終業式は25日。
2013.12.13 [Fri] 15:24

長らくご無沙汰しておりました。

ほとんどパソコンに向わなくなった今、
携帯からちくちくと楽しめるあれこれにすっかりお世話になり、
気付けば1年半も更新していませんでした。すみません・・

前回までのブログ記事を自分で読み返しながら近況を報告いたしますと

長女は来春から小学生、
次女は三歳になり次は幼稚園に入園します。

でも次女は未だこうです。


ただでさえ言葉が遅いのに、下の子ということで
言葉を間違って覚えてても誰も訂正せず、
少しでも長く赤ちゃんでいてもらおうと、家族みんなでもがいています。

長女は二年間の幼稚園生活もあとわずか。
仲良しのかわいいお友達も出来て毎日楽しく過ごしています。
小学校が離れちゃうんですが、
別の学校に仲の良い友達がいるというのはすごくいいと思うので
あまり心配はしていません。

そして私も彼女の母親と親しくなりました。
秋に私の誕生日があったのですが、降園時にずっしりとした包みをもらい、
もしやと思って帰宅後開けてみると、



・・・!
こっ、これは・・。私、いつの間に外郎好きを語ってたんやろう。
いや、いくらおしゃべりな私でも、子供挟んでそこまで熱くは語れないはず。
そういえば更新してないブログのことを話したことがあったから
ここを見てくださったに違いない。
でなければ誕生日に「翌日までにお召し上がり下さい」のういろう三本って。

で、この春にですね、
家族で名古屋の「ノリタケの森」に遊びに行きまして、
お皿の絵付けをすることになったので、
名古屋やし!と、私のリクエストで「ういろ皿」を夫に描いてもらったのでした。



あまりにも細かく指図したので、製作時間30分程度のはずが、
2時間半ぐらいいました。上のハートのは、長女のです。

しかしういろ皿を作ったものの、外郎は切り分けたものを銘々皿で食べるのが常なので
そない活躍しそうになかったんですが、

こうなって、



40歳の誕生日だったので4本。ふーしました。やった!



モンモランシィを可愛がってくださっていた方に
未だに私にはういろうが与えられ甘やかされているよと
ご報告したく、久しぶりの更新となりました。

そんなこんなで、それなりに元気にやっています。

さてさて、近況報告もしたかったけど、こっち!




昨年バタバタしすぎてお知らせできずでしたが、
毎年恒例、兄のオーケストラのクリスマスイブライブ、
昨年もありましたし今年もあります。

(チラシ画像を詳細ページにリンクしていますがいちおう
こちらからも )


嬉しいことに姉妹ともども兄の音楽が大好きで、すんごく踊ります。
今年のゲストは佐藤タイジさんですって!

がっ、クリスマスってすっかり冬休みだと思っていたのに
今年は25日が終業式なんですって。がーん。
子供たちに無理矢理お昼寝させて夜出かけ、
翌朝サンタさんからのプレゼントを
確認するかしないかのところを幼稚園に引きずっていくことに・・・。
ちょっとせわしないなぁ。

子供たちにはちょっときついスケジュールですが、
大人の皆さま、お仕事帰りなど是非お立ち寄りくださいませ。
フルオーケストラでの演奏で踊れるなんてなかなかありませんので。

ではでは、どなたさまも素敵なクリスマスを過ごされますように。

 

すぐそこの夏のお知らせ
2012.06.29 [Fri] 11:48

今日は暑いですね、そろそろ梅雨も終わりでしょうか。

長女が通う幼稚園では、園児が育てた三度豆の収穫がありました。
三度収穫できるから三度豆って呼ぶのだそうです。
ずっと「サンド豆」と思ってて、じゃぁなんでサンドなのかと問われると、
そこは考えたことがなかったな、いや、このみっちり挟んでる感が・・とか
今さらこじつけてみたり・・・
とりあえず、あと二度は収穫できます。

幼稚園で間引いた三度豆の苗をベランダで育てた分は、
しっかり肥料やったわけじゃないからやっぱりあまり・・と思ってたら
こちらもしっかり実がついています。
前回も書きましたが、米のとぎ汁と牛乳パック濯いだ水だけで
よくぞこんなに育ってくれた・・といじらしくなります。
こちらもあと二度収穫できるわけです。 
園と家の二か所で、三度収穫できるなら今年は六度豆だわ。

