、注意書きが必要かもしれない。

ここは、今の考えを書いているから
後々、意見は変わってくること。

主観を断定として書きがちであること。
(これは、大学のレポートの書き方を教わった時に
 身に付いた癖がなかなか抜けないから)

コメントはなるべく控えて欲しいこと。
(前書いたみたく
 私は文字が苦手なので
 できる限り、リアルタイムでレスの返せる
 実際会う・電話・メッセ
 が望ましいと思う。
 コメントがプレッシャーになりうる)

の理解を、宜しくお願いします(?)
ちなみに読まなくても全然OKですので。
あとはお好きに。

正義の味方。 

July 13 [Wed], 2005, 17:04
「世界の平和に一番必要なもの
 一つ挙げるとしたら、何?」


なんだか大規模な質問だ。
暫く考えて、一つ。

「感受性」

愛。と答えればいいのかもしれない。
愛が、他の物を自己に取り込むものだとしたら。
他者、もしくは世界に存在するあらゆるものが
自分の延長であったとしたら。
衝突、争い、戦争。
そういったものも、なくなるだろう。

でも、愛を抱けるのは
ほんの少人数にだけだ。普通に考えて。

友達がいくら悩んでたって
その悩み以上に、結局自分の悩みが大切。
それが解決してからの思いやりだろう。

前書いたみたく。
人は、自分のこと、特別だと思ってしまう。
「我思う、故に我有り。」
結局人のことなんて、解らないから。

満員電車に乗って居ると思う。
「苦しい。なんでこんなに混んでるんだろ。
 後ろの人、もう、押さないでよ。」

きっと、誰かも私のこと、そう思ってる。

後ろの人が、私の知っている人だと気づいた場合。
事態は変化する。
「わ、○○ちゃん!満員電車苦しいよね、
 あ、押しちゃってごめんね、大丈夫?」

相手を認識することで、
ようやく相手も、考える一つの固体だということを
意識することができる。

相手も生きた人間であること、
考える人間であること、
大切な人が居ること、
自分と同じ、一つの固体であるということ。

みんながそれを、
頭でなく実感で感じられたら。
争いって、少しは減るんじゃないかと思う。

それって、すごく難しいことだけど。

幸せってなんだっけ。 

July 13 [Wed], 2005, 17:03
幸せとは、という話。

幸せとは、満腹感、なのかもと思った。
自己充足感、満足感。
いっぱいで、これ以上欲しいというよりは
現在の時点で満足。

欲望というものは、足るを知らないものである。
お金も、名誉も、恋も然り。
満たされると、また新たなものが欲しくなる。
人って、そういうもの。

ほんとのしあわせをさがしたときに
愛し愛されたいと考えるようになりました。(林檎)


愛というのは、自分となること、だと過去書いた。
いわゆる自己充足。
すっかり補完された魂は
きっと、「これ以上」は望まないのではないか。

人は、誰しも「幸せ」になりたいと思ってる。
どんな悪人だって、幸せを求めて
悪に手を染めるのだろう。

幸せって、抽象的で、よくわからないけど。
きっと、イデアに焦がれる気持ちと一緒で
本能的に、みんな憧れてる。

お金とか名誉とか。
解りやすいものでアプローチすることは
きっと簡単で、解りやすいこと。
でもいくら追いかけても、
遠くに見える幻影は、逃げていくばかり。

抽象的なものに近づく為には
やはり、抽象的なアプローチが必要?

言葉とは、非常に抽象的である。
人間とは、非常に抽象的である。
抽象的なもの、きっと個人個人のなかにあって、
人によって違っていて、答えのないもの。

でも私は、それが知りたい。


*向上心、というひとつの問題がある。
 現状に満足すると、向上心を持たなくなる?

 きっと違う。
 向上していく過程にすら満足感を覚えるのが
 理想の満足感なんじゃないかしら。

*お金とか、名誉とか
 そういうので、満足感を感じられるなら
 それはそれで良いとも思う。
 虚しさがないのなら、実に明快だ。

幸福論2。 

July 06 [Wed], 2005, 14:50
愛とお金の話。
まだまだ考えてます。

お金は、なくて不幸になることは、あると思う。
子どもが病気で、お金をかけて手術しなくちゃいけない。
でもお金がなくて手術ができない。
それでその子どもをなくしてしまったら。

例えは極端だけど、
お金がなくて不幸になってしまう人は
世の中たくさん居るわけで。

でも、お金で幸福になれる人は、
(まぁ私の嫌いな人種は放っておいて)
居ないんじゃないだろうか。


結婚という、一つの問題がある。
ある女性は、ある男性が大好きで、大好きで
一生一緒に居たくて、二人の子どもが欲しくて。
結婚したいと思うとする。
でも男性は、まだアルバイトで結婚できない。
結婚できないなら、と男性と別れを決断。

この場合、女性は「誰かと結婚したい」ではなく
「彼と幸せになりたい」という目的を掲げてたのに。
その手段としての結婚だったのに。
いつの間にか、目的と手段が入れ替わって。
結婚が目的になって。
目的が達成できないから、別れを考えるのだ。

話は戻って、お金の話。
お金は、手段にしかすぎないのではないか、という一つの案。
大事な人に美味しいもの食べて欲しい。
十分な治療を受けさせたい。
喜ぶ顔を見たい。

