【 更新情報 】

物忘れの対策に?

物忘れの対策で、記憶力に関係もあるかもしれないので
そちらも少し調査してみました、すると以前のニュースで認知症の予防や治療
にも繋がるかもしれない実験を行った教授がいるとありました。

動物実験ではありますが、簡単に要約をしてみると
ストレスによる記憶力の低下は知られているが、ストレスを与えたマウスに
普通の水と水素水を飲ませた場合では、水素水を飲ませたマウスは
ストレスのないマウスとほぼ同じ記憶力となったようです。

物忘れと記憶力は同じかどうかはわかりませんが、水素水には活性酵素を
取り除く効果が見られるらしく、この水素水が活性酵素で低下した神経細胞の
増殖を回復させて、記憶力低下も抑止したのではとのことでした。

まだ、30代だからといって物忘れの予防や対策を何もしていない自分に
とっては手軽に始められることがあったとかなり興味があるニュースでした。

そういえば最近になって水素水の話題を聞いたり、芸能人では辺見えみりさんが
水素水を愛用しているなんて話もありますからね。

水素水の効能や効果って今までは全く知りませんでしたがそういったことも
あるんだと思って調べてみましたが、種類がいっぱいあるのでびっくりでした。
水素水の比較などは何をすればよいかわかりませんでしたが
製薬会社が作ったという高濃度の水素水がありました

詳しいサイト

あとから物忘れがひどくなって治すのは大変かもしれないですから

化粧品などでも話題になっている活性酵素、そして奇跡の水とも言われている
水素水にちょっと注目です。

水素水の情報をもっとみる

物忘れの予防や対策

物忘れの現象としてはどういったことが挙げられるでしょうか?

これは30代前の20代のころからたまに感じたことではありますが
外出する際に、家のカギをかけたかどうかを忘れてしまって気になって
しまうとどうしようもなくて、鍵の確認をしに戻ったりした経験が何度かあります。

ほとんどはカギがしまっていることが多いのですが、何十回かに一度でも
閉め忘れがあったりすると次回気になったときには戻ってしまいますね。

こういった軽い物忘れから始まって、芸能人の名前が出てこない、親戚の名前が
すぐに出てこないなどといった物忘れもあります。

予防や対策でどういったことがあるのかは、実際に病院にいったり診察をしたわけでは
ありませんが、ストレスはよくないのでためないようにしたほうが良いとか
名前が出てこないと言った場合に、そのままにしておくのではなくて、最後わかるまで
追求したほうがよいなども聞いたりしますね。

物忘れは30代?20代

物忘れが多いと感じるようになるのは何歳くらいからでしょうか?
20代のころは記憶力低下なども少しは気になってきたりもしましたけれども
物忘れとして気になりだしたのはやっぱり30代に入ってからでしょうか。

特に仕事でこれは忘れることはないだろうと思っていたような内容などを
うっかり忘れてしまっていた、といいますかすっぽり抜けてしまっていると
いった感覚でしょうか。

いったいどうして物忘れをしてしまうのでしょうか?

物忘れの対策や予防ってあるのかどうかも知りたいですね。
原因がわかれば少しは予防などにもなるかもしれませんね。

30代になって感じるようになるということは、この先40代、50代と
年齢を重ねることで進まないようにしたいですね。
P R
製薬会社がつくった高品質水素水“水の元素 水の元素300ml 30本入【キキメ研究所 キキラボ】
  • seo