とれたての三度豆はとても甘くて、
1歳半の次女も、ぱくっと一口かじるやいなや、慌ててもう一口ぱく。
夏のお野菜はそのままおやつになるものが多いですね。


さて、今日はすぐそこに来ている夏のお知らせなんです。
お知らせが遅くなってしまって、ほんとうにすぐそこまで来てしまいました。

うちの長兄率いる「A Hundred Birds Orchestra」の野外ライブが
ああもうホントすぐそこにきてます。




2012.07.01(Sun) @服部緑地野外音楽堂

「A Hundred Birds Orchestral Unit In Summer 2012」

開場 13:00

前売り 3,500yen
当日 4,500yen
(小学生以下は入場無料)

タイムテーブルなど詳細はこちらをご覧ください。
おいしそうな食べ物やさんもたくさん出てますよー。

子どもが遊ぶ場所もたくさんあるそうなので私も家族で行きますが、
きっとあれ食べたいこれ食べたいと娘にせがまれ(私が食べたいのですが)、
あっという間に夕方のオーケストラ総出演のライブになるんだろうと予想しています。

昨年のクリスマスライブでは、1歳になったばかりだった次女も大喜びで手を叩いていました。
いつも思いますが、子供用の音楽じゃなくても楽しければ踊るのですね。
今回は姉妹でどんな風に踊るのか、母親になった今はそれも楽しみで・・。


夏のはじまり、よろしければ是非おいでくださいませ。

どなたさまも楽しい夏を。


 

さいたさいた
2012.05.27 [Sun] 12:21


娘の幼稚園の通園着、夏服に移行中です。
めちゃくちゃ暑いと思ったら夜は結構冷えたり、
衣替えもぐずぐずになってるうちに、あぁっ梅雨やん!
というのが毎年のこと。
梅雨になる前に昨日「ひなた」さんにメレンゲの納品をしてきました。
涼しくなるまでメレンゲはしばしお休みです。

先日、近所の花屋さんが娘に西洋朝顔の種を下さいました。
昼も咲いているそうなので朝顔ではないのかな。

毎年朝顔はベランダの柵に巻きつけるという手抜き法で咲かせて
種も収穫していますが、せっかくなので今年はこれを育ててみよう。

の、前に、
我が家のチューリップの話をします。

えーとチューリップの球根を植えたのは次女が生まれた頃、一昨年の秋でした。
そして次の春=昨年の春、きれいに咲いてくれました。

で、次の年も咲かせるなら咲いたあとしばらくおいて
球根に栄養を戻した後に球根を掘り出し・・なんて話をきいたりはしたのですが、
面倒になってちょきんと根元で切ってそのまま球根を土の中に放置したのです。
ほったらかしで翌年も咲いてくれたらそれはそれでラッキー。

ほったらかしのまま、朝顔やルッコラなど育てて楽しんだ夏が終わり、

・・・ほったらかしのチューリップ、咲かないかもしれない。
と急に不安になった昨年の秋。
既に土の中にいる球根はそのままで、さらに別の品種の球根を買ってきて植えました。

そして今年の春。
咲きました咲きましたどっちも咲きました!
んまー特別に肥料をやるわけでもなく牛乳パックを濯いだ水と米の研ぎ汁だけで
こんなに咲くものなのかと感心しました。

がっ。
チューリップって、歌にもあるように「なーらんだ」ところがかわいいのですね。
我が家のは、チューリップが群生しているようでよろしくなかったです。

それでも今年もほったらかしにしてたんですが
このままだと今年よりもみっしりチューリップが育つ恐れが・・。
来春に「なーらんだ」にすべく球根を取り出して洗って
どこに保管すればいいのかわからないまま軒先に吊るして、

