証券市場の業種別上昇率 医療精密が最高=韓国

September 07 [Thu], 2017, 14:17





 【ソウル聯合ニュース】韓国取引所によると、有価証券市場の18業種のうち、医療精密業種は昨年末から先月28日までに46.37%上昇し、最も高い上昇率となった。次いで、紙?木材(2ナイキ エアマックス-マーキュリアル スーパーフライ .29%)、非金属鉱物(16.05%)、医薬品(14.28%)などの順だった。
 総合株価指数(KOSPI)より高い上昇率を示したのは14業種だった。KOSPIは同期間、0.18%下落している。運輸倉庫業(マイナス13.39%)、化学(マイナス9.52%)、鉄鋼金属(マイナス7.20%)、建設業(マイナス2.22%)の4業種の上昇率はKOSPIを下回った。