恋愛論 

2006年05月20日(土) 21時13分
最近ブログを書いてなかったなと思い返せば早2週間。時の流れがとてつもなく早く感じる今日この頃。雨ばかり降る天候が苛立ちを募らせます。

今日は恋愛論。
友達と話してて思ったけど、アタシはどうも、恋愛にそこまで興味がないみたい。あの人、彼氏だったらな、とか、ああいう人彼氏だと良いなって多少は思うけど、好きになった人は3人、付き合った人は1人。
好きになっても、別に付き合いたいという気持ちは正直ない。
好きだという事実を知ってもらえればいいか、と思う程度で、知ってもらいたいと思うまで好きになったのは現に1人。
殆ど、好きになっても告白もしないし、付き合いたいとも思わない。
恋多き少女がうらやましい。
何でだろうと、考えたところ、多分アタシは興味がないのかも知れないと思った。
骨抜きになるようなキスも、気持ちいいと思えるセックスも、正直どうでも良いかもしれない。というか、どうでもいいかも。
毎日笑っていられればそれでいいし、皆が笑っててくれればいい。
きっとアタシには友達が恋人なんだと思った。
一緒に笑って、泣いて、キレて、時には背中を押してくれたり、頭をなでてくれたり。
泣いているアタシに手を差し伸べてくれたのは、いつだって大好きな友達。
例え、許せないくらい、怒ったとしても、
例え、泣きじゃくるくらい酷いことを言われても、
最後には、一緒に居たときの笑顔が思い浮かぶ。
嫌なところも全部含めて何時だって一緒に居たいと思える、そんな友達がアタシの周りにはいっぱいいる。
だから、彼氏に興味がないのかも知れない。
きっとアタシは今、幸せなんだ。

100万回のありがとうじゃ伝わらない
大好きな友達。ありがとう。

dance 

2006年05月04日(木) 21時03分
さぁナイトショーの

はじまりだ

イカレた野郎たちの

ロックンロールパーティー

エッジきいたアンタ

ちょっとここまでこいよ

今一番キレてるお前が

今宵の舞台の主役

夜空 

2006年04月20日(木) 18時54分
あの時見上げた空は

群青の綺麗な星空だった

今ではもう

雲でかげって

なにも見えることはない

グラスに入っていた

金色のウイスキーも空になり

氷がカランと音をたてる

一粒、氷を口に含み

冷たい夜風をうけた

ねぇ 

2006年04月19日(水) 18時59分
アタシは応援するよ

笑わない

信じるよ

だから

あきらめないで

半端に描く夢なら

なにもできないけれど

火気と高温に注意 

2006年03月19日(日) 1時42分
だれかやだれかと

違うことをすることが

個性

なんじゃなくて

自分が一つ一つに

それだけ思いをこめられるかが

個性

じゃないかな?

胸を張って思いをこめて

ひとと同じことをしたって

自分の思いをこめれば

何か違ったものになる

原点は一緒でも結果が違う

銀河鉄道 

2006年03月18日(土) 1時44分
僕を離してよ

もういいでしょ

近づいたって君を

離れていたって君を

もっと近く近く近く

延々と永遠の

鉄道のうえを走る

want to wait 

2006年03月17日(金) 1時52分
星の降る夜空の下で

たった一つ瞬きをする

悔やんだからと

惜しんだからと

心に焼き付けたからと

そんなこといっても

世界はまってやくれない

m&s 

2006年03月13日(月) 12時33分
プライドも名誉も

すべてを捨てて

それでも行きたい

悔しいけど

でもやりたいことやるためには

頑張ってみようかと思う

ありがとうね

レズとかホモとかバイとか 

2006年03月12日(日) 12時37分
タイトル見て「えッ」っておもった人いると思いますが。アタシはレズとかホモとかまぁいんじゃないかって思う一人です。
そもそも、人間には本能というものがあって、女は子供を育てようという母性本能や、なにが何でも生みたいという強い本能だったり、男は、出来るだけ子孫を残して末裔を絶やさないようにしようとする本能。それを浮気とか言うけれど。
でも、こういう風に人間は本能があるわけで、まず人間の底辺に本能があって、そのうえに感情があって、そのうえに社会や欲望やいろいろなものがピラミッド状に重なるわけで。
でもその人間の本能を無視して、同姓を好きになるってすごいと思う。子供なんて作れないし、ましてや、社会の目も気になるし。それでも、

感情>本能

っていう公式がその人の中にはあるわけでしょ?
すごいなっておもう。
アタシなんかは、やっぱりオンナノコをすきになるっていう考えは無に等しいし、というか、無だし。好きになれたら良いかも知れないけど、そういう考え方はできない。本能って言うのもあるけど、固定概念のが強いかもしれないな。
そういうなかで、同姓を好きになれるっていう感情はやっぱり大切にしてほしいと思うし、本能をこえた愛なんてそれこそ本かけるんじゃない?笑

まぁ要は恋愛ってすごいなってことです。

ありえないなんてない 

2006年03月10日(金) 12時49分
死にたい、そう思ったことがある人はきっとこの世界で半数以上いるんじゃないかな。正直アタシも思ったことある。アタシはひねくれた性格だから、こんなことしか思えないけれど、まぁ、聞いてください。
「死にたいなんていわないで。昔アタシの大切な人が死んで、その人はすごく生きたかった、でも生きられなかった。だからアタシはその人の分も長く生きるの、だからあなたも死にたいなんて思わないで。」
まぁ、こういう人も世界で半数は居ないかも知れないけど、多数いると思います。アタシは、身近で大切な人がまだ亡くなってないし、大切な人が亡くなってしまうという感覚がよくわからない。ただ、わからないからこそ、死にたいなんて思うななんて横暴じゃない?
まずいという感覚もおいしいものを知らなければ感じないわけですよ。ソレと一緒で死んでしまった→哀しいという感覚を知らなければ、→生きたいという感覚がわからないわけでは?
ソレを人に押し付けるのはあまりにも横暴で情けない。教えてあげるのは良いけれど、「だからあなたも」の一節は不必要だよね。

あと、テレビとかで訴える人。自分の大切な人を失って哀しい!ってそりゃ当たり前だよ。でも、ソレをテレビとか衛星で公開する必要はなくない?死んだ人をネタに有名になろうなんて最低だとおもう。
ソレこそ、死んでいった人の気持ち考えたほうがいいのでは?
そういうのを本にするのは良いかもしれないけど、アタシは賛成しない。同情で金もらうんじゃなくて輝いて金もらいな、って思う。
足がなくなってしまって働けません、じゃなくて、足がなくても必ず仕事はやり遂げます、どんな辛い仕事でも足がなくったって出来るんです、そういうことを売りにしてほしいなって思う。
ソレがいつか大きなお金になるんではないかと思います。
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monotune
読者になる
Yapme!一覧
読者になる