やっとこさ、朝顔の種を撒いたのでした。オシマイ。
 

ひなたで一日お菓子屋さん
2012.05.15 [Tue] 19:57


ひなたでの一日お菓子屋さん、無事に終了いたしました。
ご来店下さったみなさま、気にかけてくださったみなさま
ありがとうございました。



当日は、4歳の長女がメインでお店番。
ひととおり味見をさせていたのですが、
まーしっかり覚えるものですねー、子どもの吸収力ってやっぱりすごい。

「このクッキーはチョコのあじで、うえにのってるのはかしゅーナッツで
これはチーズで、あまくないけどおいしい。これはなかにはいってるのは、あめ。
ワタシのおすすめはこれとこれで、おかあさんのおすすめはこれ・・」

という説明が、何度も聞こえてきました。
夕方頃にはその説明がずいぶんとはしょられ、雑なものになっていましたが・・

出産してから一度も会っていない人たちや
お名前だけ知っていたお子様たちとも会うことが出来、本当に嬉しかったです。
こういう場をいただけるのはほんとうにありがたいなぁと。
とても楽しい一日でした。

そうそう、ひなた店主のまきさんと娘が
「おかあさんにないしょ」で作ってくれました。

人の顔を描くときに、いつも紙全面を使って書いてたのに、
ずいぶんおねえさんの絵になってきたなぁ。ありがとう♪
お店番をさぼり、しかもおかあさんにみつからないように書いていたからか
自分の名前の字を間違うというミスを犯していましたが、それもまた思い出に。


さて、クッキーたちは完売したものもありますが、
引き続きしばらくひなたさんで扱っていただいています。
お立ち寄りの際は、お手にとってくださいませ。

ありがとうございました。

追記

自分用メモを兼ねて、当日登場したお菓子をご紹介します。↓
続きを読む…
 

袋に詰められて
2012.05.10 [Thu] 19:11


先日の夕刻のことでした。
長女と二人で少し自転車で出かけ、市場に寄りました。

休日だったのでもともと開いてなかったお店も多く、
開いているお店もそろそろ閉めようかなぁという雰囲気。

「もうええわ、天津甘栗、千円のやつ200円にするでー」

という声が聞こえ、見るとおなじみのパンダの絵の赤い袋が台に並び、
そのとなりにオッチャンが座ってました。

200円! 甘栗って結構高いですもんね。これはウレシイ。
「わー、買う買う!」と自転車をとめている間にオッチャンは
「いっこでええかー」とビニール袋に甘栗の袋を入れて・・

後ろに娘を乗せていますので少しモタモタした後、
オッチャンのところに行き、
「これもろたらいい?」とさきほどのビニール袋を手に取ったら

「・・今来た奴なぁ、『一番いっぱい入ってるのちょうだい』ゆうんや・・
 『一番多いのんどれや』やて。」

腹立ちと虚しさが混じったようなオッチャンの声。

私がモタモタしてる間にも200円の甘栗につられて来たお客さんがいたようで、
既に袋に入ってるのを見て、重量が違うのではと疑ったのかもしれません。
だいたい同じ具合に詰めると思うんですが・・

なんというか、そのお客さんが気になる重量が栗10グラムだとしたら
オッチャンが受けたなんかイヤーな気持ちって、
同じ重量でも体積が大きいというか、結構厄介な大きさになると思うのです。

うまく言えないのですが、人の気持ちってなぁ・・と
甘栗もぐもぐしながら考えた日でした。

さて、この続きで書くと少し変な感じになってしまいますが、

日曜のお菓子屋さんに向けて、
日持ちするものから順に毎日少しずつクッキーを焼いています。

焼いて終わりではなく、これを袋詰めしなければ完成しません。
そう、あらかじめ袋に詰められているのです。

御存知の方も多いと思いますが、私が作るお菓子は不揃い。
さあどうしましょう。
できるだけ同じような感じで袋に入るようにしていますが、
ときどき「なんかコレだけ、おトクやな・・」という袋もできます。

甘栗と違ってどれも透明の袋に入っていますので、
おトクそうなのを、探してみてください。
大きさ重さだけじゃなくて、基本的に不格好な中でも
形が幾分マシ、というのも「おトク」とカウントしていただければ・・・




 