これの手段としてのお金。
だんだん見えなくなって。
お金が目標になってしまうとしたら。

買える物と買えない物がある。
プライスレス。
一番その部分が大事なはずなのに。

お金は見えやすくて簡単だから。
抽象的な幸せを、目隠しして追いかけるのは難しいから。
簡単で解りやすい、お金というものに執着する。

きっと、誰だって、どんな人だって。
最終的には、「幸せ」になりたい。

大衆と私。 

July 04 [Mon], 2005, 14:05
「私って、普通じゃないから。
 みんなと違って、変わり者だから。」

巷でよく聞くこと。

世界は、自分というものを通してしか認識できないし。
過去の経験や、思考、感じ方。
全て分かるのは、自分のものだけ。

どんなに頑張っても、主人公は自分にしかなり得ない。
そりゃ、自分だけは違って見えるだろう。と思う。

近い人間であればあるだけ
その人の人間性、考え方がわかってくる。

「あなたって、変だよね」
「ちょっと変わってるよね」


悪い意味ではなく使われる。
ただ相手のことが良く見えてきただけ。

みんな自分のこと、特別って思いたい。
実際、自分は特別なんだろう。
でもそれは「みんな」である。
各々が、「自分は特別」。

特別が集まって「みんな」になってること、
たまに人は忘れてしまう。
頭で解ってても、実感として忘れてしまう。

彼と付き合っていない時
偶然通り過ぎたとする。
私にとって、こんなに素敵な人なのに。
まだ出会ってないその時は
ただの「みんな」であり、「大衆」なんだ。

都会を歩く。
人がたくさん居て、邪魔だ。
でもそれぞれに大切な人が居たり
色んな経験をしてる人が居たり
知り合うと、凄く深い人だったりするんだろう。

それぞれが悩んでたり、悲しかったり
とてつもなく幸福だったり。
自分と同じように、全く違うことを考えているんだろう。

誰しも、一度は立ち止まったり、傷ついたり、
独自の考え方を持っていたりするもの。
すぐ目隠しされてわからなくなってしまうけど。

そゆこと、ちゃんと理解していたい。

*たしかに、一般大衆レベル、というのはあると思う。
 でも小さいこと小さいことでその「一般大衆レベル」があって
 全てがそのレベルである、っていう人は居ない。
 私は、いくつの項目そのレベルからずれてる??
 みんなは、いくつの項目そのレベルからずれてる?

幸福論。 

July 02 [Sat], 2005, 21:26
ある友達が云っていた。

「いい大学に行かせないと、
 お金がないと、
 それだけ子どもの可能性を潰してしまう。」


しっくり来なかったけど。
ちゃんと頭の中で整理する。

いい大学に行かせると、可能性は広がる??
じゃあ、もし高卒で仕事をはじめて
経験をつみあげて、凄くやりたいことを見つけたら?

いい大学に行っても、行かなくても
何かしらの可能性は排除していくものだ。
生きていれば、可能性は減っていく。
反対に、生きてきた経験等から
可能性は増えていくものでもある。

やりたいことをやらせてあげる。
お金がないから、やりたいことを
やらせてあげれないのは、
確かに不幸かもしれない。

でも。
お金がない=不幸、ではないんだ。

最低限、生活していくお金を
両親で稼いでいれば。

いい大学に行って、
無理して、合わなくて、自殺してしまう人も居る。
中卒で、色々考えて、
自分でバイトや学費援助を学校からしてもらって
大検をとって大学まで行って、
やりたいことを成し遂げる人も居る。

可能性は無限。

不幸はどこにでも潜んでいるし
幸福はどこにでも潜んでいる。

私が小さい頃は
家を建てるためにお金を貯めていて
外食をすることは殆どなかったし
無駄遣いすることもなかった。

でもそれは不幸じゃない。

小学校の友達のMちゃんは
とってもお金持ちで
沢山のおもちゃを買ってもらっていた。
色んなものを、友達にあげて
それで友達を繋ぎとめていた。

そんなことしなくても
友達なんていっぱいできるのにね。
羨ましいなんて、思えない。

今だってお金持ちじゃないから
1000円の外食は豪華ディナーになるし
彼からの1万円くらいのプレゼントで
最高に幸せだ。

ブランド品、何十万のプレゼントじゃないと
嬉しくなれない人も居る。
人生、損してない?
幸せなんて、いっぱい転がってるのに。

お金持ちが不幸なんて思ってない。
でも、お金持ち=幸せとも、思ってない。
私は大事な人の手が、一番幸せなんだ。

日記の意義。 

July 01 [Fri], 2005, 15:01
ここは人に見せるためじゃなく、
自分の中の整理として使っている。

こういった話をする人は凄く限られていて、
ある程度自分の考えを持っていて
意見を述べてくれる人とでないと、できない。

日光を吸収する、という例えで話したけど。
一番危険なのは、吸収しすぎてしまう場合だ。

人は刺激を栄養にして、大人になっていく。
でも、栄養に変えることができない人が居る。
鵜呑み状態。

人の意見をそのまま自分の意見にして
本人はスカスカになる場合。

日光を当てすぎた木みたい、と思う。
あたりすぎで、がさがさ。

自分の意見を言うのは
危険が伴う。
真面目な話をするとき
人を傷つけたくはないけど
嘘をついて話したくない。

でも考え方を述べる時
傷つけてしまうことだってある。

傷つけないで
自分の考え方を伝える言葉が欲しい。
■profile■
■のんこ■
22歳。現在ニート。就活中。
好きなもの/彼・姉・犬・レストローズ・チョコ。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/monya-nonnco/index1_0.rdf
最新コメント
アイコン画像のんこりん(?)
» 好きの理由。 (2005年06月28日)
アイコン画像あみ
» 好きの理由。 (2005年06月28日)
アイコン画像のんこ
» 好きの理由。 (2005年06月27日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monya-nonnco
読者になる
Yapme!一覧
読者になる