ノースフェイス ジャケット

November 22 [Thu], 2012, 18:48
ノースフェイス足利事件と東電OL事件、そして近年相次ぐ再審事件で明らかになったえん罪の教訓から、刑事司法改革はザノースフェイスまったなしである。
いま議論され、少しずつ進んでいる取調べの可視化だけでは済まされない。
共通するキーワードである、検察側の証拠ノースフェイス ジャケット隠し、DNA鑑定、に関する改革が不可欠である。

私の提案は以下の通りでノースフェイスある。
第1  被告人に有利な証拠、または有利である可能性のある証拠について、検察側が弁護側にザノースフェイス第一審公判前に開示することを義務付けること。この義務に違反した事件は憲法違反により覆され、違反ノースフェイス ジャケットした捜査機関には刑事罰が科されるものとする。
..被告人に有利な証拠の開示ノースフェイス義務は、欧州では当たり前であり、米国でも連邦最高裁判例により確立している(ブレイディ.ルールと言われる)。日本の2004年刑事訴訟改正における証ザノースフェイス拠開示の規定制定の際になぜか、米国のルールのうちこの部分は導入されなかった。ノースフェイス ジャケット
証拠隠しにより有罪に持ち込むという恥ずべきやりかたをこれ以上認めないため、必ず必ノースフェイス要である。
第2 DNA鑑定の対象となる生物学的証拠に関しては、検察側が申請する証拠に関連する証拠に限らず、捜査機関が入手.保管しているすべての証拠の存在とDNA鑑定結果を弁護側に第一審公判前に開示し、鑑定未了な証拠についても弁護側の求めがあればザノースフェイスすべて鑑定を行うこと。
米国では多くの州でこのルールが採用されている。
第3 有罪判決を受けた被告人にDNA再鑑定の権利を保障し、未了のDNA鑑定があればこのノースフェイス ジャケット鑑定を受ける権利を保障する。
手続が迅速になされるよう、具体的手続きを定めた規定を制定する。
そして再鑑定を保障するために、捜査機関による鑑定資料の全量消費を禁止し、故ノースフェイス意または重過失により全量消費した捜査関係者を刑罰に処す。
これは米国で2004年にイノセンス.プロテクション.アクトとして連邦事件について制定されノースフェイスた法律であり、多くの州が同様の規定を置いている。
日本のように2005年の再審請求後7年もかけて実施するという遅いペースで、人のノースフェイス人生の貴重な時間を奪うことは許されない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:monler2012
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/monler2012/index1_0.rdf