躑躅なんて書けない
2012.05.08 [Tue] 11:45


皆さまゴールデンウィークはいかがでしたか?
我が家は特に遠出することもなく、
親戚に会ったり、実家近くの大きな公園に行ったり。
友達に会ったり、会い損ねたり。

近場でお花咲いているところないかなー、ということで
浅香山浄水場のつつじを見に行きました。



つつじって膝ぐらいの高さのイメージですが
こんなに背が高くなるんですね。見応えがありました。

色は白・ピンク・濃ピンク の三種。大阪ではこの種類ばっかりですよね。
数年前に長崎県の平戸に行ったときに「ヒラドツツジ」という
朱色のような小ぶりなつつじを見ました。
平戸にしかないというわけではないだろうとは思ってたのですが
それ以来見かけておりません。

あなたの町の、ツツジ情報をお待ちしております。


さて、今週末になりましたひなたでの一日お菓子屋さん。

連休中に準備を・・!と思ってましたが
なかなかそうもいかず、というか逆に何も出来ませんね。
どこまで作れるでしょうか、ちょっとそわそわ。
初めて作るものもあり、そのたび何かしら失敗して、
勉強になるなぁーなんて言いながらやっぱりそわそわ。

そして今回のお菓子屋さんは
せっかく喫茶席のあるひなたさんでさせていただくので、
喫茶メニューとして
卵・乳製品不使用のにんじんのケーキをご用意いたします。
長女に少し卵アレルギーがあった頃、
いつか役立つかもと思って、ついでに乳製品も抜いたお菓子を
あれこれ作っていました。ついに、たぶん役立つ日が!



こちらは当日の朝に焼いてきます!
ひなたのお飲み物とご一緒にお楽しみくださいませ。





 

1日お菓子屋さんします
2012.04.20 [Fri] 12:53


桜も終わってこれから新緑の季節ですねー。

長女は先週幼稚園に入園して、ピカピカしながら毎日元気に遊んでいます。

御堂筋の銀杏並木にはぷちぷちと葉っぱの赤ちゃん。
あっという間に立派な若葉になってゆくのを見ながら
ヒトの子もこれと同じやな〜・・なんて思ったりしてます。

次女はといいますと・・・




・・・何も変わってないようですが、
起きているときは立って歩いて、
何らかの言葉らしき音を発するようになりました。

この、ポーズは眠りに入るときのポジションで、
このあと普通に手足は伸びます。
こういうのはいつまで続くんでしょうねぇ。


さてさて、今日はお知らせがあっての更新なのです。

いつも、メレンゲでお世話になっている谷町六丁目の「ひなた」さんで
一日お菓子やさんをさせていただくことになりました。

今までも、たまにイベントなどで焼き菓子の出店をすることがありましたが、
その日のイベントで完売しなかった分のお菓子は、
引き続きひなたさんで販売していただいていて、
その安心感があるのでいつもたっぷりお菓子を用意することができます。

今回は、イベントではなくその出店をそのままひなたの一角で。
もちろん、当日中に完売しなかった分はひきつづきひなたさんの
いつものお菓子コーナーで販売していただけますので
安心してしっかりたっぷりご用意したいと思います。

5月13日 にちようび
「雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた」 にて。

 地下鉄谷町線、長堀鶴見緑地線
 「谷町6丁目」駅 2番・4番出口が近いです。

ひなたの営業は12時〜19時までで、
夕方ぐらいまでは私と長女もイラッシャイマセの予定です。

新緑まぶしい季節、お散歩がてらいらしてください。
ちょうど、とってもカワイイ個展の期間中です。
せっかくなのでかわいげのあるお菓子を作りたいなー。

と、今からでもとりかからないといけないですが、
新しい生活にてんやわんやの毎日。大丈夫なの?大丈夫なの私・・・!?
みなさまに大丈夫だったところをお見せできるようにがんばります。

 

フィンランド⇔日本 
2012.03.22 [Thu] 19:28


先日、フィンランド料理の料理教室に参加しました。
今年で第4回を迎えた「みゆきの映画祭」のイベントのひとつです。

「第4回みゆき野映画祭in斑尾 〜北欧・日本国際短編映画祭〜」
というのが正式名称かな?
今回は、1年を通してメイン会場や提携会場で、この料理教室のような
東日本大震災被災地へのチャリティー企画が行われています。

