どろろ 

2007年01月27日(土) 1時16分
日曜日に『どろろ』観てきます!!楽しみ♪

ミスチルの主題歌
格好よすぎる!!

13回忌 

2006年12月13日(水) 0時31分
12年前の今日、あの日も寒かった。

その知らせがあったのは、授業中。

先生が血相を変えて教室に入って来て

『お母さんが亡くなったから、すぐに帰りなさい。』
とNに向かって言った。

そう…Nのお母さんが亡くなったのだ。


Nは冷静な面持ちで帰る仕度をして、すぐに走って教室を出て行った。

私は、それと同時に、周りのみんなが静まり返っている中、一人声をあげて号泣した。

当時、突然の事でビックリしたというのもあったけど
何より、小さい頃からNのお母さんの事を知っていたから、涙が止めどなく溢れて、どうしようもなかった。



葬儀の後も普通に学校に来て明るく振る舞うN。

『ああ…Nは私とは違って強いな…大人なんだな』と思った。

両親の離婚くらいでクヨクヨしてた私自身が申し訳ない気持ちでいっぱいになった。


Nのお母さんが亡くなって数日経ったある日、あれは夜8時くらいだったと思う。

不意にNが私の家にやって来た。

私は
『どうしたの?何かあった?』とNに聞いた。

Nは、私の家の玄関先の廊下の壁にもたれかかり
ズルズルとへたりこみながら床に座って、静かに話し始めた。

『私…お母さんが命にかかわるような、重い病気で入院してるなんて
知らなかった…どうしよう…何も知らないで
お母さんに、ひどい事言っちゃった…喧嘩したままで…どうしよう…もうゴメンナサイって謝れないよ…』


そう言ってNは、声をあげて泣いた。
そう…Nはずっと自分を責めて我慢して泣かないでいたのだ。

私は、ただ黙って一緒に泣きながら、Nを抱きしめてあげる事しかできなかった。

それからNは、泣き止んで目を真っ赤に腫らしたまま帰って行った。
『じゃあね…また明日ね…』って言いながら…。

私はその時、これからNの事を精一杯、できる限り助けてあげたいと決意した。

だってこの世からいなくなる事と、離れてしまう事は、全く違うけど

母親を失う辛さは同じだと思ったから。


大切な人を失う事が、どんなにどんなに辛い事か、よく知ってたから。


それからNは、お母さんが亡くなったのにもかかわらず
すごく元気で明るかった…。

ねえ?…覚えてる?
Nが、中学の時に大好きだったMくんに
バレンタインチョコを渡すのを付き合ってあげた事…。

全然いいチョコがなくて

何件も何件もコンビニをハシゴして、隣街まで行ったのに、結局最後は近くのコンビニで買ったチョコを渡しに行った事。


ねえ?覚えてる?

高校に入っても、NはMくんの事が好きで

同じ駅の駐輪場に自転車止めてるのを知って

Nは、またバレンタインデーに私を呼び出し
今度はレアチーズケーキをMくんに渡そうとして

駐輪場で待ち伏せして

私は二人がしゃべってるの聞いたらまずいと思って

Mくんが、そろそろ駐輪場に帰って来そうだったから
気を遣って近くのマックで待機してて

そろそろ、渡せた頃かな?と思って戻ってみたら

Nは泣いていて、手にはレアチーズケーキの箱があるし、これはフラれたかな?…と思っていたら

Nが眠くなって居眠りしてる間に、Mくんの自転車は無くなってて

Mくんは帰っちゃってて

Nは泣きながら自分で作ったレアチーズケーキを手づかみで食べてたよね…。

私は、あまりのドジっぷりに、可笑しくなって笑ってたら、Nは
『ヒドイ〜!!笑うな〜!!』って泣きながら私の事バシバシ叩いたよね。

でも結局、その後
NはMくんに電話で告白したけど
『ゴメン…彼女いるんだ…』ってフラれちゃったよね。
フラれて数日間
Nは家に来ては泣きまくってたよね。

ねえ?覚えてる?
Nが大学の入学費を直前になって親に出してもらえなくなって
死に物狂いでバイトして
お金稼いだけど
どうしても20万だけ足りなくて
Nは泣きながら、友達みんなに少しずつ
お金を借りて回ってたから
私は
『他の人から借りなくていいよ!!私が全部出してあげるから!!』って20万貸してあげたよね…。
私は、あの時『やっと助けてあげられる!!』って思ったから、助けたんだよ…。

それからNは1年もしないうちに、お金返してくれた…本当スゴイよ!!

でも、あのお金
本当は返ってこなくてもいいやって思ってたんだよ。


ねえ?覚えてる?
Nは大学入って一人暮らしして
それから、あんまり連絡を取らなくなって

ある日、私が携帯踏んじゃって壊しちゃって
Nの連絡先もわからなくなって

さらに私は実家から引っ越して、もう完全に会う事もないだろうと思っていた時
たまたま、地元のお店で
その日は何故か、いつも使わない入り口から入らなきゃいけない気がして

誘われるように入り口から入って行こうとしたら

Nが、その入り口から出てきて

二人して『うそ〜っ!!何でいるの?』ってなって偶然再会したよね
もしも、あの時いつもの入り口から入っていたら
今もずっと会えないでいたと思う。

あの時、私は『きっとNのお母さんが会わせてくれたんだ!!』って思ったよ。


Nのお母さんへ
『Nは一生懸命ガンバってます!!だから、ずっとずっと空から見守っていてください!!』


ボーナス 

2006年12月10日(日) 16時57分
ボーナス少なかったなぁ…;(−_−メ)

本当なら今頃N子とバカ騒ぎしてるハズだったのにな(;_;)
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monmondani
読者になる
Yapme!一覧
読者になる