お料理は来日中のフィンランド人シェフに習います。
サーモンのスープと、ライ麦とブルーベリーを使ったお菓子でした。
どちらも親しみやすくて、でもいつもと違う風味がしてとても美味しかったです。



フィンランドと日本(特に北海道)は
渡り鳥が行き来してることもあり、とても似た食材が手に入る環境なんだとか。
・・渡り鳥が!なんか、すごい!
「ニルスのふしぎなたび」を思い出しました。彼らは日本まで来たのかしら・・

食後には北欧の短編アニメーション映画集の上映を楽しみました。

ずっと参加したかったみゆきの映画祭。
メイン会場の斑尾高原には行ったことがないのですが
こうやって北欧のお料理や映画を楽しむことができてうれしいひとときでした。

さて、今回はチャリティーイベント。
被災地での上映会なども行っていますし、
今後も全国各地のカフェなどで料理教室や上映会を行うようです。
今ホームページをチェックしながら書いてますが、
奈良とか、香川とか、岐阜・・えっ沖縄も・・・・屋久島も!?

是非ホームページをチェックしてみてくださいね。
http://miyukino.snowcollective.com/

このイベントで全国を全速力で走り回っているスタッフが友人でありまして、
ちょっとは栄養をつけてほっこりしてもらいたいなという思いがあり、
「家庭料理でよかったらシェフと一緒に今度夕飯食べにおいでね。」
と声をかけたところ、
すぐ次の日に、私がシェフにお料理を教えることに・・!

おからの炊き方と、お出汁のとり方の予習ができれば、ということでしたが、
そのまま夕飯を作りたかったので、あれこれつきあってもらうことになりました。

コレは珍しいのでは・・と思って用意したのは百合根。
お出汁で煮て卵とじにしました。
百合根を見たシェフは目を輝かせ、生で食べてみてもいい?と。
いや、たしかユリ科の根っこには毒があったはず・・と通訳してもらったけど
おなかいたくなってもいいから・・ですって。野生児。いや、プロ根性。

百合根を説明するときに、百合の仲間のチューリップの球根なら見たことある?て言ったために
「じゃあチューリップの球根も食べられる?」って話になりました。
召しあがった方いらっしゃったら教えて下さいませ・・。

この日シェフはとてもお疲れだったからか、
いりこだしのお味噌汁を「とてもやさしい」と、とても気に入ったようでした。
私は普段お味噌汁にあまり執着がないのですが、やっぱり偉大なのねぇおみそしる。

で、さらに翌日、
シェフがお礼にと、ブルーベリーパイを焼いてくれました。
友人が「大きいと却って困る?カットして持って帰る?」と聞いてくれたのですが
いや、我が家はホール大歓迎。
パイといっても、層になっているあのパイではなく
クッキーとバターケーキの間のようなどっしりとした感じ。
料理教室で習ったものと同じくライ麦を使った生地で、香ばしくておいしいです。
ときどき見える白いのは、クァルク?クワルク?という、酸味のない濃厚なヨーグルトのような乳製品です。



長女もすっかりシェフと仲良しになっていました。
いつか家族でフィンランドに行きたいなぁ。
母と一緒に北欧を旅行したのは、もう15年も前です。
うーん。あと15年以内に行きたい・・!
 

思いの?まま?
2012.03.10 [Sat] 15:02

あぁ・・二月がすぐに逃げてしまって、気付けばすっかり三月に。

前回、長女の入園準備で余裕のない日々を・・と書きましたが
ほんとうに余裕なく毎夜ちくちく縫ってはほどき、縫ってはほどき、
縫ってほどいて縫ってほどいて縫ってほどいて縫ってほどいて・・縫ってほど・・かず!

あっ、七転び八起きと同じですね。
ほどいた回数よりひとつだけ縫った回数のほうが多い!
そんな感じで、どうにかこうにか・・。
出来あがってみるとあれもこれもいい思い出ですが、

「ひなた」さんに納品したいのに全くとりかかれず、
申し訳ないやら情けないやら・・

さて、数日前、そろそろかなーと家族で大阪城公園の梅林に行ってきました。

カメラを持ってきてなくて、
持ってきてたとしても、
「アナタこの子抱っこして、ワタシ荷物持って、えーとカメラはどっちが、あ、こっちか、
はいコッチ見て、あ、二人とも抱っこしないと収まらない。
ほら、ほらわろて、もう、ほらこっち、ああ荷物わらわら・・」

ということになりがちだし持ってこなくてよかったねー
なんて話してたんですが、

カメラ好きのおじさんに
「よかったら家族4人のところ撮りましょうか」なんて声かけてもらうこともあって、
そうかやっぱり持ってきたらよかった・・・と。

カメラ好きのおじさんは、持ってこなアカンガナーと言いつつ
その後趣味の写真をいろいろ見せてくださり、娘に何枚か下さいました。 

別のおじさんは、朝に来るとめじろがいっぱい来ていて
それこそ本物の「目白押し」が見られるよ、って教えて下さったんですが、
「朝?きたら、めじろ?いっぱいいて、めじろ押し?」と、
おじさんの会話の語尾が疑問口調に上がるのが気になって気になって・・。
翌日夫婦間の会話は全て語尾を上げて遊んでましたがすぐ飽きてしまいました。
乱用したらすぐ飽きるのに、あのおじさんはきっと一年中飽きないんやろな・・。

あのときはおじさんの語尾ばかりが気になったけど、
うーん、めじろおし、見てみたいなぁ。

さてさて、少しお話したい梅の木がありました。

数年前「思いのまま」という梅の話を書きました。
ひとつの梅の木から、白とピンクの花がどちらも咲く品種です。
枝ごとに「私は白」「私はピンク」って感じで。



きっと以前からあったんでしょうが、
今年はこの「思いのまま」をたくさん見たように思います。

で、こんな木もあって、


うわ〜これも「思いのまま」みたいな感じなのかな
すごいね、がくの色まで緑と赤で分けられるなんて!!

って少し興奮しながらよくよく観察してみたら

別々の木でした。


もし行かれたら見つけてみてくださいね。真中近くにあります。

あと、品種名は忘れてしまったけど今年はかわいい桃色の品種が好きなようです。
毎年お気に入りが変わるのもなんか楽しいものですね。


30歳ぐらいまでは、春がやってくる萌え萌えとした気配が怖くて、
わくわくする感じが全くわからなかったんですが、


うん、わくわくしてます。

 

2012年
2012.01.31 [Tue] 23:39

あぁっ 2月になってしまう!

なんぼ停滞してても1月のうちにごあいさつをしようと思ってたのに、
ちょいちょいのぞいて下さった方いらしたらすみません!
旧暦を意識しつつ、ってことにしておいて、
本年もどうぞよろしくおねがいします。

さて、年が明けてさっそくひなたにメレンゲの納品に行きました。
やはり冬の間はせっせと焼き菓子を・・

なんて思っていたのですが、

この春から長女が幼稚園に行くので、先週説明会に行ったところ、
入園準備グッズを、そんなに、そんなに作らなアカンなんて!!
ただでさえお裁縫が大の苦手の私、
なんとなく覚悟はしていたので、
これまでもとりあえず図書館で幼稚園グッズの作り方の本を借りては
理解するでもなく読んでみる、というのを繰り返していたんですが
とうとう本気で読むときが、というか実際作るときがきてしまいました。

あまりに自信がないので、とりあえず雑巾を縫って、縫って、
下糸がなくなって、
以前ボビン(ですよね、下糸のって)に糸を巻きつけるときに
どういうわけかものすごく大変なことになってしまったのを思い出して
すっかり怖くなって停滞中・・いや、止まってる場合ではないのに!

と、そんなこんなの余裕のない毎日を過ごしています。

余裕がない中でもうれしいことも毎日。

以前ここに「うれしいこと」ってお話したことがあるんですが、
お店をやめるときにお客様にいただいたガーベラの鉢植え、
株が増えました。
そしてこの寒い中毎日元気に咲いてるのを見てほっこりしてます。

そういえば、次女が生まれるころにもかわいく咲いていて、
ガーベラってかわいくて強くてまるくていいな、
秋の花やし、ガーベラの和名があったら生まれてくる娘の名前にいいかも、
なんて思って調べてみたところ、和名は「千本槍」でした。うーん無理。